企業やショップのWebサイトは、コンテンツや構成を定期的に見直すことが大切です。

利用者にとって見やすく使いやすいサイトかどうかは、分析ツールを利用するとある程度チェックができます。

ここでは、Webサイトを改善したいときのチェックポイントをいくつか取り上げ、分析に役立つツールなども合わせてご紹介していきたいと思います。

≪この記事は以下のような方におすすめです≫

  • 「Webサイトをどのように改善したらいいのか分からない・・・」とお悩みの方
  • 効果測定や分析に役立つツールを探している方

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!

Webサイトの役割と目的とは

自社のビジネスやサービス、商品などについて紹介をするのが、Webサイトのひとつの役割です。

利用者はWebサイトの内容を見て、どのような会社か、どんな商品やサービスを扱っているかなどを理解します。実際その企業やお店について知りたいときに、まずWebサイトにアクセスをして情報を得ている人は少なくありません。

コンテンツが充実しているなど、魅力があるWebサイトはアクセスする人の数が増えるため、検索エンジンでも上位にランクインするケースが増えてきます。

サイトを運営する企業やお店側では、このようなWebサイトをPRや集客のためだけでなく、利用者の動向を知る目的にも利用しています。

アクセス状況などを分析することで利用者のニーズが把握できるため、Webマーケティングのツールとしてもサイトは役立っているわけです。

Webサイト改善のチェックポイント1:表示スピード

Webサイトを改善する際にまずチェックしておきたいのが、ページが表示されるスピードです。

例えば、「サイトの直帰率が高い」などの問題点が見つかったときには、ページが完全に表示されるまでの時間を確認したほうがよいでしょう。

サイトにアクセスする利用者はページが表示されるのが遅い場合、待ちきれずにサイトを閉じてしまうことがあります。

実際、表示されるまで8秒以上かかるとサイトから離れてしまう利用者が多いと言われています。

動画や画像ファイルなどを多く取り入れたWebサイトは、システムが重くなりがちです。そのため、表示のスピードが遅れるケースが少なくありません。

このような問題は、動画や画像を減らしてシンプルな構成にするなどの工夫で改善する場合があります。

【関連記事】

サイトが重い!その原因と課題点を知る為のGoogleアナリティクス活用法

Webサイト改善のチェックポイント2:SEO対策

Webマーケティングで大切なSEO対策も、チェックしておきたいポイントです。

SEOに関する問題で多いのが、例えば「Googleにインデックスがされない」といったトラブルです。このような問題が浮上した場合は、Googleにインデックスの申請をすることで状況が変わることがあります。

Search Consoleの機能である「URL検査(旧Fetch as Google)」を利用して申請する方法などは、比較的早くインデックスの表示がされるようになると言われています。

また、Search Consoleに登録したGoogleアカウントから申請する方法も、試してみる価値があります。

SEO対策をするときには、Search Consoleに登録しておいたほうが問題をスムーズに改善できるでしょう。

【関連記事】

SEO対策とは- 初心者でも分かるSEOの基礎 -ブログでキーワードを意識する理由

SEO対策に活かせるサーチコンソールの上手な使い方【初心者向け】

Webサイト改善のチェックポイント3:サイト導線

Webサイトにアクセスをした人の動向を正確につかむには、サイト導線が適切かどうかもチェックポイントになってきます。

どのような順番でコンテンツを見ていくかは利用者によって異なりますが、サイト内容や表示方法を工夫すればある程度の導線を予測することは可能です。

ただ、Webサイトの分析をしてみると、サイト運営側が予測していたサイト導線と利用者の動向が一致していないことがわかるケースもあります。

このような問題が発生したときは、サイトの構成を見直して、より使いやすくなるように工夫するのが1つの改善策になるでしょう。

例えば、オンラインショップなどは、商品のページを見た後に「利用ガイド」や「よくある質問」のページなどにアクセスをする人が多い傾向があります。

このような利用者の傾向を意識して、サイト導線を考えておくことや改善していくことが大切になるでしょう。

Webサイト改善のチェックポイント4:コンテンツの見やすさと充実

コンテンツの見やすさや充実度も、大切なチェックポイントです。

サイトの直帰率や離脱率が高い場合、コンテンツの内容に問題がある可能性がでてきます。

アクセス数が多いにもかかわらず、最終的に購入する人が少ないオンラインショップなどは、サイトの使いにくさが問題の原因になっている可能性があります。

画像が見にくかったり、商品についての説明が少なかったりすると、購入する前にサイトから離脱してしまう人がでてくるかもしれません。

また、コンテンツを充実させようと説明書きを増やしすぎるのも逆効果になる場合があります。

ページ全体がびっしりと文字で埋められているような場合は、読み終える前にサイトから離れてしまう利用者もいるでしょう。

このような問題点を抱えているときは、「成功しているサイトの構成を真似してみるなどが、1つの改善策として考えられます。

【関連記事】

検索エンジンに評価されるWebライティングの方法

Webサイト改善のチェックポイント5:CTA

Webサイトを改善する際には、CTA(Call To Action)をチェックすることも必要です。

利用者が意図したような行動をとってくれない場合、サイトに設けるボタンの位置を変えたり、異なる色にしたりするのが1つの方法です。

実際、サイトの一部分を変えるだけで利用者の行動に変化が見られることもあります。

また、CTAを盛り込み過ぎていないかどうかを見直してみるのもポイントです。

目的のアクションを1つに絞ることで、より強力に利用者を誘導できるようになるでしょう。

Webサイト改善に役立つ基本分析ツール

それでは、Webサイトの改善に役立つツールとはどのようなものがあるのかご紹介していきたいと思います。

Googleアナリティクス

詳細なアクセス解析ができるGoogleアナリティクスは、定量的な分析に役立つ分析ツールです。

このツールを利用すると、利用者がサイトに滞在していた時間を始め、さまざまなデータを分析できます。

Google ウェブマスターツールなどのほかのツールと組み合わせることで、さらに詳しい分析が可能です。

【関連記事】

【初心者向け】集客に役立つGoogleアナリティクスの導入方法

ヒートマップツール

ヒートマップの画像で分析結果を表示するのが、ヒートマップツールの特徴です。

このようなヒートマップ機能があるツールは、定量的な分析では今一つつかみきれない利用者の行動を知りたいときに役立ちます。

例えば、mouseflowPtengineなどは、ヒートマップ機能がある代表的なツールです。mouseflowは、数種類のヒートマップ機能を備えています。ぶん

ONI Tsukkomi「鬼ツッコミ」

ONI Tsukkomi「鬼ツッコミ」は、定性的な分析をする際に利用できます。

利用者の行動や本音などを知りたいときに必要になってくるのが、定性的な分析です。

このツールでは、数値だけではわからない利用者の本音がチェックできます。

まとめ

Webサイトは完成した後も放置せずに、定期的に利用者の動向や効果などを測定・分析しながら改善すべき点を見つけ、適切に更新をしていくことが重要です。

また、コンテンツ等の追加を続けていくことで、いつの間にか全体の構造や導線が分かりにくくなってしまうこともあるかもしれません。

前回の完成時からある程度の年月が経っている場合は、費用対効果や作業効率などを考慮した上でWebサイトをリニューアルするのも改善方法の1つです。

「しばらくなにも手を付けていないな・・・」と感じた方は、ぜひ今回ご紹介しましたチェックポイントとお役立ちツールなどを参考にWebサイトの改善を図ってみてください。

【関連記事】

オーガニック検索とは?トラフィック減少の解決方法とSEO対策について

おみせアプリ資料請求

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!