こんにちは!GMOデジタルラボ株式会社です。

いつも当社サービスをご利用いただきありがとうございます。

今回はホームぺージユーザーの皆さまに、わかりやすく『ウェブマーケティング』について市場背景も交えながら紹介しています。

ウェブマーケティングとは

ウェブマーケティングとはどういったことなのか説明しましょう。

どれだけ優れた商品でも、お客さまに認知してもらわないとお客さまは購入することができませんよね。ホームぺージはその認知を高めるための商品ともいえますが、ホームぺージをより認知してもらうためのマーケティング手法がウェブマーケティングなんです。

どれだけデザインのいいホームぺージを作っても、サイトへの集客ができずに見てくれる人が少ない場合やっぱり大きな成果は上がりません。

そして、成果が出ないときに大事なのは目的に沿った集客方法をとることです。

ホームぺージの目的の例
  • 購入してほしい
  • 資料を取り寄せてほしい
  • 問い合わせをしてほしい
  • 来店してほしい
  • 企業をブランディングしたい

このような最終的な目的達成のためにウェブに集客し、成果をあげる手法の総称です。

ウェブマーケティングの手法

ウェブマーケティングの方法は一つではなくいろいろな手法があります。

  • 検索エンジン経由での集客を増やすための「SEO(検索エンジン最適化)」
  • 検索エンジンに表示される広告を活用して集客を増やす「リスティング広告」
  • SNSなどを活用して集客する「ソーシャルメディア・マーケティング」
  • 実際にウェブサイトに来たユーザーがどう動いてるかを計測する「ウェブ解析」

この中でもウェブ解析は「どこが悪いのか」「どこを修正するべきなのか」「どこをより強調するべきなのか」といった点を浮かび上がらせる重要な要素になります。

ウェブマーケティングとウェブ制作の市場の伸び

ウェブ業界の市場規模について興味深い調査がありました。

ウェブ制作市場とウェブマーケティング市場の伸びを比較した調査資料です。

資料によるとウェブ制作市場よりウェブマーケティング市場の方が市場規模は4倍も大きく、また今後の成長率もウェブマーケティング市場の方が高いことがわかりました。当社でも実際にその傾向が強くなってきていることを感じています。

要約してお伝えすると、ホームぺージの制作料金<ホームぺージの運用料金という傾向がウェブ市場では大きく現れているということ。

ホームぺージのリニューアルやシステム導入のニーズが減っているわけではなく、全国的にサイト制作後の「運用・集客」に力を入れている企業が多くなっているということになります。

効率的にウェブマーケティングを行うための方法は?

「そうはいっても何から始めれば良いの?」と思われる方も多いのではないのでしょうか?

ウェブマーケティングを行うためにはます以下のことを整理しましょう。

ホームぺージの目的を確認

まずは「ホームぺージで何をしたいのか」を明確にしましょう。

先ほどもお伝えしたとおり「ユーザーからの問い合わせがほしい」「自社ブランドイメージを高めたい」など企業やサイトによって目的は様々です。

そしてその目的によって目標が変わってくる為、ウェブマーケティングの方法も変わります。なので「ホームぺージの目的」が何よりも重要といえるでしょう。

ホームぺージの現状把握

解析ツールなどを使い、ウェブサイトへの訪問経路やユーザー数などを把握しましょう。

現状の把握はウェブマーケティングにとって不可欠なことです。

ユーザー様においては現状把握をどうしたらいいかわからない、解析の見方がわからない、見たことがないという方もいるかもしれません。

ご相談を希望の方はお気軽に当社までお問い合わせください。

ご相談はこちら