いまさらと言われるかもしれないけれど、「Twitterはずっと前にアカウントを取ったきり。。。」「どんなことをツイートしたらいいの?」「店舗で使ってみたいんだけど何から始めたらいいの?」というTwitter初心者のあなた、今からでも決して遅くありません。Twitterを使いこなしてみましょう!

今回は、初心者でもすぐにできるTwitterの基本と便利な使い方についてご紹介していきます。

◇Twitterとは?


Twitter(ツイッター)は現在、世界中で3億人以上のユーザーに使われています。10代~20代の若年層のユーザーが多いとされています。

最新のニュースやトレンド情報など今起きていることをリアルタイムで知ることが出来たり、自分の趣味や好きなことから検索して、世界中の人たちとつながることができるソーシャルメディアサービスです。

【関連記事】

あれもこれもできない人向け!インターネットメディアの断捨離

【SNS集客方法】業種別の最適な無料SNSとは?

◇Twitterの始め方・アカウント登録方法

①まずはTwitterをダウンロード

今回はスマホでの使い方をメインにご説明していきたいと思います。

Androidの方はGoogle Playから、iPhoneの方はApp storeからそれぞれ「twitter」で検索し、ダウンロードします。

その後、Twitterアイコンをタップするとアカウント情報の登録画面が表示されます。

もし以前にTwitterアカウントを作ったことがあり、アカウント情報を覚えている人は「作成済みのアカウントを使う」を選びましょう。

②アカウントを作成する

下記の内容について、Twitterアカウントを新規で作成する際にあらかじめ準備しておくと便利です。

①名前
実名の代わりにTwitter上で使用するユーザー名(ニックネーム)を使用しても問題ありません。また、名前は登録後に変更することも可能です。

②電話番号またはメールアドレス
登録完了後にここで登録したメールアドレス宛に最終確認メールが届きます。

③Twitter用のパスワード
他のサイトで使用していたり、誕生日、電話番号、氏名などの他の人からも想像がしやすい分かりやすいもの以外のパスワードを設定しましょう。

上記の内容を入力して進んでいきます。

④連絡先の同期
「同期する」を選ぶと、連絡先に登録されている人でTwitterアカウントを持っている人をまとめて自動で検索してくれます。個別に後から登録したい場合は「今はしない」を選びます。

⑤興味のあるトピックを選ぶか、検索して追加
エンタメ、スポーツ、ニュースなどのトピック選択とおすすめアカウントが表示されます。
すぐにフォローしない場合は「今はしない」で進みましょう。

⑥正確な位置情報
利用端末の位置情報の収集、保存、使用許可について「今はしない」「OK」から選択します。「OK」で許可をした場合は位置情報に基づいたツイートや広告、ニュースなどが表示されるようになります。

⑦設定完了後の確認メールから最終確認を行う

⑧登録完了
お疲れ様でした。これで登録は完了です。早速Twitterを使ってみましょう。

*複数アカウントの使い分けも可能

たとえば、個人用とビジネス用でアカウントを分けてTwitterを使いたい場合、アカウントを切り替えて使用することができます。その場合、Twitterアカウントはそれぞれ取得する必要があります。

「作成済みのアカウントを使う」から、使用したいアカウントにログインすれば切り替える事ができます。

◇プロフィール設定

アカウントの作成が終わったら、Twitterのプロフィール画面に表示する情報を設定しましょう。

まずはプロフィール画像として使用する画像を登録しましょう。写真を出さなくても無料で使えるフリー素材などのイラストを代用しても良いでしょう。

店舗での利用の場合は、お店のロゴや店内の写真でもよいですし、店長さんやスタッフさんの写真などを使ってみましょう。

◇Twitter 基本用語と操作方法

それでは、実際に使っていくうえでよく耳にするTwitterの基本用語とその操作方法についてご紹介します。

・フォロー・フォロワー

  • フォロー
    いきなり自分から情報を発信するなんて難しい、、、という方は、気になるTwitterアカウントを見つけたらまずはどんどんフォローしましょう。フォローすることでフォローバック(相手もフォローしてくれる)の可能性もあります。自分がフォローしている人の数も表示されます。
  • フォロワー
    自分のTwitterアカウントをフォローしてくれている(定期的に見てくれる)人たちのことです。フォロー数と同様に何人の人が自分をフォローしているのか画面に表示されます。

・ツイート・リツイート

  • ツイート

    1回で140文字までツイート(つぶやき)できます。
    ツイートしたい内容を入力したら、右下の「ツイート」ボタンで完了です!
  • リツイートリツイートとは誰かがツイートした投稿を再びツイートし、自分のタイムラインに掲載する機能のことです。面白いツイートを見つけて共有したい時に使います。「コメントを付けてリツイート」機能を使えば、引用文と一緒に自分のコメントを付けてフォロワーに一斉に拡散できます。

・ハッシュタグ

#スイーツ」などのように、#のあとに単語やキーワードをいれます。また、ハッシュタグをタップすることで、同じハッシュタグをつけている投稿を見つけることができます。

ハッシュタグはひとつだけでなく複数入れることができるので、自分のツイート内容を拡散したい時はほかのひとが検索で見つけやすいキーワードを考えてハッシュタグとして入れてみましょう。

・タイムライン

ホーム画面を開くと、Twitter上でフォローしたアカウントの複数のツイートが並んで表示されていますよね?
それがタイムラインです。

以前は基本的には投稿順で表示されていましたが、現在はアルゴリズムによって「ユーザーが関心を持ちやすく反応してもらいやすい重要なツイート」と判断された投稿の方が上位に表示されるようになりました。

・いいね

以前のお気に入りと呼ばれていた機能の名前が変わり、「いいね」になりました。

他のユーザーの投稿内容に共感を覚えたり、応援したくなったりしたら「いいね」をタップしてみましょう。お返しで「いいね」してもらえるかもしれません。

・リプライ

「リプライ」とは、他のユーザーのツイートに直接返信する機能です。宛先となる相手のユーザー名は@の後ろに表示されます。リプライした内容は自分だけでなく、自分のフォロワーのタイムラインにも表示されます。

①吹き出しアイコンをタップする

②リプライを入力できる画面が表示されるので、メッセージを入力し、右上の「送信」で完了

・メンション

@をつかった別の機能として「メンション」があります。

たとえば、知り合いがお店を新規OPENした情報を自分のフォロワーに伝えたい場合などにも活用できます。

自分の新規投稿画面で「オムライスがおすすめのお店を発見! @ユーザー名」のように、@の後ろに知り合いのお店のTwitterユーザー名を入力して投稿すると、自分と自分のフォロワーのタイムラインにも表示されます。

また、@ユーザー名をタップすると、そのユーザーのTwitterへ移動できるので、興味を持ってくれたユーザーを知り合いのお店のアカウントへ誘導することもできます。

・ダイレクトメッセージ

フォロワーに直接Twitterでメッセージを送ることができます。基本的には自分のフォロワーにしか送れませんが、例外として、以前にダイレクトメッセージでやり取りをしたことがある人にも送ることが出来たり、Twitterの設定で「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」にしている場合は異なります。

メッセージ内容は相手にしか見れないので、他の人に見られたくない内容はダイレクトメッセージを使うと良いでしょう。

◇Twitterの便利な使い方

・お気に入りユーザーのツイート更新時に通知を受ける

通知を受け取るにはまず相手をフォローする必要があります。その後の設定はかなり簡単です。

新しくツイートした時に通知してほしいユーザーのプロフィール画面で、ベルマークをタップすれば通知登録完了です。

・人気のツイートを検索する

多くの人たちから「いいね!」をもらっていたり、リツイートされている人気のあるツイートを探してみたい時の検索方法をご紹介します。

◇検索入力例

いいね!の数が10000以上 ⇒ minfaves:10000
リツイート数が10000以上 ⇒ minretweets:100000

※minfaves、minretweetsの後ろの数字は任意です。

【関連記事】

【SNS集客】店舗・企業のSNS集客担当者必見!SNS活用上手な使い分け方

◇Twitter Q&A

・ツイートを削除したい

①削除したいツイートの投稿日の隣のマークをタップする

②「ツイートを削除」をタップすれば削除完了です。

・ツイート内容を変更したい

「間違って投稿してしまった」「誤字があったので直したい」という方も多いかもしれません。ですが、残念なことに一度投稿したツイートの内容は変更することが出来ません。

編集したいツイートを一度削除して、あらためて新規でツイートしましょう。

・ツイートと一緒に画像を投稿

新規投稿画面から画像を付けて一緒に投稿できます。

これからカメラで撮影したい画像を掲載したい場合は「カメラ」から、すでに撮影している画像から選択したい場合は左下のアイコンから画像を選択できます。

あとはコメントを入力して投稿すれば完了です。

◇Twitterの注意点・まとめ

Twitterはスピード感とリアルタイムな情報を得られるところが魅力のSNSといえます。

使用する上での注意点としては、悪気はなかったのにTwitter上で思わずつぶやいた一言で、急激に炎上してしまい、アカウントの削除が必要になるトラブルも多発しています。

自分のツイートが日本はもちろん、世界の人たちに読まれる可能性があることを頭に置いてTwitterを楽しみましょう。

【関連記事】

Twitter集客・活用方法と集客ツール・キャンペーン成功事例紹介【中小企業・店舗向け】