店舗独自のアプリを導入・活用している店舗が増えております。

「最近なんだかよく聞くようになったけどアプリってメリットあるの?」

「店舗アプリってどんな効果があるの?」

と思われる方も多いはず。

今回は店舗アプリを導入することでのメリットや効果について解説したいと思います。

そもそも店舗アプリって?どういう使い方をするの?

スバリ「顧客の囲い込み」の為に利用されている店舗が多いです。

お客様のスマホにアプリをインストールしてもらい、そこに対して情報を配信します。

スマホに直接届くので、チラシやメールなどの媒体よりお客様に見てもらえる確率は増えるのではないでしょうか。

まずは店舗アプリをインストールしてもらう

経験がある方も多いと思いますが、アプリをインストールするのって結構手間がかかったりする場合もありますよね?

そういったことを避ける方にとってはインストールしてもらうのは難関かもしれません。

逆に言えば手間のかかるインストールを行ってもらえるということは、そのお店に対して関心が高いという事ではないでしょうか?

店舗アプリのメリット

メリット1:データ集計

販促物っていろいろありますが、集計作業って意外と大変でわかりづらかったりしませんか?

  • 「チラシやDMをまいたけどどれくらいの人が見てくれているの?」
  • 「クーポンもどのクーポンが有効期限いつまででどれくらい使われているの?」

店舗アプリならこういった集計作業も簡単!

プッシュ通知の開封率やクーポンの利用率などの集計のほか、

顧客管理データを利用してマーケティングにも活かせます。

【関連記事】

マーケティングは顧客管理が大切!その重要性と活用方法について

メリット2:オリジナルアイコンによる視認効果アップ

なんてないことですが、意外と大きな効果を発するのがコレ。

人は一日で48回スマホを利用し、23回ロックを解除するとのこと。

【参考・参照】

スマホの利用率はどのくらいまで伸びた?2016年度のスマホ利用実態

つまりホーム画面に自店のアイコンがあれば23回も目にしてもらっているということに。

それだけ目にする機会があれば無意識のうちに店舗を認識してもらえるようになりますね

メリット3:プッシュ通知

スマホのホーム画面に通知が来て「あっ」と面白そうだなって続きを見たことは利用者なら経験があるはず。

プッシュ通知は開封率の高さから、メルマガや紙媒体の乗り換えでご利用されている方も多くいらっしゃいます。

何と言ってもスマホにダイレクトにメッセージを届けられるのがポイント。

もともとの関心が高い方であれば、そのメッセージが購買(来店)のきっかけになる可能性が高いですよね。

【関連記事】

メルマガとアプリのプッシュ通知 開封率アップに効果的な方法とは?

まとめ

店舗アプリには、

  • 開封率の高いプッシュ通知
  • オリジナルアイコンによる視認効果
  • 利用者のデータを集計し、マーケティングに活かせる

上記のようなメリットがあります。

もちろん、それ以外にもメリットがあり、活用方法によっては販促費用の見直しもできるもかも知れないですね

お店の最新ニュースやクーポンをプッシュ通知を配信でき、利用者のデータを集計しマーケティングに活かせるO2O販促ツール【GMOおみせアプリ】についてはこちらから。もちろんオリジナルアイコンによる視認効果も抜群!

おみせアプリ資料請求