「プライバシーポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)改定のお知らせ」

集客資料ダウンロード

販促新着記事

ツイッター(Twitter)集客・活用とツール・キャンペーン・成功事例[中小企業…

最近、ツイッター(Twitter)を使った集客を行う企業が多いと思いませんか? 実は、大企業だけでなく中小企業の集客においてもツイッター(Twitter)はすごく便利なんです!! 冒頭の通り、昨今、SNSを使った集客を行う企業が増えてきています。 とくに、飲食店や美容室、リラクなどではTwitterを使って集客・販促を…(続きを読む

店舗アプリの活用方法・事例≪店舗情報のプラットフォームにしよう!≫

「店舗アプリのメリットって何?」と思われている方は必見!? こんにちは。GMOデジタルラボ株式会社、仙台支店プランナーのもも氏です。 最近、公式アプリを持っている店舗・企業が増えていると思いませんか? 店舗を経営しているオーナーさまや企業のWEB担当者さまの中には、「そろそろアプリ作った方がいいのかな・・・」と気になっ…(続きを読む

SNSやO2Oなど!美容室の固定客作り5つの手法とは?

美容室・ヘアーサロンの新規集客やリピーターの囲い込みといった固定客作りにおいてインターネットを活用したマーケティングの手法が一般的になってきております。 弊社のお客様でも、インターネットを活用したマーケティングの手法が色々あるけれど、「どれを使ったら良いのかわからない」といった声が多く聞かれるようになりました。 今回は…(続きを読む

ザイオンス効果をWeb集客に活用!マーケティングに役立つ単純接触効果とは

お気に入りの服やブランド、よく閲覧するWebサイトなど、誰にでも好きなものがあります。しかし、それらをどうして好きになったか覚えている人はそう多くありません。 人が何かを好きになる過程には、心理的な要因が少なからずあります。Web集客や商品広告などに応用される「ザイオンス効果」もそのひとつです。 そこで、ザイオンス効果…(続きを読む

効果的なポスティングとは?「効果ない」原因を考えてみる

チラシを使ったポスティングは、自社の商品やサービスを広く知ってもらうための代表的な方法の1つです。 印刷された紙媒体は持ち歩くにもかさばらず、デジタルメディアのように表示するための電源も不要なので、広範囲に配布する広告媒体としては理想的なのです。 ところが、そのコンテンツや配布の仕方によっては、効果が実感しにくいときが…(続きを読む

EC販促に!ECサイトの作り方と運営の基本をわかりやすく解説!

インターネットの商用利用が始まってから20年以上が経過した今日では、インターネットに触れたことがある人ならおそらく一度はネット上で買い物をしたことがあるのではないでしょうか。 インターネット上で買い物ができるその場所は「ECサイト」と呼ばれています。 この記事では、ECサイトを利用したビジネスの基本及びサイト運営の仕方…(続きを読む

美容室の販促ツールを徹底解説!美容室必須9つの販促ツール

【新規で集客】【既存顧客へのお知らせ】美容室における顧客に対する販促ツールってたくさんありますよね。 「目的によってツールを使い分けている」「いつも同じツールを利用している」「効果の有無」など、目的やターゲットによって、一言で美容室向けの販促ツールの種類は様々。 今回は美容室で使われている販促ツールを解説していきたいと…(続きを読む

【完全攻略】スマホ(モバイル)決済のメリット・デメリット~スマホ決済アプリでカー…

『スマホ決済』と『スマホ決済機能付アプリ』に対応してないことは集客・販促の機会損失になります。 ※Square株式会社が全国のクレジットカード保有者を対象に行った調査によると、ひと月に1回以上クレジットカードを使う成人(全体の87.1%)のうち18%が「クレジットカードが使えない場合は別のお店を選んだ経験がある」とのこ…(続きを読む

【年齢層が高めの方にも好評!】札幌市の老舗お餅店 もち処「一久大福堂」さま

もち処「一久大福堂」さまは、道内に10店舗を運営する大正13年創業の老舗のお餅屋さんで、産地にこだわった良質な素材を使った「こだわりの味」が人気のお店です。 おみせアプリは札幌市内の路面店5店舗分の利用ですが、今回は、札幌円山店店長の久木さまとネットショップ担当の塚田さまにお話を伺ってきました。 アプリをやりませんかと…(続きを読む

EC市場とスマホの関連性

インターネットを利用してショッピングをしたことがある人も多いと思います。 こんにちは新潟支店プランナーのたむたむです。 スマホ普及率も年々右肩上がりでいつでもどこでもショッピングができるようになった近年、 さすがにもう無視できないECとスマホの関連性について説明したいと思います。 現在のEC市場について 総務省統計局の…(続きを読む