昨今アプリ業界で話題になっているのがスーパーアプリというアプリです。様々なアプリの機能を一つのアプリに集約したアプリがそう呼ばれています。

今回はそんなスーパーアプリの特徴やメリット、海外や日本におけるスーパーアプリの事例も含めて解説していきます。

このような方にオススメの記事です。
  • スーパーアプリの特徴を知りたい
  • スーパーアプリの事例をみたい
  • スーパーアプリとアプリの違いを知りたい

アプリで集客・販促テクニック大全! 売上200%を達成した最強のノウハウを一挙に公開中!


スーパーアプリとは

つながるイメージ

スーパーアプリとはあくまで便宜上の名称であって、正式にスーパーアプリという名称で売り出しているアプリはあまりありません。

通常、一つ一つが独立しているアプリケーションを一つのアプリにミニアプリとして集約し、日常生活のさまざまな面で活躍できるようにしたユーザー数の多いアプリのことを言います。

旅行アプリを例にとりましょう。友人と旅行の予約から、交通手段やホテルの手配、必要なグッズの通販、さらには現地で使うキャッシュレス決済も一つのアプリで済んだらとても便利ですよね。

スーパーアプリはまさにそういった、一つのアプリの中にさまざまな機能を搭載したアプリのことです。

イメージがわきにくい方もいると思うので具体例を挙げると、LINEやPayPayでテイクアウトやタクシーの配車ができるサービスをご存じの方も多いと思いますが、このように一つのアプリ内で様々な機能を利用できるアプリのことをスーパーアプリと言います。

日本のスーパーアプリについては後述します。

なぜスーパーアプリが注目されるのか

スーパーアプリが注目される大きな理由に、ユーザーにとっての利便性が高いことが挙げられます。

一見するとまったく関係ないアプリ群でも、実はユーザーの行動の元に統合されているのが一般的です。

それぞれが情報を交換することで、ユーザーはただでさえ一つのアプリで済む利便性に加えて、一々住所や属性といった情報を入力したりする手間が省けます。

また、巨大なIT企業に対抗したり、利用者の拡充を求めるにあたってサービス間の統合も必要となってきているので、それならスーパーアプリを開発することが企業・サービスに大きな利益を生むという考えもできます。

スーパーアプリとミニアプリ

人々が1日に使うスマートフォンのアプリの平均は、1日8個というデータがあります。

さらに、多くの人はアプリを新しくインストールすることに否定的で、既にインストールしているアプリもすべてを使っているわけではありません。

スーパーアプリには、ミニアプリと呼ばれる、本来なら一つ一つが別のアプリでもおかしくないようなアプリが多く内蔵されています。

ユーザーはミニアプリの集合体であるスーパーアプリを一つインストールしておけば、他にアプリをインストールする必要が減ります。ダウンロードの手間が減るメリットがあります。

サービス側からしたら、本来なら分散してしまうユーザーの一つのアプリに確保することができるので、スーパーアプリ以外よりも多くのアクティブユーザーが獲得できるというメリットがあるのが特徴的です。

要点をまとめると、スーパーアプリとは複数のミニアプリが入ったアプリ、一つに集約されているのでユーザーにとってもサービス側にしても便利ということです

スーパーアプリの普及は海外が先

スーパーアプリは日本よりも海外、そして欧米よりもアジアで顕著であるとされています。

とりわけ、中国や東南アジアなどの国々でこういったスーパーアプリは普及しています。

普及の背景には、同地域でいち早く進んだキャッシュレス決済がまず関係しています。キャッシュレス決済サービスがそれぞれ別の機能を搭載していったのです。

また、先進国に比べて、既存の大企業によるサービスが定着しておらず、PCからモバイルへの移行が速かったことも中国や東南アジアでスーパーアプリが普及した理由です。

海外のスーパーアプリの事例

スーパーアプリがどんなアプリなのかはご理解いただけたと思います。ここからは海外のスーパーアプリ事例について解説していきます。

今回は中国の2つのサービスを解説しますが、これ以外にもシンガポールのGrab、インドのPaytm、インドネシアのGoJekなどアジア圏には多くのスーパーアプリが存在していますし、欧米でもライドシェアサービスやメッセージアプリ、大手検索エンジンなどがスーパーアプリの開発の動きを見せています。

WeChat (ウィーチャット/微信)

中国を代表するスーパーアプリが、WeChatです。

テンセントが開発したメッセージアプリが元々のスタート地点となっており、微信の名称でも広く知られています。

2011年のサービス開始当初は、単なるメッセージアプリでしたが、2013年にキャッシュレス決済機能を搭載。2017年ごろからはミニアプリが追加できるような機能が追加され、スーパーアプリと呼ばれるようになりました。

同アプリの最大の特徴は、ユーザーが開発したミニアプリが利用できるという点です。

アプリ利用者は数十億人、追加できるミニアプリは数百万にものぼるとされていて、多くの機能が利用できるのが最大の強みです。

ユーザー側はここでミニアプリを開発、提供することによって収入を得ることが可能になっており、サービス側、ユーザー側両者が利益を享受できるような仕組みになっています。

Alipay(アリペイ/支付宝)

元々はモバイル決済サービスだったアプリに、開発元のアリババグループが得意としていた通販機能などを追加していった結果、スーパーアプリとなったのがAliPayです。

中国では支付宝と呼ばれていて、WeChatと人気を二分しており、中国の店舗では支払いや予約はWeChatですか、AliPayですかとほぼ必ず聴かれるほど普及しています。

WeChatと比べると利用できるミニアプリは少ないですが、その分公式という強みを活かして信頼性を獲得しています。

スーパーアプリの模範的な動きとなる旅行もAliPayでは簡単です。

ホーム画面からメッセージ機能、タクシー配車機能、ホテル予約機能、キャッシュレス決済とすべてをこなすことができます。

また、他のスーパーアプリよりも直感的な操作ができるようにホーム画面が整えられているのも大きな特徴です。

日本国内でのスーパーアプリの事例

国内のスーパーアプリ

スーパーアプリに関しては、ここ最近日本国内でも開発の動きは加速しています。

国、政府が推し進めているキャッシュレス決済、訪日外国人の増加とともに、スーパーアプリの必要性が大きく高まったためです。

そこに大手企業の経営統合やグループ再編が絡み合い、日本におけるスーパーアプリの開発につながっています。

LINE

日本国内でもっとも使われているメッセージアプリであるLINEもスーパーアプリの事例としてよく登場します。

同アプリはメッセージ機能がメインでしたが、今はその機能以外にも、決済やクーポン、ショッピング、ゲーム、出前などの数多くのミニアプリ機能を多く搭載するようになりました。

利用者数も8000万人を超えるとされており、今後も日本を代表するスーパーアプリでありつづける可能性が高いです。また、次の項で解説するPayPayを運用する大手企業との合併がスーパーアプリ化に拍車をかけています。

【よく読まれている記事】

LINE Mini app(ラインミニアプリ)とはどんなサービス?特徴や機能・事例をドドンとまとめて紹介!

PayPay

多くの利用者が存在するキャッシュレス決済サービスPayPayもスーパーアプリ化の動きを見せています。

キャッシュレス決済に収まらず、たとえばフリーマーケットやショッピングモール、タクシーの配車サービスなどその拡大はとどまるところを知りません。

そして、PayPayを運用するYahooとLINEを運営するLINE株式会社が、海外企業に立ち向かうために経営統合した、というのも大きな動きです。

PayPay自体に多くのユーザーがいますし、その上LINEのユーザー数、さらにはPayPayを運用する企業が提供しているポータルサイトや乗換案内、スポーツ実況機能のユーザー数を統合すれば、その数日本人の総人口を上回るほどです。

なのでこの2社は日本を代表するスーパーアプリを作り出すことになるという見方が多いそうです。

スーパーアプリはこれからも加速する

スーパーアプリ化という考えは数年前から出てきていますが、企業側にはユーザーを囲い込みできるメリットもあります。

これから海外の大企業に立ち向かっていくには、スーパーアプリ化は欠かせないというのが多くの専門家の見方です。

また、ユーザーにとっても便利で使いやすいスーパーアプリはたくさんのメリットがあります。これからの時代、アプリと共に!私たちの生活がどう変わっていくのかを楽しみにしましょう。

【関連記事】

店舗アプリ制作・作成サービス22選!各サービスの機能や価格を徹底比較【2020年最新】

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
6,000店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査