2019年に注目されているサービスが、 「サブスクリプション(サブスク)」 という方式の定額サービスです。

サブスクリプション方式のサービスは実際は昔からありました。

ただ今のように大きくは取り上げられず、有名なもの以外話題にはなりませんでした。

「サブスクリプション(サブスク)」とは、月・年などの期間を定めいくらかの料金をサービス提供企業にはらう代わりに、その定額サービスを決められた期間内で利用できるというサービスです。

当社でもサブスクリプションの導入サポートについては行っていますが、気になるサブスクリプションについて調べてみました!

≪この記事は以下のような方におすすめです≫

  • サブスクリプションについて知りたい方
  • サブスクリプション方式のサービスを自店で導入したい方
  • サブスクリプションの導入方法を知りたい方

おみせアプリ資料請求

サブスクリプションサービスとは

サブスクリプションという言葉は最近になってテレビやメディアで聞く機会が増えたワードです。

「サブスク」と略されていることも多いですね。

サブスクリプションサービスとは、サブスクリプション方式のビジネスモデルを採用したサービスのこと。

サブスクリプション方式とは、Wikipediaによると以下のように定義されています。

サブスクリプション方式はビジネスモデルの1つ。利用者はモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。

ちょっと専門的な用語でわかりづらくなっていまいましたが、一般的な用語でいうと「定額制サービス」と捉えられていることが多いので、その方がわかりやすいでしょう。

そんなサブスクリプションですが、サービスにどんな魅力があるのでしょうか?

なぜ定額サービス(定期課金)が話題なの?

定額サービス(定期課金)がなぜ2019年になってこんなにメディアにとりあげられるようになっているのでしょうか?

定額サービスが人気になった背景には以下のようなことがありました。

消費者のニーズの変化

まずは、ここ数年で起こった消費者のニーズの変化が大きいでしょう。

サブスクリプションについての本やセミナーなどでも言われていることですが、今の消費者のニーズはコト消費です。

昔はモノ消費といわれていて、製品に対してものを支払うことしかできませんでした。

便利なサービスや面白いサービスに対してなら、実在する物じゃなかったとしてもお金を定期的に支払うことが当たり前になってきているんです。

また消費者は以前より所有⇒共有という方向にシフトするようになりました。

共有を体現しているサービスとしては、カーシェアリングなんかが有名ですね。

カーシェアリングのように、一度に大量のお金を払って所有するのではなく、何人かで一つの物を共有することが流行しています。

そうすることで、所有するよりもコストが抑えられるというメリットあります。

そして今は所有をしたいという独占欲も若者を中心に低下してきているという意識の変化があります。

全体的なシェアリングの意識の向上も、一つ大きな要因といえるでしょう。

サブスクリプション方式のサービスの増加

もう一つ、魅力的なサブスクリプション方式のサービスが増えたことも一つの要因です。

少し例をあげれば、各種携帯電話・iTunesなどの音楽配信サービス・Netflixなどの映像配信サービスなどがありますが、今や続々と新しいサブスクリプションがリリースされてきています。

2019年に入ってからもサブスクリプションサービスのリリースが加速し、今までにあまりなかったより面白いサービスがどんどんリリースされてきました。

サブスクリプションブームが起こっている一番の要因は消費者のニーズの変化なんですが、サブスクリプションが発展した要因としてはニーズに対応した魅力的なサブスクリプションサービスがでてきたということが大きいでしょう。

サブスクリプションを利用する側もどんどんでてくる新しいサブスクリプションサービスに魅了されています。

 

サブスクリプションのビジネスモデル

日本では定期課金=サブスクリプションという認識が強いですが、海外ではビジネスモデルの成り立ちは少し違います。

ではサブスクリプションは本来どんなビジネスモデルなのか解説していきましょう。

サブスクリプションとは『顧客がもとめる必要なサービスを、必要な分のみ提供していくサービス』というビジネスモデルです。

今まではサブスクリプション型ではなく、プロダクト販売型のビジネスモデルが一般的でした。

サブスクリプションはプロダクト販売型モデルのように、価格×売上げで売り上げを稼いでいくといった単純なビジネスモデルではありません。

サブスクリプションのビジネスモデルは、顧客との関係を築いていくことに重きを置いています。

上の画像のようにサービス利用者と利益はそのまま比例するんです。

サブスクリプションの売上げは、利益×顧客数で計算していきます。

サービスを利用してくれる方が仮に2人いるなら利益は2倍に、また3人いれば利益は3倍になります。

定額サービスを定期的に提供していくことにより、顧客とのリレーション(関係)を強化することが容易になるんです。

 

関連記事

カート+に「定期自動支払い(サブスクリプション)」が新登場!

 

車業界や飲食業でもサブスクリプション?定額制サービス導入事例

サブスクリプションといえば、iTunesなどの音楽配信サービスやNetflixなどの映像の配信サービスが有名です。

皆さまも、これらの大手配信系のサブスクリプションサービスは利用した経験のある方が多いはずです。

ただ2019年は今まであまりサブスクリプションと縁のない業種も、サブスクリプション自体のニーズは高まってきています。

サブスクリプションの導入を考えている方も参考にできる、さまざまな業種のサブスクリプション方式のサービスをピックアップしてみました。

導入事例1:カフェでのサブスクリプション事例

飲食業・外食業でもサブスクリプション方式のサービスが広がってきています。

最初にカフェでの定額サービスの事例をご紹介します。

加盟している店舗で月に30杯までコーヒーが飲める定額サービスです。

サブスクリプションサービスに加入している店舗限定ですが、いろんな店舗をめぐりたい方にとっては嬉しいですね!

発売後、カフェ好きを中心に登録者も右肩あがりに増えているそうです。

導入事例2:ステーキ店でのサブスクリプション事例

あるステーキ店では、定額制サービスとして「1/2ポンド(230g)ステーキ」2,200円(税抜)を1営業日につき1枚、月額29,800円(税抜)にて食べられるというサービスを取り入れました。

30日間もし食べにきたとしたら、一日約1,000円で月間30,000円ほどおトクになります!

そうはいってもステーキを毎日食べる!という方はなかなかいないと思いますが、ステーキ好きにはたまらないサービスとなっていますね。

導入事例3:アパレル業でのサブスクリプション事例

ファッションレンタル業界の某企業では、月額で洋服が借り放題!というサービスを行っています。

洋服を借りるということは、中古品を想像しますよね。

ただここで借りれる洋服はなんと新品のみなんだそうです!

さらにその中で気に入った洋服は、返却をせずそのまま買取ができるというメリットがあります。

利用者から見ても、借りられて良かったら買取ができるというスタイルは利用しやすいかもしれないですね!

導入事例4:美容室のサブスクリプション事例

美容業界もサブスクリプションの例外ではありません。

月額に固定費用を払えば、シャンプー・ブロー・ヘアケアサービスが使い放題!という革新的なサービス。

  • 「忙しくてなかなかシャンプーができない方」
  • 「ヘアケアを定期的に行ってほしい」
  • 「時間を気にせずシャンプーに通いたい」

そんな方に大人気のサービスですが、もちろん美容室の質も定額制だから低いなんてことはなく一流の美容室が揃ってるということなのですごいですよね!

アプリと連動したサービスで、スマホから通いたい近くの美容室を探しそのまま時間が空いていれば美容室の予約をすることができます。

関連記事

カート+に「定期自動支払い(サブスクリプション)」が新登場!

導入事例5:車業界でのサブスクリプション事例

車の業界でもサブスクリプションが登場しました。

皆さまご存知の超大手企業では、車の定額制サービスを開始しました。

車なので月額は高めですが、月額を払えばメーカー車が乗り放題!というサービスです。

車業界の大手がサブスクリプションを始めた!ということで、非常に注目されているサービスです。

 

サブスクリプションのメリット・デメリット

サブスクリプション方式のサービスにももちろん、サービスとしていいところもあれば、反対に悪いところもあります。

サブスクリプションだから無条件でいいサービスだというわけではありません。

メリット・デメリットを踏まえた上でいいサービスか悪いサービスなのかを判断しましょう!

そんなわけでさっそくメリット・デメリットをみていきます。

ユーザーからみたメリット・デメリット

利用する側からみてもかなり魅力があるようにみえるサブスクリプション。

メリットは多いですが、実際にデメリットになるところも実はあるんです。

利用する側・提供する側それぞれの目線でのサブスクリプションのメリット・デメリットをまとめました。

ユーザーからみたメリット

サブスクリプション方式のサービスの利用する側からみたメリットは、好きなサービスをおトクに利用できること。

一ヶ月に十万円かかるようなものではなく、数百円、数千円からの価格帯で提供されていることが多いです。

長期的な利益を追求するビジネスモデルのため、利益も一度にたくさん抜いたりというモデルではありません。

ただし定額制サービスは期間ごとに都度料金を払います。

その代わりに、大半のサービスは期間内に利用すればするほどおトクになる設計になっているんです。

そして好きなサービスだけを選べることもメリットといえるでしょう。

自分の求めないサブスクリプションと契約する必要はないんです。

ユーザーからみたデメリット

デメリットとして挙げられることは、継続的に費用がかかること・そして解約する際の条件です。

基本は説明があるとは思うのですが、解約する際に費用が発生するかしないかはちゃんと選ぶべきです。

また毎月のコストが安いとはいえ、数を多く利用した場合は毎月多くの費用を払うなんてことになりかねません。

なのであくまでサブスクリプションは計画的な利用を心がけるべきです。

そして「所有」できるサービスではないので、音楽などをダウンロードしても運営会社がサービス提供をやめた場合は、ダウンロードしていたサービスは利用できなくなります。

予期できるものではないかもしれませんが、注意はしておきましょう。

お店側からみたメリット・デメリット

次にお店側・企業側からみたサブスクリプションのメリットとデメリットです。

サブスクリスプションを導入することにより、経営をする側にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

お店側からみたメリット

お店側からすると、毎月定期的に安定した金額が得られるというのがメリットです。

安定収益につながるということです。

サービス提供さえちゃんとしていたら、毎月・もしくは毎年金額がちゃんと入ってくるので利益の計算がしやすいでしょう。

そして最大のメリットが顧客との継続的な接点を持てることです。

店舗側の視点で考えた場合、継続的な顧客接点を持てるということは、ロイヤリティの向上と顧客単価の増加につながります。

結果的にそのサービスを越えた将来的な利益を獲得することもできます。

長期的な目線でみたときには特に有益なビジネスモデルといえるでしょう。

お店側からみたデメリット

お店側からみたときのサブスクリプションのデメリットは、一番はリソースとコスト面です。

サブスクリプションのサービスを提供するには、リソースの確保とコストの負担がつきまといます。

最初にサービスを提供する準備をしなくてはなりませんし、特に開始当初のサブスクリプションの利用者が少ないタイミングでは、赤字になることも少なくありません。

また、サービスの企画も常に顧客に評価されるように練らなくてはなりません。

たとえば、古い音楽ばかりの音楽配信サービスを利用したいと思う方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

どちらかというと新曲があるサービスの方が、きっと皆様からみたら魅力的で評価されるでしょう。

常に斬新で顧客のニーズに応えるサービスを提供し続けることも経営者目線では大事なことです。

サブスクリプションを始めてみよう

じゃあサブスクリプションを始めてみよう!と思っても、サブスクリプションってどうやって始めたらいいのかわかりませんよね。

サブスクリプションを導入するためにはまず、

  • どんなサービスを行っていくか
  • 定額制サービスを提供する仕組みづくり

この二つのことを最初に考えなくてはなりません。

サブスクリプションでどんなサービスを行っていくか

サブスクリプションのサービスについて考えるときそのサービスは継続して愛されるサービスか?ということをちゃんと考えなくてはなりません。

2ヶ月・3ヶ月ではなく、1年先・2年先も使っていただけるサービスでないと成功はしないでしょう。

またサービスを利用する頻度についても考えましょう。

1ヶ月に1回でも利用するであろうサービスであれば、定額制プランにする価値がでてきます。

また市場調査も大事です。同じサービスを行っているところがどれくらいいるのかという点もチェックすべきでしょう。

まとめますが、①サービスを継続してもらえるか②利用頻度はどうか③同じサービスについてチェックというところは意識してアイデアを練るべきです。

サブスクリプションと決済サービスの関係

サブスクリプションを利用するには、必ず売上げを確保するために決済サービスの導入が必要です。

毎月現金回収をするのはあまりに非効率ですし、回収できないリスクもつきまとうでしょう。

当社ではカート+を通してそんなサブスクリプションに必要な定額支払い機能を提供しています。

定額サービスの導入を検討中の方はサブスクリプション機能の記事もチェックしてみてください。

まとめ

サブスクリプション(サブスク)についてここまでご紹介させていただきました。

  1. サブスクリプション(サブスク)とは?
  2. ビジネスモデルの紹介
  3. ブームの理由
  4. 各業界の事例
  5. メリット・デメリット
  6. サブスクの始め方

色々なサブスクリプションについて紹介してきましたが、今年もサブスクリプションのブームは継続することは間違いないでしょう。

もっと魅力的な素晴らしいサブスクリプションもどんどんでてくるはずです!

ユーザーはそんなサブスクリプションの利用を楽しみに、また提供側はサブスクリプションを上手く活用していきましょう!

以上、サブスクリプションのご紹介でした。

■アプリ導入を検討ならまずは資料請求


おみせアプリ資料請求


GMOおみせアプリは、リピーターを増やし、ロイヤルカスタマーを育成していくためには、こ役立つ機能が満載の集客アプリ作成サービスです。
集客方法に悩んでいる店舗様は、O2Oアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おみせアプリ資料請求
おみせアプリ資料請求