「SEO対策」という言葉の意味を知っていますか?

知っていたとしても、具体的に何をすれば良いのかは分からないという人も多いかと思います。今回は初心者向けのSEO対策として、「サーチコンソール」についてポイントを解説しながら紹介していきます。

サイトオーナーにとっては必須とも言える重要なツールですので、しっかりと活用できるようにしましょう。

サーチコンソールとは

サーチコンソール
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

サーチコンソールとはGoogleが提供している無料サービスの事で、Googleでの検索結果(サイトパフォーマンス)を監視、管理できる ツールの事を指します。

具体的にはサイトのクリック数クリック率掲載順位などを知る事ができ、初心者向けSEO対策として多くの人に活用されています。

また、サイトを更新した時や新しくページを追加した場合は、サーチコンソールを使えば、より早く検索結果として反映される可能性があります。

他にも数多くの機能がありますが、どれもサイトオーナーにとっては必要な機能となるので、登録して使えるようにしておくのがおすすめです。

押さえておくべきポイント①:検索クエリ

クエリとは英語で「問い合わせる」や「訪れる」という意味があります。つまり検索クエリとは、どのようなキーワード検索してサイトが表示されたのかを知ることができる機能です。

また、検索クエリ別に掲載順位クリック率も見れるので、自分のサイトがどのキーワード検索されているのかが分かります。

この機能はページを作成する際に活用できます。自分の主観だけでなく、数値としてどのキーワードが有効かを判断できるのです。

それによって、より検索結果に表示されやすいサイトを作る事ができます。インターネットからの集客を考える場合は、何よりもまずは検索結果で出来るだけ上位に表示される事が重要です。

自分のサイトを探してもらうためには、検索キーワードや結果を把握し、改善を続けることが重要となります。

押さえておくべきポイント②:Fetch as Google

サイトを更新したり新しくページを追加した場合は、「Fetch as Google(フェッチ アズ グーグル)」を使います。

実は変更した情報が検索結果に反映されるまでには少し時間がかかります。

その理由は、Googleクロール結果インデックス(情報を検索エンジンのデータベースに格納すること)する事で検索結果に反映される仕組みになっているからです。

サイトの更新やページ追加の情報は、何もしなくても時間が経てば自動でインデックスされるようになっています。

しかし、どの程度時間が経てばインデックスされるかについては発表されていません。サイトによっても違いますし、どの程度の変更があったのかによっても違います。

ですが、Fetch as Googleに依頼すると、インデックスされるまでの時間が短くなる事があります。ただし依頼しても必ずすぐにインデックスされるとは限りませんので、注意してください。

押さえておくべきポイント③:クローラー

クローラーとは登録されているサイトを回って、情報を集める「クロール」と呼ばれる作業をしている機能です。このクローラーがある事によって、更新された情報などが自動で集められるのです。

したがって、Fetch as Googleに依頼するということは、正しくはクローラーに来てもらうように依頼するということになります。このクローラーはネット上を自由にクロールしています。

しかしクロールは規則正しく行われているのではなく、サイトによって頻度が変わります。クローラーもAIによって機能しており、更新頻度の高いサイトは多めにクロールし、更新頻度が低いとクロールも少なくなるとも言われています。

しかしこちらも正確にはその規則は公表されておらず、自分でクローラーをコントロールする事はできません。

サーチコンソールでは自分のサイトのクロール状況を確認でき、クロールされたページについての情報を知る事ができます。もしクロールした際にエラーを発見すると教えてくれるので、サイトの管理がしやすくなります。またクロールされたくないページの指定などもできます。

押さえておくべきポイント④:サイトマップ

サイトマップとはサイト内の案内(構成)図のことです。このサイトマップもサーチコンソールから登録する事ができ、登録することでインデックスされるまでの時間が短くなりやすいと言わています。

クローラーはネット上を自由に回っています。そのため、ページ数が多いサイトや、構成が複雑なサイトの場合は全てをクロールしてもらえない可能性があります。そこで案内図を登録することで、クローラーに全体をクロールしてもらいやすくします。

また、サイトマップは1度だけでなく定期的に送信するのが良いとされています。特に作ったばかりのサイトやページ数の多いサイトの場合に有効です。インデックスされなければ検索結果に反映されませんので、上手に活用する必要があります。

押さえておくべきポイント⑤:手動による対策

これはあまり使わないで済む人も多いかもしれませんが、サーチコンソール「検索トラフィック」の項目の中に「手動による対策」があります。メッセージが届いた場合は必ず使う必要がある機能です。

ここをクリックして「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示される場合は問題ありません。しかしここに何かメッセージが届いている場合、Googleからペナルティを受けていることになります。

ペナルティとは、何かでGoogleの規則に違反している場合に課せられるものです。ペナルティがあると検索結果からはじかれることもあるので、早めに対策が必要となります。ただしペナルティを受けた場合でも、原因を解消して再審査リクエストが認められれば解除されるので安心してください。

もし掲載順位が下がったとしても、メッセージが来ていなければペナルティではありません。掲載順位は重要な要素なので、ペナルティを受けているのではないかと心配になるのは分かりますが、その場合は他に理由があるので自分のサイトを見直してみましょう。

押さえておくべきポイント⑥:Googleアナリティクスとの連携

GoogleにはGoogleアナリティクスというアクセス解析をしてくれるツールもあります。サーチコンソールもアクセス解析はしてますが、あくまでも何のキーワードで表示されたのかや掲載順位などについてであり、サイト外の情報を解析していると言えます。

それに比べGoogleアナリティクスは、サイト中での動きを解析してくれます。どのページが入口となっているのか、ページごとのPV(ページビュー、ページが表示された回数)、サイトの滞在時間などを知る事ができます。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法は、同じGoogleアカウントであれば簡単です。

1.Googleアナリティクスにログインした後、メニューの「管理」から右上にある「全ての商品」をクリックします。

2.出てきた画面から項目の1つである「Search Console」の「Search Consoleとリンク」ボタンをクリックします。

クリックすると連携可能なGoogleサーチコンソールが表示されるので、連携したいサーチコンソールを選択すれば連携が完了します。この2つを活用する事によって、ただサイトに来てもらうだけでなく、来てくれた人にとって有益なサイトにしていく事ができるのです。

まとめ:サイトは作ってからが大切

SEO対策という言葉だけで難しいと諦めるのではなく、初心者でも使いやすい機能を使うだけでもサイトの質を上げる事ができます。

サーチコンソールを使ったとしても結果がすぐに出るとは限りませんが、徐々に掲載順位などで効果を実感できるようになるはずです。

自分のサイトに何が足りていないのかを見直すためにも、サーチコンソールを活用してインターネットからの集客に繋げましょう。

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!