雨の日は客足が鈍るのでなんとなく憂鬱になるおみせの販促担当者さまが多いと思います。
そんな時に役に立つのがGMOおみせアプリの「プッシュ通知」と「クーポン配信」です!

今回は、アプリのプッシュ通知について詳しく解説し、GMOおみせアプリの「プッシュ通知」と「クーポン配信」についても紹介します。

≪この記事は下記のような方におすすめです≫

  • アプリにプッシュ通知について詳しく知りたい。
  • GMOおみせアプリに興味がある。

おみせアプリ資料請求

アプリプッシュ通知とは

今や日常生活に欠かせないアイテムといえるスマホですが、もしアプリが1つも入っていなければ、その便利さは半減していることでしょう。

アプリはスマホを使いこなすために不可欠なものなので、多くの人が、よく使うサービスやよく行くお店のアプリをダウンロードして利用しています。そんなアプリをより利用しやすくしてくれるのが、アプリプッシュ通知です。

スマホにダウンロードしたアプリ側から、更新通知がある場合に送られてくるスマホアプリの機能のことで、アプリを起動していなくても通知を受け取ることができます。

アプリの更新を定期的にチェックしなくても必要な情報を得ることが可能です。

例えば、メールアプリのプッシュ通知の場合、メールアプリを起動していなくてもメールを受信すると通知が送られてくるため、受信箱で埋もれさせることなく確認、返信することができます。

サービスを提供する側から考えると、アプリプッシュ通知はアプリをダウンロードしたユーザーにスピーディーに情報を提供できる、なくてはならないツールだといえるでしょう。

プッシュ通知の仕組み

ここではプッシュ通知の仕組みについて解説します。

プッシュ通知は「リモート通知」「ローカル通知」の2種類

プッシュ通知には「リモート通知」と「ローカル通知」の2種類があります。

リモート通知:インターネットに接続しているアプリから送られるプッシュ通知です。

ローカル通知:インターネット接続に関係なくアプリから送られてきます。
デバイスの中だけで完結するプッシュ通知のことで、目覚ましアラームなどがこれに当たります。
アプリ側が有益な情報を提供するプッシュ通知というよりは、利用者側があらかじめ設定した日時に通知が送られてくる、リマインダー的な役割を果たすものといえるでしょう。

ほとんどのアプリプッシュ通知はリモート通知

アプリプッシュ通知のほとんどが、外部のサーバーを経由するリモート通知で、その仕組みは少々複雑です。

ユーザーがアプリのプッシュ通知を受け取ることを許可すると、デバイスからAppleやGoogleが提供する「APNs」や「FCM」といったプッシュ通知サーバーに対し、プッシュ通知の受け取りが許可されたという情報が送信されます。

それを受けて、プッシュ通知サーバーでプッシュ通知を送るデバイスを特定するための識別IDが生成され、それぞれのデバイスに通知されます。その後、識別IDはデバイスからアプリの開発元に送られ、アプリのサーバーで保管されます。

アプリプッシュ通知が行われるときには、アプリ開発元からプッシュ通知サーバーに「送りたいメッセージ」と「送信先の識別ID」を指定した上で依頼が行われ、依頼を受けた通知サーバーは、識別IDで認識したデバイスにプッシュ通知を送ります。

一連の流れから分かるように、アプリ開発元のサーバーから直接デバイスに対してプッシュ通知が行われるわけではありません。

識別IDとデバイスの関係を特定できるのは通知サーバーのみなので、プッシュ通知の受け取りを許可したからといってデバイスの情報がアプリ開発元に漏れるリスクは考えなくてよいでしょう。

ちなみに、インターネット接続が不要なローカル通知ではこうした識別IDのやりとりはなく、オフラインで通知を受け取ることができます。

iOSとAndroidのプッシュ通知の違い

iOSとAndroidのプッシュ通知の一番の違いは、iOSのプッシュ通知がデフォルトでオフになっているのに対し、Androidではオンになっている点です。

iOSではユーザーがアプリをダウンロードして起動した後に、プッシュ通知を受け取るかどうかを尋ねられます。受け取りを許可しない限りプッシュ通知は届かないため、ダウンロードしたもののあまり利用していないアプリから繰り返し通知が来るようなことはありません。

ユーザーが選んだ必要な情報だけを得ることができ、設定しなおす手間がかからないのが利点です。

一方で、Androidではプッシュ通知の受け取りが初期設定されているため、「アプリをダウンロードすること」と「プッシュ通知を受信すること」が直結しています。

ダウンロードしたアプリすべてのプッシュ通知を受け取ることになるので、プッシュ通知を受け取りたくない場合は自分で設定しなおさなければなりません。もっとも、必要なプッシュ通知を設定ミスによって逃すこともないので、頻繁に情報を受け取りたい人には適しているといえるでしょう。

iOSとAndroidでは、利用しているプッシュ通知サーバーも異なります。iOSで利用されるプッシュ通知サーバーはAPNs (Apple Push Notification service)、Androidで利用されるのはFCM(Firebase Cloud Messaging)です。

アプリプッシュ通知のメリット・効果

ここではアプリプッシュ通知のメリット・効果について解説します。

最大のメリットは届けたいタイミングで通知できること

アプリプッシュ通知の最大のメリットはユーザーに対して好きなタイミングで確実に情報を通知できることです。

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSでは情報を受け取るタイミングがユーザーにゆだねられてしまいますし、メールマガジンや紙媒体の広告ではタイムリーに情報を届けることができません。

大規模なセールを行う当日の朝や、クーポンを配信するとき、雨が降ったタイミングなど、情報を届けたいと思った瞬間を逃さずに効果的にメッセージを送ることができるのが、アプリプッシュ通知の一番のメリットです。

また、その他の方法に比べると通知をクリックして情報を確認する確率も高いといわれています。

アプリの起動回数が増え、使いやすさを実感できる

どんなに便利なアプリでも、実際に使ってもらえなければ意味がありません。

使ってもらうためには、そのアプリを利用することで有益な情報を得られると実感してもらう必要があります。

こういうときにもアプリプッシュ通知は大きな効果を発揮します。アプリプッシュ通知が表示されるのは、スマホ画面の最も確認しやすい位置です。

ネットサーフィンやメールチェックをしているときに通知を目にした人の多くは、その行動を一旦ストップしてアプリを確認するでしょう。通知の内容が気になるものであればあるほど、その確率は高まります。

スマホユーザーにとってアプリの利用やプッシュ通知の確認は親しみのある操作です。そのため、多くの人は通知を受けることに抵抗感がなく、こうした点がプッシュ通知が次の行動に結びつきやすい要因の1つになっています。

特に、起動回数が増える傾向にあるといわれているのがプッシュ通知が許可されているアプリです。プッシュ通知が許可されている場合、継続して利用する人が多いことも分かっています。

プッシュ通知を通じてアプリを何度も起動しているうちに、アプリの操作や利用に慣れ、プッシュ通知がないときにも頻繁に利用してもらうことができるようになると考えられます。

企業やサービスへの愛着、信頼が向上

繰り返しアプリを利用しているうちに、ユーザーのアプリに対する潜在的なイメージが向上し、アプリ提供元の企業やサービスへの愛着がわいたり、信頼感が増したりする効果があります。

このことが実際に商品の購入やサービスの利用を促すことになり、サービス登録者やリピーターを増やすことへと繋がっていきます。

顧客ロイヤリティが向上すると、ユーザーからほかのユーザーへと口コミでさらに利用者を増やすことも可能です。

全体通知はもちろん、対象を絞った通知が可能

アプリプッシュ通知は全体への通知だけでなく、個別やグループごとに対象を絞って通知することが可能です。

住んでいる場所や年齢層、登録しているサービス、フォローしているアカウントなど、さまざまな条件を元に限定してメッセージを送ることができます。

ピンポイントで本当に必要とされている情報を送ることができるため、通知を見たユーザーがアプリを確認した後、実際にサービスを利用するなどの行動を起こしやすい利点があります。

アプリによっては、ユーザー自らが通知したい項目を選べるものもあります。
(GMOおみせアプリもエンタープライズ01以上のプランであればセグメント配信が可能です。GMOおみせアプリのプラン・料金はこちら)

 

アプリの「プッシュ通知」「クーポン配信」が集客のきっかけになる

【本日限定】で足元が悪い中ご来店いただけるお客さまに特別なクーポンを配信してみてはいかがですか?

例えば、15時~16時頃にこんなプッシュ通知が届いたら・・・憂鬱な夕方もちょっとやる気が上がるかもしれません♪
 

GMOおみせアプリのクーポン配信機能について

GMOおみせアプリのクーポン配信機能はバリエーション豊か!
通常クーポンの他、画面をスクラッチして当たりを楽しめる「スクラッチクーポン」を配信すれば、ゲーム性のあるクーポンに。

また、クーポンを「時限クーポン」にすると、有効期限までのカウントダウンが画面上で見えるので、「行きたい!」気持ちをさらにかきたてることができます。

突然の集客にアプリを活用するには、インストール数がとても重要です。
アプリ会員の特典を店頭POPなどを活用して告知し、「オトクな情報を配信している」ことを日頃からお客様に認知していただけるようにお声がけを工夫するとより効果が感じられるでしょう。

プッシュ通知機能でニュース開封率アップを支援。イベントやセールの告知等の情報配信、集客アップの手助けをしてくれるGMOおみせアプリについては、こちらをチェック。

アプリプッシュ通知の注意点

最後に、アプリプッシュ通知の注意点を解説します。

配信内容は分かりやすく簡潔に

アプリプッシュ通知を送る際には、アプリ提供元だけでなくユーザーにとって本当に必要な情報かどうかを吟味する必要があります。

ユーザーのニーズに合わないプッシュ通知が大量に送られてくると、ユーザーはわずらわしさを感じてしまうからです。

例えば、アプリのサービスは利用しているけれど実店舗が近くにない場合、毎日のように店舗の開店状況が配信されてきたらどう感じるでしょうか。

店舗の近くに住み、毎日のように足を運ぶユーザーにとっては有益な情報も、遠方に住んでおり店舗を訪れる可能性が限りなく低いユーザーにとっては不要な情報です。

ピンポイントで必要とされる情報を通知できるのがプッシュ通知の最大のメリットですが、不要な情報を送ってしまうと、プッシュ通知を送られること自体が一転してデメリットになってしまいます。

多くのユーザーは、毎日さまざまなアプリのプッシュ通知を受け取っています。こうしたことから考えても、通知の内容はできるだけ簡潔で分かりやすいものがよいでしょう。

「本日限定!10%OFFのお得なクーポン配信」
「アプリ会員様限定!ポイント10倍キャンペーン」
など、一目見ただけで内容が分かる通知はアプリの起動、利用に繋がりやすいです。

スマホの画面に表示される文字数は決まっているため、文章が長くなりすぎると重要なところで途切れ、内容が分からない通知になってしまいます。

ほとんどのユーザーは通知の文章を読んで「アプリを起動する」「後で詳しく確認する」「通知を削除する」といった行動を選んでいるため、配信内容が分かりにくいプッシュ通知は致命的です。

盛りだくさんの内容があったとしても、絶対に伝えたいワードを絞った分かりやすい配信内容を心がけるようにしましょう。

配信のタイミングは重要なポイント

プッシュ通知を見たユーザーのほとんどがその後すぐに開封して詳細を確認しています。

そのため、どの時間帯に配信するかはとても重要です。一般的には18時~23時の間の開封率が高いとされていますが、伝えたい内容によっては午前中のほうが良い場合もあります。

また、通知する相手がどのような職業で、どのようなライフスタイルを送っているかも重要なポイントです。

多くの人は通勤、通学中や昼休み、放課後や退社後、寝る前などにスマホを操作しているので、ユーザーがプッシュ通知を見て行動を起こしやすいタイミングで配信すると、効果を高めることができます。

配信する内容によっても最適なタイミングは異なります。

例えば、その日に行われるセールの告知であれば、朝がベストタイミングです。
しかし、その月に利用できるクーポンの配信であれば、スマホをじっくりと操作する余裕のある夕方から夜の時間帯が良いでしょう。

重要な通知は何度も送りたくなるものですが、頻繁過ぎるプッシュ通知はわずらわしく感じられ、敬遠されます。

フォローしているアカウントや作品の更新通知であれば頻繁でも構わないかもしれませんが、キャンペーンやセールの告知は1週間に1度、月に4度程度を目安に送るようにしましょう。

通知のON、OFFでアプリの起動回数が増減

Androidの場合、すべてのアプリのプッシュ通知はデフォルトでONになっています。

ダウンロードされたすべてのアプリにプッシュ通知を行うチャンスがあるわけです。ユーザーが必要とする情報をタイミングよく配信できれば、プッシュ通知を利用してアプリの起動へと繋げることができます。
しかし、iOS、Androidに共通していえることですが、すでにプッシュ通知を許可されているアプリでも、必要ないと判断されれば通知をOFFにされてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

ON、OFFの設定は簡単な操作で行うことができ、一旦OFFにされてしまうとアプリの起動回数が格段に減ってしまいます。

要注意!アンインストールのリスク

大量のプッシュ通知が送られてくると、ユーザーは開封するのが面倒になったり、すべてを確認できなくなったりします。

その結果、行われる最悪の事態がアプリのアンインストールといえるでしょう。アプリを起動してもらうために行っていたプッシュ通知が、アンインストールの原因になるのでは本末転倒です。

こうしたアンインストールのリスクを避けるためには「適切なタイミングで通知を行う」「配信内容を明確にする」「ユーザーのニーズに合った情報を通知する」といったポイントを組み合わせて行う必要があります。

アプリがアンインストールされることを恐れてプッシュ通知の回数を減らしすぎるのも問題です。
プッシュ通知が行われなくなるとアプリの起動回数が減り、アプリの必要性自体がなくなってしまいます。

それが原因でアンインストールされてしまうかもしれません。現在、数多くのアプリが存在し、ユーザーはより便利なものを求めてインストールとアンインストールを繰り返しています。

その中で、欠かせないアプリと認知されるためには、ユーザーのニーズをくみ取ってプッシュ通知を行うことが重要です。

 

【関連記事】

メルマガとアプリのプッシュ通知 開封率アップに効果的な方法とは?

メールやプッシュ通知、SNSは配信タイミングが重要!最大の効果を得る方法は?

『プッシュ通知』の便利な使い方

■アプリ導入を検討ならまずは資料請求


おみせアプリ資料請求


GMOおみせアプリは、リピーターを増やし、ロイヤルカスタマーを育成していくためには、こ役立つ機能が満載の集客アプリ作成サービスです。
集客方法に悩んでいる店舗様は、O2Oアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。