顧客を囲い込んでリピート来店を促進する方法としてポイントカードが見逃せないものになっています。しかし、導入はしてみたものの、「思うような成果を上げられない」と悩んでいる店舗も多いのではないでしょうか。

ポイントカードには、大きく分けて、自店でのみ使えるポイントカード、他の店舗でも利用できる共通ポイントカードの2種類があります。導入して成功につなげるためには、自店に最適なポイントカードを導入することが重要です。

今回は、自店独自のポイントカード共通ポイントカード、それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

自店向けのポイントカードとは

自店向けのポイントカードとは、自社や自店でのみ利用できるポイントカードのことです。共通ポイントカードのように他社や他業種での利用はできません。

ポイントカード導入によって期待できる効果

・顧客の囲い込み・再来店の促進
・客単価アップ・優良顧客の識別
・顧客満足度向上・競合店との差別化

これらを踏まえて、自店に独自のポイントカードが適しているかを検討することが重要です。

独自性の高い商品を販売している店舗、ブランド力のある店舗であれば、すでに競合店との差別化ができています。そのため、「おまけ」の性質の高い共通ポイントは再来店促進に大きく影響しないと考えられます。独自のポイントカードを導入したほうが、顧客の囲い込み効果が期待できるでしょう。

≪自店向けのポイントカードの種類≫

  • 紙のスタンプカード
  • バーコードタイプ
  • 磁気タイプ
  • リライトカード、など

自店向けのポイントカードを導入するとポイント管理顧客管理は自店で行う必要がありますが、CRM機能が搭載されたシステムを利用すれば、それほど手間をかけずに管理することが可能です。また、スマホアプリを使った自店独自のポイントカードシステムもあり、カードを発行する手間や顧客がカードをもつ面倒さがないので人気を集めています。

【関連記事】

ポイントカードシステム導入の3大メリットとアプリ化がオススメな理由

【ポイントカードではなく、スタンプカードの電子化を検討の場合はこちら】

スタンプカードのアプリ化!?アプリ作成サービスのGMOおみせアプリよりスタンプ+(電子スタンプ)が新登場!

自店向けのポイントカードのメリット・デメリット

自店向けポイントカードの最大のメリットは、自由度の高さにあります。ポイントの付与率や顧客への還元方法、独自のキャンペーンなどを自由に設定可能です。

他業種にもまたがるような共通ポイントカードには、さまざまな制限があります。一方で、自店向けのポイントカードはユニークなサービスの提供などアイディア次第でどのような設定も可能です。

また、共通ポイントカードのように発行したポイントが他店で使われてしまうようなこともありません。コストをかけて発行したポイントが他社の集客のために利用されたのでは、ポイントカード導入が意味のないものになってしまいます。

顧客管理に役立てやすいのも自店向けポイントカードのメリットです。来店頻度客単価顧客をセグメンテーションし、その顧客に合わせたアプローチをすることで再来店率を高めることが出来ます。

自店向けポイントカードのデメリットとしては、顧客がポイントカードを発行するメリットを感じにくい点です。とくに来店頻度の低いビジネスであれば、その傾向は強くなるでしょう。ポイントカードを発行する店舗が多く、すでに複数のポイントカードを持っている顧客は珍しくありません。さらに、もう1枚ポイントカードを追加してもつ顧客の面倒さも考慮しなければならないでしょう。

顧客が魅力を感じるポイントの使い方を提供できるかどうかが、自店向けポイントカード導入を成功に導くカギになります。

【関連記事】

店舗運営には必須!ポイントシステムの導入メリットと活用法

マーケティングは顧客管理が大切!その重要性と活用方法について

共通ポイントカードとは


共通ポイントカード
とは、加盟している店舗であれば業種や地域が異なっていても利用できるポイントカードです。

利用者も多く、ファミレスコンビニで会計の際に「○○カードはお持ちですか?」と聞かれることも珍しくありません。共通ポイントカードは自店独自のポイントカードとは違い、自店で付与したポイントが他店で利用される場合もありますが、逆のケースも含めて相互送客を目的にしています。いわば共通ポイントカードに加盟している店舗全体で顧客を囲い込もうとするシステムです。

≪代表的な共通ポイントカード(一部)≫

  • Tポイント(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)
  • Pontaポイント(ロイヤリティマーケティング)
  • Rポイント(楽天)、など

共通ポイントカードの各加盟店は自店で面倒な管理をする必要がありません。顧客にとっては「複数店舗のポイントを1つにまとめられる」「財布の中に何枚もカードを入れる必要がない」というメリットがあります。

競合店と同じ商品を販売していて差別化が難しかったり、来店頻度が高かったりするようなビジネスもあるでしょう。その場合は、共通ポイントカードの導入自体が競合との差別化につながるので、集客効果、再来店率アップが期待できます。

共通ポイントカードのメリット・デメリット

共通ポイントカードメリットは、他店からの送客が期待できる点です。自店のみでは来店頻度が高くなくても、他店と合わせられればポイントカードの利用頻度は高まるので、顧客に継続して使用してもらうことができます。

面倒な管理が必要ないのも共通ポイントカードのメリットです。
自店独自のポイントカードの場合は、ポイントの管理や顧客管理などすべてを自店で行わなければなりません。ですが、共通ポイントカードの場合は手間をかけずに顧客情報を利用できるので、そのような負担はありません。

自店独自のポイントカードとは違って利用できる情報は限定的となりますが、「顧客の所在地」「利用ポイントの状況」「リピート率」「購入単価」などを知ることができます。

また、ポータルサイトでの店舗紹介、販促ツールの提供など、共通ポイントカード提供会社のバックアップが受けられます。ブランド力のある共通ポイントカードに加盟すれば、店舗のイメージアップ信用度アップにつながる効果も期待できます。

共通ポイントカードのデメリットとしては、独自性を出しにくいことが挙げられます。たとえば、競合店が同じ共通ポイントカードを導入すれば差別化はしにくくなる事が予想されます。

費用が継続的にかかることも共通ポイントカードのデメリットです。導入費用月額費用ポイント関連費用などの経費が必要になります。そのため、積極的に販売促進を行っていかないとポイントカード導入の効果は感じにくいでしょう。

注意点としては、ある共通ポイントカードを導入すれば、それ以外の共通ポイントカードは使えなくなるということです。共通ポイントカードの選択によっては、集客にマイナスの影響が出る可能性についても導入前に考えましょう。近隣に同じ共通ポイントカードを利用できる店舗がどれぐらいあるかなども調査しながら、慎重に検討することが重要です。

まとめ

自店向けポイントカード、共通ポイントカード、それぞれのメリットデメリットを紹介しました。

自店向けポイントカード

メリット

  • 自由度が高い(ポイントの付与率や顧客への還元方法、独自のキャンペーンなど)
  • 発行したポイントは自店でしか使用できないため、再来店効果につながる
  • 顧客管理に役立てやすい(システム活用で顧客に合わせたアプローチが可能に)

デメリット

  • 顧客がポイントカードをもつメリットを感じにくい
  • 共通ポイントカードよりも顧客に導入してもらうハードルが高め

共通ポイントカード

メリット

  • 他店からの送客が期待できる
  • 手間をかけずに顧客情報を利用できる(情報は限定的)
  • ポータルサイトでの店舗紹介、販促ツールの提供など、共通ポイントカード提供会社のバックアップがある

デメリット

  • 独自性を出しにくい(競合他社との差別化が難しい)
  • 月額費用、ポイント関連費用などの経費が継続的にかかる
  • ある共通ポイントカードを導入すると、それ以外の共通ポイントカードが使えない

 

≪美容室や飲食店≫
独自のブランドを築きやすい店舗 ⇒ 自店向けのポイントカードがどちらかというと向いている

≪美容室や飲食店≫
商品では差別化しにくい店舗 ⇒ 共通ポイントカードがどちらかというと向いている

 

最後になりましたが、ポイントカード導入を売り上げ増集客増につなげるためには、緻密な戦略が必要です。
「ポイントを付与すれば集客になる」「他店も導入しているから」など、安易な計画のもとで導入してしまうと、費用対効果の悪いポイントカードになりかねません。自店のビジネスや運用方針に最適なポイントカードシステムを導入しましょう。

自店向けのポイントカードを発行する場合、顧客からすると新たなカードをもつのは面倒なものです。このような場合は、スマホアプリを導入する方法もあります。

GMOおみせアプリなら、スタンプ発行ポイントシステムが利用できるだけでなく、CRM機能を活用して顧客に合わせたクーポン発行なども可能です。顧客ロイヤリティを高め、囲い込むのに効果的なツールですので、ポイントカードの電子化に興味がある方は導入を検討してみてもよいでしょう。

GMOおみせアプリ詳細はこちら

おみせアプリ資料請求