子育て世代の集客アップを目的としたアプリを開発・作成する場合は、まず人気のアプリを知っておくことが重要です。ここでは、子育て世代の利用者が多いアプリについて紹介します。

≪この記事はこんな方にオススメです≫

  • 子育て支援アプリの需要や機能について知りたい方。
  • アプリ導入によって集客アップを目指したい方 。
  • アプリ導入方法やO2Oアプリの作成について知りたい方 。

1.子育て支援アプリの需要とメリット

子育て支援アプリは、スマートフォンの普及により、その数に比例するように利用する人が増えています。飲食店や衣料品店などを経営する店舗や企業では、すでにクーポンをアプリで配布するなど利用者の注目を引くような工夫をしています。お得な情報がアプリから配布されるたびに、利用者が増え、人気が広がっていくという仕組みはある程度確立しつつあります。また、簡単な情報を登録するだけですぐにアプリを使える点も魅力です。

子育て支援アプリは、子育て中で忙しい利用者にとってさまざまなメリットがあります。たとえば、子ども連れで外出するときなどに必要な情報を提供しているようなケースです。ベビーカーで入店ができるお店や、おむつが取り替えられる場所だけではありません。子どもが安全に楽しく遊べる場所の情報を簡単に検索でき、利用者に必要な情報がすぐに入手できるので注目を集めています。

2.子育て中に大活躍する3つのアプリ機能

子育て支援アプリを子育て世代に積極的に利用してもらうためには、「どのような機能があれば便利か」「新たに機能を取り入れるなら何か」「なにが人気で有効なのか」が重要です。利便性に優れている3つの機能について紹介します。

2-1.施設マップやイベントのお知らせ

「施設マップやイベント情報のお知らせ」は、子育てに便利なアプリ機能の一つです。タイムリーに子育てに関する情報の配信をします。

たとえば、幼稚園の空き状況が気になるときは、希望する場所に空きがあるか検索することが可能です。また、たとえ希望する幼稚園に空きがなかったとしても、近隣で空いている保育施設の一覧をタイムリーに表示してくれるでしょう。

さらに、小児科のある病院の情報の配信をしていたり、子育てに欠かせない支援施設の情報の提供を受けたりすることが可能です。施設マップは、行く予定がある施設に授乳スペースやおむつ替えができる場所があるかを地図で表示してくれます。そのため、「子育て中の人が初めて行く場所でも困らない」といったメリットがあるでしょう。

2-2.健診や予防接種のお知らせ

「健診や予防接種のお知らせ」も便利なアプリ機能です。あらかじめ子どもの生年月日や住んでいる場所を登録しておくと、乳幼児の健康診断や予防接種時期が近づいてくると自動的にお知らせが届きます。

さらに、予防接種などは決まった時期に複数回必要になるため、スケジュールを忘れてしまいがちです。予防接種のスケジュールが一覧表示される仕組みがあったり、予防接種を予約した日をアプリにセットすればアラームで知らせてくれるような便利な通知機能が利用できます。うっかり予防接種の日を忘れてしまうミスを事前に防いでくれるでしょう。このように、忙しい子育て中の人にとってはメリットに感じる便利な機能がいろいろあります。

2-3.妊娠中からの成長記録と写真の共有

妊娠から出産、子育て中は慌ただしく時間が過ぎていきます。「貴重な時間を記録に残しておきたい」「健康管理をして子育てに支障がないようにしたい」というニーズに応える「成長記録と写真の共有」は、子育て支援アプリのなかでも人気の機能の一つです。子どもの身長の成長スピードや、体重の増減など成長の様子をグラフ化して記録することができます。アプリを使えば、見たいときに成長記録を簡単にチェックできるので人気です。また、これらの成長データだけでなく、写真も記録できるため両親や家族と共有することができるのもメリットといえるでしょう。

3.子育て世代が愛用するアプリを紹介

子育て世代を中心に人気があるアプリは、子育てに役立つ機能が備わっていたり、子どもが楽しく利用したりできるような機能が含まれています。具体的に人気の理由やおすすめのポイントについて紹介します。

3-1.YouTube Kids

「YouTube Kids」は、YouTubeが提供している子ども向けのアプリです。楽しく利用できるこのアプリの特徴やメリットは、子どもが喜びそうな動画が豊富にそろっていることがあげられます。

たとえば、工作や折り紙などの作り方を動画でわかりやすく紹介してくれるものが豊富です。動画が安全なものかどうかは、自動フィルタや目視でモニター審査によって精査されているため、保護者も安心です。また、保護者から寄せられたフィードバックを迅速に反映させているため、より安全に子どもが利用できます。動画の見過ぎを防ぐために、子どもの動画視聴時間を保護者が管理できるため、適切なデジタル習慣が身につくこともメリットです。

参考:YouTube Kids

3-2.家族アルバム みてね

子どもの成長は、非常に早いため、成長の記録をできるだけ逃さずに写真に残しておきたい保護者も多いのではないでしょうか。

「家族アルバム みてね」は、無料プランと有料のプレミアムプランがあります。無料プランでも容量無制限で子どもの写真や動画をアップロードでき、画像を見ることができるのは招待した家族だけなので安心です。家族が見てくれたかどうかの「みたよ履歴」も残ります。

参考:家族アルバム みてね

3-3.キッズドクター

夜間や休日に突然子どもが発熱したり、うっかりケガをしたりすることがあります。たとえ、軽い症状にみえるようでも保護者としては不安になるでしょう。

「キッズドクター」は、病院が休みで対応ができない夜間や休日に、医師が無料で相談に応じてくれるサービスが特徴です。相談が無料であったり、直接医師に診察してもらえない時間帯でも自宅から写真を送ったりすることができるため安心です。それでも不安な場合は、医師への交通費として別途1500円負担することで、医師に往診を依頼できるのもメリットといえるでしょう。薬も処方してもらえます。

参考:キッズドクター

4.子育て世代の利用頻度が高い店舗アプリ

保護者がよく利用している店舗は親しみがあるため、その店舗のアプリも利用していることが多いです。ここでは、子育て中の人に人気のアプリを厳選しました。

4-1.アカチャンホンポアプリ

妊娠中や子育て中は、なにかとマタニティやベビー用品が必要になります。「アカチャンホンポ」は、ベビー用品の専門店なので店舗に足を運ぶ人も多いでしょう。しかし、店舗が遠かったり、忙しくて行く時間がなかったりする場合もあるかもしれません。

「アカチャンホンポ」公式アプリは、入会金と年会費が無料で、かつポイントがたまります。さらに、アプリに登録しなければ受け取れない、お得なクーポンやキャンペーンの情報があるので人気です。気になるクーポンが出たタイミングで店舗に行くなど予定も立てやすいのも魅力でしょう。育児や出産に関する有益な情報も必要なタイミングで届くように工夫されています。

4-2.西松屋アプリ

「西松屋」の公式アプリは、ベビー用品だけでなくマタニティ関連以外の衣料品も豊富です。無料でダウンロードでき、自分がよく利用しているお気に入りの店舗を登録することで、お得な情報をもらうことができるでしょう。

さらに、スマートフォンでチラシの画像をかざすと商品の情報がチェックできます。さらに、なかなか買い物に行けない人のためにネット通販も充実しているので、自宅で手軽に買い物ができるのも魅力です。

4-3.トイザらス・ベビーザらスアプリ

「トイザらス・ベビーザらス」は、子どもも大人も楽しめる店舗の雰囲気が魅力です。公式アプリは、無料でダウンロード可能でポイントカードとしても使えるような工夫がされています。

また、アプリに登録すると店舗だけでなくオンラインストアでも利用できるクーポンが配信されているので、家にいながら楽しく買い物ができる点もメリットです。さらに、店舗で買い物するときは、気になる商品のバーコードをスキャンすれば、商品の詳細情報を確認することができます。

子育て支援アプリを活用して集客率をアップさせよう!

子育て支援アプリを開発するときは、子育て世代がどのような機能が欲しいと考えているのか事前にリサーチすることが大切です。たとえば、子どもと一緒に出かけられる施設のマップを簡単に表示したり、健診や予防接種などの情報配信機能を充実させたりすることがアプリの集客を増やすことにつながります。

当サイトでは、アプリ制作や活用方法に関する無料の資料を多数ご用意しています。ご興味のある方はぜひ参考にしてください。

アプリ導入を検討ならまずは資料請求

GMOおみせアプリは、リピーターを増やし、ロイヤルカスタマーを育成していくために役立つ機能が満載の集客アプリ作成サービスです。


集客方法に悩んでいる店舗様は、O2Oアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

40秒で簡単入力! 無料で資料請求する