最近ではスマートフォンが普及したことをきっかけに、買い物はインターネット上で済ませるという人が増えています。便利な世の中になった一方、集客や売り上げに伸び悩んでいる店舗様は多いのではないでしょうか。

そんなとき助けとなるのが「O2Oアプリ」です。O2Oアプリは、アプリ上で商品やサービスの情報を見たユーザーを、実店舗へ誘導するための販売促進ツールです。

O2Oアプリを効果的に利用し、顧客獲得を目指しましょう。

◇O2Oアプリとは

「O2O(オーツーオー)」「Online to offline」の略で、オンライン(インターネット)からオフライン(実店舗)へ顧客を誘導するための集客・販売促進方法のことです。

主にお店のホームページブログSNSを利用して行われることが多いですが、その中でもO2Oアプリは、顧客を管理しやすく、リピーターを育成する効果が期待できます。

今回ご紹介する「GMOおみせアプリ」には、集客・売り上げアップのための機能がふんだんに盛り込まれています。

O2Oといっても何をしたらいいのかわからない、できることはなんでもやりたいけど失敗はしたくない、といった店舗様におすすめのサービスです。

さっそく、その機能と活用例をご紹介していきます。

【関連記事】

店舗アプリの活用方法≪店舗情報のプラットフォームにしよう!≫

店舗アプリ導入・開発・作成の料金・メリットとは?スマホ集客アプリの事例もご紹介!

◇プッシュ通知で休眠化を防止

店舗を存続させていくために何よりも大切なのは、顧客に店の存在を忘れさせないことです。

そこで非常に有用なのが、アプリ機能のひとつ「プッシュ通知」です。

プッシュ通知とは、アプリをダウンロードしたユーザーのスマートフォンに、店舗からの案内を表示させるお知らせ機能のことです。好きなタイミングで指定した文章を通知することができ、それをきっかけにユーザーはアプリを開いて詳細を確認してくれます。

プッシュ通知の開封率は高く、クーポンセールなどのお得情報を通知すればさらに多くの人が見てくれるでしょう。

また、全員に一斉送信するだけでなく、女性のみ、学生のみ、30代のみなど、特定の人に指定して送信したり、来店頻度などのセグメントによって送る内容を変えることも可能です。

開封数を管理することもできるので、ユーザーの反応を研究し、今後の戦略に役立てることもできます。

せっかくアプリをダウンロードしてもらっても、そのまま忘れられてしまっては意味がありません。そうならないためにもプッシュ通知を効果的に利用しましょう。

【関連記事】

メールやプッシュ通知、SNSは配信タイミングが重要!最大の効果を得る方法は?

【飲食店・美容室】集客アップに効果的なクーポン事例とO2Oアプリ活用法

◇スタンプカード、ポイントカードをアプリにまとめよう

多くの店舗で導入されているスタンプカードポイントカード。スタンプを貯めてサービスや商品と交換したり、貯まったポイントを買い物に利用できたりと、ユーザーにとってメリットがあるため、継続来店してもらうための効果的なアイテムと言えるでしょう。

GMOおみせアプリでは、このようなカードをアプリ上で管理することができます。雨の日はスタンプ◯倍、ポイントの付与率は◯%など、お店オリジナルの条件が指定できるほか、貯まったスタンプの数に合わせたクーポンの自動発行などが可能です。

・店舗のメリット

アプリQRコードバーコードを読み取ることでスタンプポイントを手軽に付与・管理することができるため、店舗スタッフの負担が軽減されます。

レジ周りのやり取りがスムーズになり、ミスも減るでしょう。カードを持っていないお客様にもその場でアプリを案内しダウンロードしてもらえば、その後の定期的な来店につなぐことが期待できます。

・ユーザー(顧客)のメリット

紙のカードは失くしてしまったり、家に忘れてきてしまったりするお客様も多く、そのたびに店舗側はカードを再発行したり、レシートに仮のスタンプを押して次回来店時に持ってきてもらったりと、双方にとってなにかと不便なことが多くあります。

アプリ上でカードを管理すれば、そういったデメリットがなくなり、より快適にお客様に利用してもらうことが可能となります。

【関連記事】

スタンプカードをアプリで管理すべき5つの理由とリピーター集客につなげる活用方法

ポイントカードシステム導入の3大メリットとアプリ化がオススメな理由

◇ターゲットの属性に合わせた情報配信でファンを増やそう

GMOおみせアプリにはアプリをダウンロードする際に顧客情報を入力する画面があり、年齢や性別のほか、住まいや職業などの属性情報をお客様からもらうことが可能です。

その情報をもとに、この職種のかたにはこのクーポンが好評だった、このお知らせの開封率が高かったのはこの年代、などの統計を取り、今後の販売戦略に役立てることができます。

ファンを獲得するためには、より的確にアプローチしていくことが重要です。

【関連記事】

今はもう当たり前!?店舗アプリで顧客の囲い込み

店舗向けアプリを活用したクーポンの集客効果を最大化する3つのポイント

◇ロイヤルカスタマー戦略

 

ロイヤルカスタマーとは、店舗やサービスの利用頻度が高い顧客のことです。GMOおみせアプリでは、来店履歴やポイントの付与、利用履歴などを見ることができるので、それをもとにロイヤルカスタマーを選別・管理することができます。

ロイヤルカスタマー限定のシークレットセールの情報やクーポンを配信したり、アップセル(今ある商品の上位互換を買ってもらうための告知)をしたりと、ロイヤルカスタマーを維持し、より売り上げをアップするための施策が可能となります。

また一度だけお店を利用した新規顧客を次につなげるためのクーポンや、ロイヤルカスタマーとまではいかなくても定期的に来店してくれる固定客に向けてのクーポンなど、その顧客のランクに合わせた情報発信も可能です。

なお、オプションでランクアップ会員に登録すれば、自動的に顧客のランクを仕分けることができます。またユーザーのアプリの画面上にもランクが表示されるようになります。

ランクがあがるごとにお得な特典を用意すれば、ロイヤルカスタマーの増加につながるでしょう。ユーザーの購買意欲をあげるためにも、こういった機能は最大限に活用することをおすすめします。

【関連記事】

≪経営安定化≫ロイヤルカスタマー育成戦略と成功事例

リピーター集客【完全ガイド】 5分で分かるリピーターの獲得方法

マーケティングは顧客管理が大切!その重要性と活用方法について

◇EC、予約機能、スマホ決済との連携で利便性アップ

ECとは、「electronic commerce(エレクトロニック・コマース)」の略で、インターネット上で買物ができるサイトのことです。

GMOおみせアプリには、ECサイトを作成・運営することができるオプション機能「GMOおみせアプリ カート+(プラス)」があります。アプリと連動させるだけでなくWEBにも対応していますので、お持ちのスマホサイトからリンクさせて活用することもできます。

カート+を利用することで、商品やサービスの登録、顧客の管理、クーポンやポイントの付与など、ネットショップを運営するにあたって発生する手間のかかる作業を簡単に行うことができます。また、銀行振込代引き後払いのほか、クレジットカード決済にも対応しているので、お客様はスマートフォンひとつで買い物を済ませることができます。

ECサイトはネット上での売り上げを伸ばすだけでなく、お客様に実店舗へ足を運んでもらうきっかけとなります。たとえばECサイトで商品を購入、もしくは予約をし、商品自体は店舗に受け取りに来てもらうという仕組みを作れば、お客様に店舗で「ついで買い」をしてもらえる可能性が高まります。

来店クーポンや、来店ポイントなど、お客様にとってメリットとなるものをECサイト上で配布すれば、さらに多くの人に足を運んでもらえるでしょう。

そして実際の店舗の雰囲気や接客を感じてもらい、店舗への愛着を持ってもらうことで、その後の継続した来店につながるというわけです。

また、Web版とアプリ版を併用できる予約機能として「GMOおみせアプリ リザーブ+(プラス)」があります。美容室、飲食店、リラクゼーションサロンの予約はもちろん、スクールの受講予約など業種を問わずご利用いただけます。

使い方は担当者を選択し、希望のメニューを選び、最後に希望日時を選ぶだけでの簡単操作です。直感的に操作できるので予約をスムーズにします。

たとえば現在は電話での予約受付のみで、接客中でなかなか電話に対応できないことがある場合は、顧客の来店機会損失を防ぐためにも予約システムの導入を検討してみてもよいでしょう。

最後に、スマホ決済に興味がある方には「GMOおみせPay」がおすすめです。従来の決済端末を使わず、お客様のスマートフォンでお支払いができる、スマホ決済サービスです。

GMOおみせPayにいつもお使いのクレジットカード(VISA、MasterCard)を登録したら、店舗(*1)での決済時にスマホを使って決済できます。

(*1)全国のおみせPayの導入店舗でご利用いただけます。

【参考・参照】

GMOおみせアプリ カート+(プラス)

GMOおみせアプリ リザーブ+(プラス)

GMOおみせPay

【関連記事】

予約システムの導入のメリットは?機会損失とオペレーションの軽減

【完全攻略】スマホ(モバイル)決済のメリット・デメリット~スマホ決済アプリでカード決済をかんたんに!~

◇活用事例

GMOおみせアプリを導入している店舗の半数以上は美容系飲食店ですが、そのほかにも雑貨屋習い事スクールなど、幅広い業種で利用されています。

・美容系

【来店スタンプとニュース配信が再来店促進と活性化に!】

宮城県 美容室アリエス×カイルさま
https://www.contents.digitallab.jp/app-case161219.html

【来店スタンプがお客さまに好評!】
脱毛・エステ総合専門サロンRegina & offcelluさま
https://www.contents.digitallab.jp/170309.html

・飲食系

【売上120%&再来店UP!】

食べログラーメン部門全国1位!
東京・新小岩の超人気ラーメン店 麺屋一燈さま

https://www.contents.digitallab.jp/menya-itto.html

【メルマガから切り替えに成功!】
札幌市の THE END CAFEさま
https://www.contents.digitallab.jp/the-end-cafe.html
【移動販売が円滑に!】
札幌市のドーナツ店 sweets&donuts Do.さま
https://www.contents.digitallab.jp/sweets-and-donuts-do.html

・小売・サービス系

【年齢層が高めの方にも好評!】
札幌市の老舗お餅店 もち処「一久大福堂」さま
https://www.contents.digitallab.jp/daifukudo.html
【ニュース配信が来店のきっかけづくりに!】
札幌市琴似の「雑貨フェレストラン」プロヴィンシャルノート
https://www.contents.digitallab.jp/app-case170127.html

・宿泊・観光・レジャー系

【運用もかんたん!】
札幌市 つきさむ温泉さま(とんでんグループ)
https://www.contents.digitallab.jp/tsukisamu-onsen.html
【ロイヤルカスタマー増加中!】
北海道の株式会社第一寶亭留/翠山亭(定山渓・支笏湖・富良野)さま
https://www.contents.digitallab.jp/daiichihotel.html
【顧客の利便性を追求!】
広島県安芸高田市のリージャスクレストゴルフクラブ
(株式会社高宮ゴルフクラブ)さま
https://www.contents.digitallab.jp/regus-crest.html

・スクール・ジム・習い事系

【回数券の販売数が1.5倍に!!】

札幌市のクライミングジム WhipperSnapperGymさま
https://www.contents.digitallab.jp/whipper-snapper-gym.html

 【コスト削減&集客対策に!】
神奈川・茅ケ崎の株式会社のぼる場(ボルダリングジムNOBORUBA)さま
https://www.contents.digitallab.jp/noboruba.html

いずれもO2Oアプリをうまく利用した効果的な集客方法です。

このほかにもニュース配信機能で、次回の来店案内を顧客に配信することで予約忘れ防止に成功したり、アプリで配信したクーポンをきっかけに新規顧客の来店率がアップした店舗や、タイムライン機能でお客様とのコミュニケーションをはかり、来店のきっかけを作っている店舗もあるようです。

また、アプリのスタンプカード機能を利用したことで会員カードの紛失等による再発行の手間をなくすことができ、お客様からも好評をいただいている店舗も増えています。

O2Oアプリを検討されている方は、上記活用例を参考にしてみてください。

◇まとめ:O2Oアプリで戦略的なアプローチを

GMOおみせアプリは、O2Oのための機能をふんだんに盛り込んだオールインワンパッケージといえるでしょう。

新規顧客の獲得だけでなく、リピーターを増やし、その中からロイヤルカスタマーを育成していくには、こうしたO2Oアプリを利用して戦略的にアプローチをしていくことが大切です。

集客方法に悩んでいる店舗様は、O2Oアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おみせアプリ資料請求