ビジネスを成功させる上で非常に重要なことがあります。

それは、「どのようなマーケティングを展開していくか」ということです。どんなプロジェクトであろうと、その結果はマーケティング次第で決まると言っても過言ではありません。

ここでは、ビジネスを成功させるために知っておくべきマーケティングの意味やその手法を詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

≪この記事は以下のような方におすすめです≫

  • どのようにマーケティングをすればいいのかわからない方
  • 2019年最新のマーケティング手法を自店・自社で導入したい方

マーケティングとは?

そもそもマーケティングがどんなものなのかをあまり理解できていないという方も多いかもしれません。まずは、マーケティングの定義を理解するところから始めましょう。

マーケティングとは、「商品開発や宣伝、市場分析など、顧客の欲求を満たす為に行われるありとあらゆる企業活動の総称」です。

また、顧客価値を生み出す為の理念やプロセスも同義です。企業にはそれぞれが掲げるマーケティング理念があり、企業の活動のすべてはその理念にもとづいて行われています。

ここまでがマーケティングの大まかな概念ですが、これだけではあまりピンとこないという方もいることでしょう。もう少しわかりやすく解説していきたいと思います。

ビジネスを進めていく上での「戦略」

ビシネスで成果をあげるためには、入念な戦略を立てなければなりません。

マーケティングとは『ビジネスを進めていく上での「戦略」』のことを指します。

  • どんな価値を
  • どの消費者層に
  • どういった手法で提供するか

を定め、的確にアプローチしなければ顧客を獲得することはできません。

どんな事業も、成功の裏には必ず緻密なマーケティングが展開されています。

マーケティングは何をすればいいの?

マーケティングの意味と重要性を理解したところで、次に必要なのが実践です。しかし、マーケティングと一言で言ってもその内容は非常に幅広く、はじめから完璧に行うのは難しいです。

最初に取り入れるべき戦略や対策を紹介していきますので、ひと通り目を通しておきましょう。

自社サービス・商品の価値を市場に伝える

どんな優れたサービスや商品を開発しても、それを知る人がいなければ何も始まりません。

まずはサービス・商品のことを市場に伝えることから始めましょう。その際には、その価値をしっかり伝えることを意識しなければなりません。

キャッチコピーを用いるなど伝達にはさまざまな手法がありますが、どんな手法であってもわかりやすく、間違った印象を与えないことが大事です。

売れる仕組みと方法を考える

人気のあるサービスには、そこに至るまでの確かなプロセスが存在します。そして、「集客→提供→クチコミ」と言った循環、つまり「売れる仕組み」がしっかりと構成されているのです。

集客にはチラシやウェブなど、

  • どのような手法を使うのか
  • サービスの提供手段はどうするのか
  • クチコミで紹介してもらうにはどんなサービスや仕掛けが必要なのか

ということを、ひとつずつ考えていかなければなりません。

なかなか考えが浮かばないときには、他の企業のビシネススタイルを参考にするといいでしょう。成功している企業から学ぶことで、何か大きなヒントが得られるかもしれません。

競合について分析し、対策を立てる

市場ではあらゆるサービスが混在しており、そのサバイバルを生き抜いていくのは容易なことではありません。他社の動向を知り、自社のオリジナリティを押し出して差別化を図っていかなければ、消費者の心を掴むことはできないでしょう。

市場調査を入念に行ってどんなサービスがあるのかを学び、対策を立てることが成功への第一歩となります。

また、その調査の対象は競合相手だけではなく、消費者の需要などにも目を向ける必要があります。調査をする際には偏った考えは捨て、広い視野を持つことが重要です。

顧客を増やしたり、囲い込むための戦略を考える

消費者には一人ひとりに違った価値観があり、より多くの顧客を獲得するには色々な視点を持ったアプローチが必要になってきます。また、新規の顧客を獲得したあとには、その顧客を囲い込むことを考えなければなりません。

一度獲得した顧客を離さないようにするためにまず必要なのは、信頼感や安心感を与えることです。満足度の高いサービスを提供することはもちろん、初回客のアフターフォローを行うなどの細かな心遣いが大切になってきます。

その他にも、ブランドイメージを形成するために企業スタイルを確立したり、優良客に対する限定イベントを企画したりと、顧客の獲得・育成にはそれなりの信念や労力が必要です。

ビジネスを安定させるためには、これらを継続的に行いながら常に顧客目線に立ったマーケティングを展開していかなければなりません。

マーケティング方法・手法の種類

マーケティングにはさまざまな実践事例があり、多くの企業がその事例に基づいたマーケティングを展開しています。では、どんな手法が存在するのでしょうか。代表的なマーケティング手法をいくつか紹介していきます。

あくまでここに挙げるのはほんの一例ですので、自社のスタイルに合ったものを取り入れるようにしてください。

これらを参考にして、自分の事業内容に適したマーケティング手法を考案していきましょう。

Webマーケティング

Webマーケティングとは、インターネット上で行われるマーケティングのことを指します。

自社でWebサイトを立ち上げて情報発信したり、オンラインショップを設立したり、検索エンジンやインターネット広告を利用して集客を図ったりすることで、顧客の購買活動を促します。

チラシやDMなどのオフラインマーケティングに比べて人件費や広告コストを比較的抑えられるというメリットがあるので、多くの企業が取り入れているマーケティング手法です。

オンラインショップなら、実店舗がなくてもサービスを提供することができ、遠くに住んでいる顧客にも商品を提供することが可能になります。

また、顧客の側にとっても、外出をしなくても自宅に商品が届けられるなど利便性が高いことから、とくに販売業においては欠かすことのできない手法となっています。

さらにWebサイトは、

  • 来訪者がどの広告を見てきたのか
  • どのページにアクセスが集中しているかなど

詳細なデータを集めることもできるので、消費者の動向を分析することでより効果的なマーケティングを展開することが可能になります。

【関連記事】

Webで集客する方法とは?有効な施策や実際の手法を紹介

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、ソーシャルネットワーキングサービスを用いた手法です。

SNSマーケティングもWebマーケティングの一環ではありますが、Webマーケティングに比べてよりダイレクトなアプローチが可能になるという性質があります。

たとえばWebサービスであれば、検索エンジンや広告などを利用して消費者との接触を狙いますが、顧客の流入数としては一定にとどまる傾向にあります。

SNSマーケティングはその点、ユーザーとの直接的な関わりをもつことで顧客ロイヤリティを育むことが可能であり、拡散機能もあるためクチコミ効果も期待できます。場合によっては爆発的な顧客の流入につながることもあり、その可能性は計り知れません。

ユーザーの興味・関心を引くことができれば、熱狂的なファンを獲得することも可能なので、SNSマーケティングはとくにブランドイメージの形成や認知度の向上において力を発揮する手法と言えるでしょう。

一方でその特性は使い方を間違えると炎上を引き起こし、ブランドイメージを低下させることにもなるので、上手に使っていかなければなりません。

【関連記事】

企業の戦略・SNSマーケティング!その活用事例も紹介!

動画マーケティング

動画マーケティングも主要なマーケティング方法のひとつとして多くの企業に取り入れられています。真っ先に思い浮かぶものとしてテレビコマーシャルが挙げられるでしょう。

テレビコマーシャルは一般的にハードルの高いイメージがありますが、近年では動画アプリなどのウェブサービスを利用した動画マーケティングの事例もたくさんあり、企業、個人を問わず、かなり浸透している手法となっています。

動画マーケティングの特徴は、訴求力が高く、より印象に残るプロモーションやブランディングが可能であるということです。動画は、視覚と聴覚の両方に訴えかけることができるので、文章よりもわかりやすく、字幕やBGMも活用すれば、より的確にサービスの価値を伝えることができます。

また、テレビコマーシャルをなんとなく眺めているときに、たまに一風変わったものやインパクトのあるものに目が留まり、それがしばらく頭から離れないというケースがあります。これが後にクチコミとなって多くの人に認知されていく現象は、皆さんも目にしたことがあるでしょう。

このように、動画マーケティングは話題作りに特化した手法であるということも言えます。

顧客獲得のきっかけは、どれだけ話題になるかということが大部分を占めていると言っても過言ではなく、市場にアプローチをすることを考えたときに、まず動画で仕掛けるというのはとても効果的です。うまく使えば一瞬で消費者の心を掴むことができるでしょう。

【関連記事】

動画マーケティングは企業にどんなメリットがある?動画広告で成功するコツ

O2Oマーケティング

O2Oマーケティングとは「Online to Offline」の略で、来店の動機となる具体的なメリットを提示することで、オンライン(Webサイトやアプリ)からオフライン(実店舗など)へ消費者を誘導させる施策を意味します。

主な例として飲食店によるWebクーポンの配布が挙げられます。

スマートフォンの普及によりネットサーフィンなどでオンラインに時間を割く人が増え、買い物する際はWebショッピングで済ませる人が多くなりました。また、その他のサービスを利用する際にも、事前に価格やサービス内容を調べるのが一般的になり、消費者をオフラインの場に導くことが困難になりました。

インターネットを利用すればオンラインであらゆるサービスを提供することができますが、レストランや美容院などの場合、どうしても実店舗を構える必要があり、消費者に足を運んでもらわないことには利益を生み出すことができません。

そこで考えられたのが、このO2Oマーケティングです。

期間限定の特典やWebクーポンを配布してサービスに付加価値を与えたり、ネット予約ができるシステムなどを導入して面倒な手続きを解消したりすることは、オフラインでビジネスを展開する企業にとって欠かせない要素となっています。

【関連記事】

アプリ集客方法をO2O活用事例から学ぼう!効果を徹底分析!

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの定義はとても広く、正しい理解はあまり浸透していません。その要因として、特定のメディアやフォーマットに限定されない手法であるということが挙げられます。

よく例に挙げられるものとしてブログ記事や動画番組がありますが、ベースがテキストでも動画でもコンテンツマーケティングは成立し、アプローチの手段は多岐にわたります。

このように、コンテンツマーケティングの本質は一定の手法にあるわけではありません。重要なのは、価値のある一貫性の備わったコンテンツを伝達するということです。

ユーザーが体感したいと思えるコンテンツを提供し続けることで見込み客を獲得し、最終的に利益に結びつく行動を促すことがコンテンツマーケティングの目的です。顧客のニーズを育成するのにある程度の期間が必要になりますが、発信したコンテンツは資産として蓄積されます。

わかりやすく表されたものといえば、ユーチューブの個人チャンネルでしょう。

興味を持った動画のアカウントを訪れると、他にも魅力的な動画が並んでいるのを発見します。コンテンツマーケティングは、他の手法に比べて顧客を獲得するのに苦労をともないますが、一度興味を持ってもらえればそれまで発信し続けたコンテンツにも目を向けてもらえるようになり、顧客に自発的な関心を抱かせることができます。

顧客のニーズに沿った情報提供は、煙たがられることもありません。さらに、一定の期間が過ぎれば無くなってしまう広告などとは違い、長期的に効果を持続させることができるので、投じるコストがムダにならないというメリットもあります。

世に溢れるさまざまなコンテンツもユーザー自身が取捨選択できるようになったことで、テレビコマーシャルのような一方的な広告メッセージではユーザーの求める情報を提供できなくなりました。

それゆえに、コンテンツマーケティングはどの業界にとっても重要な手法として注目を集めています。

【関連記事】

コンテンツマーケティングはなぜ必要か。メリットとデメリット

コンテンツマーケティングのよくある課題と解決法

まとめ

以上、マーケティングについて詳しく解説してきましたが、ビジネスモデルには非常に多くのものがあり、成功している企業でも、その手段は実にさまざまです。

どのマーケティング手段が結果を出しやすいかといっても明確な答えはなく、戦略を練るにあたっては迷いが出ることもあるでしょう。

今回の記事をよく読み、自社のスタイルや事業内容など総合的に判断しながらマーケティングを展開していくことが成功を実現する上で重要なポイントになるでしょう。

【関連記事】

マーケティングは顧客管理が大切!その重要性と活用方法について

リテンションマーケティングの効果と施策事例、ツールのご紹介

O2Oアプリ集客方法を活用事例から学ぼう!効果を徹底分析!

アメブロで集客できない?集客効果をアップする3つの方法

プロダクトアウト・マーケットインとは? 意味や違い、メリット、事例まで徹底解説