マーケティング分析というと難しいことのように感じる方も多いのではないでしょうか?

マーケティング分析にはフレームワークがありこれを利用することでポイントを押さえた分析が誰でもできるようになります。

マーケティング分析とはなんなのか、7つの代表的なフレームワークを使ってどんなマーケティング分析ができるのかについて詳しく解説していきます。

マーケティング分析とは

マーケティング分析とは、自社のデータを収集、管理して運用することです。

すべての情報ソースや、ウェブサイトなどの集客するための媒体や径路であるチャネルからデータを収集して結合し、マーケティングがどのように機能しているかを分析して改善点を見つけ出します。そのためのプロセスや、施策を評価するためのテクニックを含めてマーケティング分析と呼んでいます。

マーケティング分析にはコンタクト数など様々な指標が用いられ、多面的に分析することでマーケティングが有効なのか、収益につながっているのかを判断し改善の材料にします。

マーケティング分析の方法には、共通して用いることができるフォーマットともいえるフレームワークがあります。フレームワークを用いることで分析のポイントをパターン化し、誰でも簡単にマーケティング分析ができます。フレームワークは何種類かあるので、必要に応じて使い分けます。

続けて代表的な7つのフレームワークについてご紹介します。

3C分析とは

  • Customer(顧客や市場)
  • Competitor(競合他社)
  • Company(自社)

の頭文字です。この3つの観点から自社の経営環境を分析します。

顧客や市場については顧客のニーズや消費行動、市場の成長性などを、競合他社については競合企業のシェアや業界でのポジション、特徴などについて分析します。

自社についても複数人で分析することで強みや弱みなど、見落としや視点の漏れをなくし、共通認識の構築を期待できます。

できる限り客観的なデータを収集し、良い点悪い点の両面から分析することでミクロな環境分析が可能です。

PR:GMOおみせアプリのデモを体験する

 

8,000店舗/2,800社以上を成長させた最強ツールを今スグ体感!!

>>無料のデモを体験する!!<<

4P分析とは

  • 製品(Product)
  • 価格(Price)
  • 流通(Place)
  • プロモーション(Promotion)

の頭文字のPをとって4P分析といいます。これら4つはマーケティングに際し企業がコントロールすることのできる要素であり、適切に組み合わせることでビジネスの成果を実現していきます。4つの要素を適切に組み合わせるための検討をマーケティングミックスと呼びます。

戦略として重要なのは、顧客のニーズや行動と4つの要素の適合性、4つの要素それぞれの適合性です。

具体的には、顧客が求める製品を顧客の購買行動に合った場所で宣伝し適切な価格で売ることができているのか、製品のコンセプトや価格設定、売るための広告や場所に矛盾や齟齬が生じていないかを分析します。

4要素の最適な組み合わせによって経営成果の最大化を目指すことが目的です。

5フォース分析とは

自社を取り巻く環境を業界内の要因「業界内の競争業者」「売り手」「買い手」と、業界外の要因である「新規参入業者」「代替品」の5つの要素で、それぞれの状況と自社にとっての脅威の程度を3C分析同様ミクロの環境から分析します。整理することで、どのように脅威に対応するかの検討材料になります。

競合他社は自社のビジネスにおける直接の競争相手です。市場での競合他社の数や規模の大きさなどを、できるだけ客観的なデータに基づいて分析します。

売り手については、希少な原材料や代替不可能な技術などの供給元が価格の決定権を持つ場合、その関係性によって生じる値上げや供給停止などの脅威を分析します。買い手は、自社製品を購入して利用する消費者との関係性です。競合他社の製品や代替品へ消費者が流れたり買い控えなどの脅威を分析します。

外的要因である新規参入業者は、成長市場だけでなく成熟市場でも見られます。他の市場でのノウハウや技術を利用して参入した業者が市場のルールを一変させることもあるため、資本規模が大きく優れた技術をもつ企業の市場参入は大きな脅威となり得ます。代替品については、買い手側の認識が市場と異なり別の枠組みの中で利用された場合や、携帯電話のカメラなどに見られる技術革新によって境界が曖昧になったときに起こる脅威です。

STP分析とは

  • セグメンテーション(Segmentation)
  • ターゲティング(Targeting)
  • ポジショニング(Positioning)

の頭文字です。商品やサービスを市場に出す前に行う一連の分析や検討事項を指しています。

セグメンテーションによって消費者の性別や年齢など、なんらかの基準で市場をいくつかに細分化し、ターゲティングによってその中のどの市場を狙うかを決めます。ポジショニングによって、狙う市場の中での自社の立ち位置を決めます。市場を優先度によって絞り込むことで、自社と商品などの見せ方を定めます。

SWOT分析とは

  • 強み(Strength)
  • 弱み(Weakness)
  • 機会(Opportunity)
  • 脅威(Threat)

の頭文字です。自社がコントロールできない外部環境の中にある機会と脅威を捉え、内部環境である自社の強みをどのように生かし、弱みを克服するかを分析します。

「強みと機会」「弱みと機会」などのように外部環境と内部環境をクロスさせて分析するクロスSWOT分析によって、「強みを生かして機会を捉える」「機会を生かすための弱みの補強」などの戦略を立てるために使います。

4つの要素の洗い出しに3C分析や5フォース分析など他のフレームワークを利用すると、漏れやダブりをなくすことができます。また前述の4P分析は、SWOT分析によって立てた戦略の下で実行するものです。

PEST分析とは

3C分析がミクロな環境分析の手法であるのに対し、PEST分析はマクロの環境分析手法です。

  • 政治的要因(Politics)
  • 経済的要因(Economics)
  • 社会的要因(Society)
  • 技術的要因(Technology)

の頭文字です。

法律の制定や政権交代、景気の動向や技術革新、流行や教育などを大局的に分析してビジネスの機会や脅威を把握します。

バリューチェーン分析とは

バリューチェーンは、「価値の連鎖」と訳されます。

原材料の仕入れから商品が消費者の手に渡るまでの企業が行うすべての活動の連鎖を、価値の連鎖としてとらえて分析します。

企業の活動を製造やサービスといった「主活動」と、人事管理や技術管理といった「支援活動」に分け、実務の中のどの部分で多くのバリューが生じているか、逆にコストがかかっている活動はなにかを可視化し、コストの削減や強み、弱みを知る手がかりとして、戦略の実行をブラッシュアップします。

マーケティング分析を用いて効率的に戦略立案を!

マーケティング分析は今回ご紹介したフレームワークで、市場内外を問わず様々な要素から自社サービスを分析し、強みや改善点を洗い出すことが可能です。分析で分かったことを反映することで、さらにマーケティング活動の効果が向上することが見込めるでしょう。

また、PEST分析でご紹介したように政治や景気の動向など、世の中の流れやトレンドの情報収集も重要でしょう。

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
8,000店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

電子スタンプ

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査