顧客に効果的なPRをする上では、タイミングを選ぶことが1つのポイントになります。インターネットを活用したWebマーケティングでも、このようなタイミングは重要です。

Webマーケティングは物理的には24時間可能ですが、タイミングによって顧客からの反応には差が出てきます。

今回は、最適なタイミングでアプローチをするための方法をお伝えしていきます。メールプッシュ通知SNSなどを取り上げて、ノウハウをご紹介していきましょう。

メルマガ配信に最適なタイミングは過去のデータから分かる!

メルマガは、Webマーケティングでもポピュラーなアプローチの1つです。こういったメルマガは、セールやキャンペーンの詳細、新商品の案内など、様々な情報を盛り込めるのがメリットです。

ただ、登録している顧客のメールアドレスにやみくもに配信しても、予想していたような反応が返ってこないケースも多々あります。顧客によっては、受信したメルマガをそのまま読まずに削除してしまうこともあるでしょう。

このような状況に陥るのを避けるには、メールの開封率や開封されやすい時間帯などを知ることが1つの方法になります。送信したメルマガに対しての顧客の反応は、幾つかのエンゲージメント指標をチェックすることである程度知ることができます。

顧客の反応が分かるエンゲージメント指標は、Webマーケティング業界でも注目されつつあり、メルマガ配信にも活用できるツールです。たとえば、「メールの開封率」「メルマガに記載したリンクのクリック率」といったエンゲージメント指標が高ければ、顧客からの反応も高めと判断できます。

エンゲージメント指標が高かったメルマガにどのような特徴があるかが分かれば、PRをするに当たっても1つのヒントが得られます。顧客のエンゲージメントのデータを調べることで、最適な配信タイミングが掴めるわけです。

【関連記事】

メルマガの開封率を上げる2つの方法と新手法!?

タイミングはプッシュ通知の開封率にも影響

スマホアプリなどを通じて配信するプッシュ通知は、もともと顧客の目に留まりやすいという特徴があります。

プッシュ通知はタイムリーなお知らせとして画面上に表示されるため、ついチェックしてみたくなるのが多くの方の傾向です。実際、ある企業が行った調査でも、90パーセント以上の方がプッシュ通知を開封しているという結果が出ています。メルマガのようにメールソフトを起動する必要もないため、開封率自体は高くなる傾向があります。

また、プッシュ通知の配信タイミングを決める際も、アクセス解析などを通じて顧客が開封している時間帯を前もって調べておくとよいでしょう。

たとえば、多くの方がお昼休みに入るお昼どきや帰宅後の夕方から夜にかけては、プッシュ通知の開封率が上がる時間帯です。通勤通学の電車の中でプッシュ通知を開封する方も、少なくないでしょう。このような時間帯を選べば、顧客が開封してくれる可能性は高くなるかもしれません。

ただ、プッシュ通知の場合は、配信タイミングだけでなくタイトルにも工夫を凝らすことが必要です。タイトルを見てすぐに開封するか、後から開封するかを決めるというパターンが1番多いため、配信のタイミングだけでは開封率をコントロールするに当たっても限界があります。

概してタイムリーな情報が多いプッシュ通知は、未開封のまま一定の時間が経過すると、そのまま破棄されてしまう可能性も少なくありません。確実に開封してもらうためには、タイトルにも一工夫しましょう。

【関連記事】

今はもう当たり前!?店舗アプリで顧客の囲い込み

店舗アプリ導入・開発・作成の料金・メリットとは?スマホ集客アプリの事例もご紹介!

SNSでのマーケティングにおすすめのタイミングは?

店舗企業が利用しているSNSには、幾つか種類があります。たとえば、FacebookTwitterinstagramなどは、多くの店舗や企業がサービスに取り入れているSNSと言えます。

個人の顧客に対しては、LINEなどを通じてアプローチをする場合もあるでしょう。こういった一連のSNSをマーケティングに使う場合にも、やはり重要なのは配信タイミングです。ベストな配信のタイミングを掴むには、利用するSNSの特徴を知ることがまずは必要になるでしょう。

SNSは、種類によって利用している層や利用のスタイルに大きな違いがあります。利用者層や利用のスタイルが違えば、最適な配信タイミングも変わってきます。利用率がアップする時間帯を見計らってアプローチをすることが、コツになります。

たとえば、情報が広がりやすいTwitterを利用してマーケティングをするときには、早朝の時間帯を選ぶのが1つの方法です。Twitterの情報は、朝の5時前後にとくに広がりやすいと言われています。このようなタイミングを選べば、顧客を取り巻く様々な相手に情報を発信できる可能性が出てくるでしょう。

また、ブログなどを公開できるFacebookは、14時から16時にかけて利用者の反応が増えることが分かっています。内容をゆっくりとチェックできるような時間帯を選ぶことで、よい反応が返ってくる率が高くなるかもしれません。それぞれのSNSに合った配信タイミングを知れば、マーケティングはグンとしやすくなります。

【関連記事】

【SNS集客方法】業種別の最適な無料SNSとは?

美容室の広告費を抑える!SNSを活用したお得な集客方法

小売業の業種別で最適なSNSを知ろう

美容業界はイベントシーズンが狙い目

メルマガプッシュ通知SNSでのアプローチのタイミングは、業種によっても多少異なります。たとえば、美容業界の場合は、イベントシーズンに集中的にマーケティングをすると効果が見込めます。

クリスマスバレンタインデーを控えた時期は、例年自分磨きに取り組む方が増えてくるものです。エステサロン美容室、ネイルサロンなどは、このようなシーズンに一気に利用者が増加する可能性があります。

入学式卒業式が多い春先も、美容業界にとってはマーケティングの手ごたえを得やすい時期と言えるかもしれません。新生活がスタートする時期に合わせて、施術を受ける方が増えてきますので、Webマーケティングを行って積極的にPRをすると集客に繋がります。

メッセージと合わせてクーポンなどを配信するのも、集客率を上げるための方法になるでしょう。

【関連記事】

大手予約サイトに頼らない!個人店の美容室が成功するための宣伝方法

美容室の販促ツールを徹底解説!美容室必須9つの販促ツール

店舗向けアプリを活用したクーポンの集客効果を最大化する3つのポイント

飲食業界のPRは宴会が増える時期を狙うのがポイント

忘年会新年会、歓送迎会といった宴会が増えるシーズンは、飲食業界のPRに絶好のタイミングです。

こういったシーズンは、宴会の幹事が利用するお店を探していることが多いです。ピークになる前の段階から少しずつアプローチを開始すれば、メルマガプッシュ通知、SNSへの投稿などが、ベストなタイミングで幹事役の目に留まる可能性があります。お得なコースメニューや様々な特典を用意すれば、早速予約を入れてみようという方も出てくるかもしれません。

若い世代から人気があるレストランやカフェの場合は、ゴールデンウィーククリスマスシーズンも1つのチャンスになります。この時期には家族連れやカップルの利用者が増える可能性が高く、顧客情報などを活用すれば効果的なWebマーケティングができるでしょう。

お店の場所によっては、平日のサービスについても魅力的なPRができます。ビジネスパーソンが多いエリアにお店がある場合は、お得なランチメニューをお知らせするのも1つの戦略になるでしょう。

【関連記事】

もう集客に悩まない!飲食店のリピート率を上げる販促アイデア・ツールを徹底紹介

飲食店のインターネット集客・事例から学ぶ成功のポイント

飲食店の集客アイデア・1万円以内でできる3つの集客方法

タイミングを選んでPRの効果を倍増させよう!

Webマーケティングを行う上では、提供しているサービスの魅力を顧客に最大限にアピールしたいところです。

メルマガプッシュ通知、SNSなどはPRにも大いに役立つツールですが、この手のツールを使ったWebマーケティングは、ライバル企業も続々とスタートしています。したがって、何らかの形で差別化できるようなアプローチをするのが得策です。

配信のタイミングを選ぶことも、ライバル企業に差をつけるための1つの方法になります。顧客の傾向を掴み、反応を得やすいタイミングを選んでアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!