Instagramを使って、思うような集客はできていますか?

写真を共有できるSNSInstagram(インスタグラム)ですが、美容室飲食店などの企業でも新規集客リピート率改善のために、Instagramマーケティングツールとして導入されるケースも増えております。

GMOデジタルラボ株式会社、仙台支店プランナーのもも氏です。私自身、弊社が抱えているお客様でもここ数年で多くのお客様がInstagramを集客のために利用するケースが増えてきたと感じております。

飲食店・美容室・企業のお悩みを解決するため、今日はInstagramの上手なマーケティングへの活用方法と成功企業のInstagramマーケティング事例についてお伝えします。

この記事は以下のようなお悩みをお持ちの方にオススメです。

  • 飲食店や美容室における新規集客やリピート率改善のためインスタグラムを始めてみたけど、どう活用していいのかわからない方。
  • 飲食店や美容室以外でも、Instagramを効率的に売り上げアップにつなげたい方。
  • Instagramで集客できている企業がどのように運用しているのか知りたい方。

Instagramの活用方法を間違えなければ、効率的な売り上げアップも夢ではありません。

難しい本や教科書はコツさえおさえれば必要ないんです。

人気の美容室や飲食店がおこなっているインスタの活用方法を知り、Instagamマスターになりましょう!

Instagramの特徴を知り飲食店や美容室のマーケティングに活かそう

Instagramをマーケティングに活用する際、一番重要なことはなんでしょうか?

その答えはシンプルに「写真の質」と弊社は考えています。

なぜならInstagramは写真を通してユーザーが交流しあう、写真が主役のSNSだからこそ写真の質が大事といえます。

Instagramの最大の特徴であり、他のSNSとの大きな違いとなる点は一つだといえるでしょう。
それは「投稿するためには写真が必ず必要なこと」です。

Instagramは写真を媒介して、色々な人々と、写真を共有してもらうサービスという特徴があることを忘れてはいけません。

IMG_9656

元々、Instagramを利用したことがあり、美容室・飲食店・企業の販促を担当する方なら、
この『写真を媒介して、色々な人々と、写真を共有してもらうサービスであるということ』という点には気づいていると思います。

しかし、「最近、Instagramが販促する上で重要と聞いたので、うちでも導入してみよう」と思って、はじめてInstagramを導入した場合ですと『写真の共有をメインにしたSNS』ということをあまり重要視していない、ということも多いのではないでしょうか。

なんとなく質のあまり良くないであろう写真をアップしているだけでは、Instagramの集客ツールとしてのマーケティング効果は発揮できません。

多くの生活者(エンドユーザー)は写真を見たいのでInstagramを使用します。

そこに企業の都合で発信された情報があると、「いかにも広告っぽくてリアルではない。」と拒否反応が出てしまいます。

Instagramに限った話ではないですが、ユーザーの共感を得るという点が大切です。

飲食店の広告担当者様が投稿する際の感情として、以下の2パターンの場合、
どちらの方が、生活者の共感を得られるでしょうか?

  1. 「なんとなく写真をアップし、テキスト文はよく読んでもらいたいのでちゃんと書いてます。」
  2. 「新作のハンバーグの写真がおいしそうに撮れたので、みんなにも見てもらいたい!」

Instagramを利用し、情報を収集している生活者(エンドユーザー)の感覚としては、
2.「新作のハンバーグの写真がおいしそうに撮れたので、みんなにも見てもらいたい!」の方が
自然な投稿として受け入れられるので、共感を生みやすいでしょう。

 

1.「なんとなく写真をアップし、テキスト文はよく読んでもらいたいのでちゃんと書いてます。」の方は、
言い方が悪いかもしれませんが、『企業の都合で情報を押し売り』になってしまいがちで、
生活者(エンドユーザー)にとっては印象に残らないものになってしまいます。
参考までにInstagram有名人のGENKINGさんの場合は以下の徹底っぷりです。

GENKINGさんは1枚の写真をアップロードする際、ベストショットが撮れるまで何度も何度も写真を撮り直すという。「ひどいときには800枚くらい (撮り直す)。(アップするのは)1枚の写真だけれども、それが10枚、100枚と『その人』になっていく。なので写真の品質は徹底している。

引用元:http://jp.techcrunch.com/2016/03/03/istagram-genking/

  • Instagramで美容室について情報収集する生活者(エンドユーザー)の感情
    「このヘアスタイル、インスタ映えしてて、かわいいから真似したい!」
    「この髪の色キレイ。インスタにアップしたらいいねが増えそう!」
  • Instagramで飲食店について情報収集する生活者(エンドユーザー)の感情
    「このハンバーグの肉汁の写真おいしそう!これを動画でアップしたら拡散しそう!」
    「ラーメンのトッピングを全部盛りにした写真をアップしたら話題になるかな?」

といったように生活者(エンドユーザー)が、拡散してくれそうな要素を含めた渾身の写真をアップするようにし、
その際は、売り手目線の内容ではなく、生活者(エンドユーザー)目線で有益な情報を発信しましょう。

10回の適当な更新よりは、写真の質にこだわった1回の投稿の方がInstagramでは効果的といえます。

写真の質には神経質すぎるくらいこだわってアップしていくのが正解です。

Instagramの「写真がメインである」という特徴をしっかりと活かしていくのがInstagramの基本中の基本なんです。

 

【人気の記事はこちら】

【初心者向け】Instagramの使い方 基礎編

SNSを利用した採用活動・求人活動

LINE@と店舗向けアプリ リピート率を改善する最新の手法とは!?

Instagramユーザーの心をつかみ売り上げをアップさせるには?

「写真にこだわるのはわかった!でもそれだけでいいの?」というと、ただ写真にこだわるだけではInstagramマーケティングは成功しません!

その1枚の写真をどう動かしていくのか?という運用の重要性も非常に成功・失敗を左右するポイントです。

まずユーザーの心をつかんでいきましょう、その為にはどうしたら良いのでしょうか?

Instagramユーザーのタイプを知ろう

Instagramユーザーのタイプは行動に応じて3つに分かれます。

  1. 普通に写真や動画を楽しんでいるスタンダードタイプ
  2. 発信中心のインフルエンサータイプ
  3. ただ写真や動画を楽しんでいる閲覧重視タイプ

このような3つのユーザータイプにカテゴリー分けすることができます。

どのタイプを一番ターゲットにしやすいかというと、②番のタイプ、つまりインフルエンサータイプのユーザーが一番やりやすいといえるでしょう。

インフルエンサー(多数の人を動かしたい)といわれるユーザーは、多数の方の指標になる情報を探しています。

Instagramというコミュニティーの中で成功するには、インフルエンサーを意識することは大切なのです。

 

Instagramは直感的なユーザー間のコミュニケーションで成り立つ

Instagramは、非常に直感的なコミュニケーションツールです。

Instagramを活用し売り上げアップさせるには、この点も忘れてはいけません。

FacebookやTwitterのように、文章を読んでシェアする傾向は低いというデータがあります。

ですので、写真をよく見て「これはシェアするほどの写真ではない」と思うような写真なら投稿するのをやめましょう。

そのような写真が売り上げアップにつながる可能性は限りなく低いです。

それなら取り直した方がよっぽどマシです。

「きれいな写真だな」「他の人に教えてあげたい!」と直感的に思わせれば勝ちといえるでしょう。

Instagramが直感的なコミュニケーションであるという特性を活かしてマーケティングを実践していくべきです。

ユーザーは口コミを広げてくれる存在

Instagramユーザーは、お店や企業の口コミを広げてくれるユーザーという点をとくに意識しましょう。

たとえば飲食店に行ったとき、料理を食べ「美味しい!」と思えば友達に話したくなりますよね。

Instagramは「いいね!」を押してくれることで、勝手に口コミが広がっていくすごいツールなのです。

「美味しいから拡散してね!」なんて頼む必要もありません。

Instagramでマーケティングを成功させれば、こういった便利さも体験することができるでしょう。

インスタ映えはマーケティングの成功の秘訣

Instagramに関して、インスタ映えという言葉は有名ですよね。

Instagramにおいて使えそうな魅力的な物やスポットのことをさしているのですが、このインスタ映えはマーケティング成功と密接につながりがあります。

Instagramは写真の質と先ほど申し上げましたが、インスタ映えする写真をとるように心がける事はマーケティング観点からみても重要なのです。

インフルエンサータイプのユーザーはとくに、Instagramにおいてインスタ映えする写真を好みます。

なぜなら、たくさんのいいねやフォロワーを集めたいというのが理由です。

場所や物はもちろん、光や角度などに徹底的にこだわりアプローチしていきましょう!

美容室や飲食店でのInstagramマーケティング運用のコツ

美容室や飲食店では、Instagramマーケティングの重要性はとりわけ高いといえます。

何故ならば、美容室・飲食店どちらとも写真の重要性が非常に高い業種だからです。

裏を返せば、Instagramの拡散力と販促効果がもっとも生かせる業種なのです。

美容室ならばスタイル写真、飲食店ならば料理の写真を発信する機会が一番多いでしょう。

美容室や飲食店での運用をする方場合は、以下の事を頭にいれてください。

写真撮影は命

飲食店や美容質とくに、写真撮影は丁寧に行いましょう!

Instagramを集客ツールとして使うなら、写真が生命線だということをより頭にいれてください。

光の強さ、ホワイトバランス、一眼レフカメラなら絞りやシャッタースピードなどもこだわるべきです。

極論ですが、おしゃれではない髪型や、美味しくなさそうな写真をクリックしたいと思いますか?

クリック率やシェアの率が高いのはやはり綺麗な写真です。

よい写真をとるために何回か取り直したとしても、インスタ映えしない写真を投稿するよりはよっぽど効率的といえます。

写真の撮影には徹底的にこだわって撮影してください。

 

一眼レフカメラや機材が用意するのが難しい場合は、インスタグラムの加工ツールを有効に活用しましょう。

編集機能を使えば、スマートフォンで撮影した写真でもインスタ映えする写真にすることができます。とはいえ加工ツールを使用する前の段階で、上手く撮れていないと思うのであれば撮り直しをしましょう。

ハッシュタグにもこだわろう

Instagramにはハッシュタグ(#)という機能があります。

「ハッシュタグはなんかわからないからいいや」ととりあえずなしで投稿していませんか?

ハッシュタグは「写真にまつわるキーワード」のことです。

ハッシュタグをつける事で、ユーザーはあなたの写真からだけでは得られない、写真の意味を知ることが可能になります。

またInstagram内の検索機能でも引っかかるようになるので、すごく重要といえるでしょう。

ハッシュタグの効果的な付け方に関しては、もう少し下の次の項目のSTEP2を参考にしてください。

競合の多いサイトには誘導しない

美容室や飲食店は、競合が非常に多い業種です。

ありがちなのが、リンク先をこの業種に多い大手のクーポンサイト予約サイトなどにリンクを貼る手法です。

大手サイトへのリンクはあまりオススメできません。

なぜなら、大手のクーポンサイトや予約サイトは集客力の強いサイトではありますが、その分競合との比較をされる可能性も高いからです。

Instagramでリンクをクリックするお客様はあなたの店舗が気に入っている状態。

そんな見込みのあるお客様を、クーポンサイトや予約サイトへリンクしてしまうと、他の店舗へ誘導してしまうことになり得策ではありません。

リンク先はなるべく自店のホームページに設定しましょう。

できれば、予約システムがあるとユーザーの負担が減るのでより望ましいです。

 

直接的な宣伝に偏らないようにする

人間の傾向として、直接な宣伝に対して過敏になってしまう傾向は強いです。

やりがちなのが、毎回に近い頻度で宣伝してしまうケース。

確かに企業側としてクーポン、キャンペーンなどの販促は一番集客しやすいでしょう。

ユーザー側からみても特典が目にみえてわかりやすいです。

ただ、あまりにやりすぎると逆効果になってしまうので注意して下さい

宣伝は全くしないのもダメですが、少し頻度を考えて投稿すると良いでしょう。

 

【簡単にできる!】Instagramを集客やリピート率改善に活用する方法


Instagram活用のテクニック
としては簡単なものから難しいものまで多岐にわたりますが、今回はInstagram導入済みであれば、すぐにでも活用できる方法を紹介します。

STEP1:店舗にてInstagramのアカウントがあることを、お客様に周知。

店頭POP、フライヤー、ホームページ、FacebookやTwitterなど各種SNSを利用し、実際に来店していただいたお客様にInstagramのアカウントが存在する事を認識していただきましょう。

insta_bnr

上記は美容室の例ですが、「最新スタイルを今すぐチェック!」など、Instagramのアカウントをフォローすると、どんなメリットがあるのかを明確にしてあげるとフォロワー数も増えやすいです。

STEP2:お客様にハッシュタグをつけて投稿していただく。

お客様に効果的なInstagramの活用をするには、#=ハッシュタグの活用が不可欠です。

特に美容室や飲食店においては、とりわけその重要性が高いと言われています。

それは「ハッシュタグマーケティング」という言葉もできるほどになっており、インスタグラムの運用においては戦略的にマーケティングすることが大切です。

こちらで紹介するのは、店舗独自のハッシュタグを設けて、実店舗やWeb上で周知し、エンドユーザー様に拡散していただく手法です。

ハッシュタグとは、簡単に言うと、検索用キーワードのことです。

引用元:https://syncer.jp/instagram-what-is-the-hashtag

独自のハッシュタグを指定し、来店したお客様にお店の事をインスタグラムで投稿していただけるように声掛けしましょう。
『#居酒屋デジラボ』など、他とは被らないハッシュタグを決めて、実店舗やWeb上で周知します。

#マーケデジラボ • Instagram写真と動画

参考:https://www.instagram.com/explore/tags/マーケデジラボ/

上記リンクでは2017/6/9現在投稿は0件です。
このように自社の名前やサービス名を含む、世の中にはない単語をハッシュタグとしてピックアップします。

世の中にはない単語をハッシュタグとして利用する理由としては、後述しますが、お客様をフォローしてコミュニケーションを取りやすくするためです。
例えば、「花の名前(アイリスなど)を店舗名にしている場合」、ハッシュタグを検索しようとしても、自分のお店の投稿を見つけてもらえるまでに時間がかかってしまいます。
時間をかけずにエンドユーザーにお店の情報を見つけていただく。そのためにも、独自のハッシュタグをお店様から発信しましょう。

上記が完了したら、実際にお客様に独自のハッシュタグをつけて投稿してもらいましょう。割引やサービスなど特典があるとお客様も協力してくれやすくなるので有効に活用して下さい。

具体的な販促手法として、5月にキャンペーンを開催するのであれば、キャンペーンの参加者に「#5月デジラボ」「#キャンペーン名デジラボ」など指定した「ハッシュタグをつけて、投稿していただいたお客様○○サービス!」といったプロモーションも有効です。

STEP3:お客様をフォローする。

shutterstock_524037283

お客様の投稿を上記ハッシュタグで検索で探してフォローの申請やいいね!をしましょう。
あわせて関連するハッシュタグ(#居酒屋 #エリアなど)も検索し、自店舗の投稿があったらフォローするようにします。

STEP4:お客様とコミュニケーションをとる。

shutterstock_103808663

最後にお客様のアカウントに対して、感謝のコメントのコメントを残すようにしましょう。
その際、定型文のではなく一人ひとりにあわせたコメントを残すようにして、コミュニケーションをとるようにしましょう。

例:この度はご来店いただいてありがとうございます。その上Instagramで、写真まで投稿していただきありがとうございます。

人手が足りなくて更新が難しい場合

脱初心者への道として、上記4STEPを行うと良いのですが、中には「人手が足りなくて中々Instagramの更新ができない」という方も多いと思います。
その場合はSTEP2の、店舗独自のハッシュタグをみをお試しいただいても良いです。店舗様で対応する事が少ないので、お一人で店舗を運営されているオーナー様にもおすすめです。

【関連記事】
リピーター集客【完全ガイド】 5分で分かるリピーターの獲得方法

 

企業のInstagram マーケティング活用事例

事例:新潟市のらーめん亭にしやま様

新潟市のリピーターの多いラーメン店 らーめん亭にしやま

こちらの店舗様では、#にしやまラーメン部という独自のハッシュタグを設けて、お客様の投稿を促しています。

「お好きなトッピングをのせた自分だけの一杯」というお題も、エンドユーザーにとって何を投稿したらいいのかという具体性があり、投稿してもらうハードルが下がり非常に参考になります。

事例:東京の美容室ALBUM様

東京の美容室ALBUM様(@album_hair)では、Instagamのスタイル写真などの発信はもちろんですが、Instagramのヘアスタイルのハウツー動画を定期的に投稿しています。

フォロワー数は、なんと350,000人に達しているそうですので、フォロワー数からその人気が伺えますね。

美容室というと、ヘアスタイルがInstagaramに投稿するのに人気ですが、動画コンテンツも考えている方にとっては参考になる事例だと思います。

Instagramおすすめの集客ツール

おすすめの集客ツール①:Repost for Instagram

Instagramは、他のSNSのようにシェアやリツイートが標準の機能だとできません。
そのため、専用のアプリを利用しする必要がありますが、上記のアプリを利用することでリポスト(シェアやリツイートのようなこと)を行うことが可能です。

リポストのメリット

自社のサービスや商品をご利用いただいているお客様の投稿を取り上げて投稿することが可能になり、より多くの方に投稿を広めることが可能となります。

リポストの使い方についてはインスタグラムで実店舗集客をしよう!最低限押さえておきたい5つのポイントこちらの記事が参考になります。

おすすめの集客ツール②:ハッシュタグ手帳

ハッシュタグの管理を便利にできるツールです。

良く使用するハッシュタグを保存しておき、すぐに呼び出すことができます。

保存したハッシュタグを検索し、履歴から選択することもできる上、ハッシュタグを新しく発見することも可能なツールで、ハッシュタグを上手く活用するのに非常に便利です。

AppstoreやGoogleplayでダウンロードすることができるので、ぜひ活用してみてください。

参考:ハッシュタグ手帳

上級テクニック:Instagramのお店アカウントの開設

InstagramでリリースされているInstagramビジネスプロフィールを利用すると、より効率的にInstagram上から電話など問い合わせを誘導させやすくなります。

個人アカウントで運用しているよ!という方はビジネスプロフィールの作成をオススメします。

Instagramビジネスプロフィールについては「初心者向け!インスタグラムビジネスプロフィールの作り方を徹底解説」を参考になさって下さい。

まとめ

ここ、数年の流れとして、クライアント様から「お店ではInstagramをやっていないのに、最近お客様が『Instagram見た』と言って来店されるんだよね。」といったお声が増えてきた様に感じます。情報はお店からの発信でなくても世の中に広がっていきます。

Instagaramのマーケティングにおいての重要性はより高まった!といえるでしょう。

自然な流れで共感を生むInstagramですが、上記のちょっとしたひと手間を加えることで、更なる共感を生むことが可能となります。
最近では、ビジネス向きのツールも導入できるようになり、より集客に活用できるようになっております。

またインスタグラム以外にも、SNS集客でお悩みの方は、以下の記事が参考になるかもしれません。

【関連リンク】
【必見】SNSを活用した集客方法(上手な使い分け方編)
飲食店の集客アイデア・1万円以内でできる3つの集客方法

是非とも、インスタグラムを中心としたSNSを有効にご活用いただき、マーケティングを成功させ新規集客リピート率改善に繋げていただければと思います。

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!