新規で集客】【既存顧客へのお知らせ美容室における顧客に対する販促ツールってたくさんありますよね。

「目的によってツールを使い分けている」「いつも同じツールを利用している」「効果の有無」など、目的やターゲットによって、一言で美容室向けの販促ツールの種類は様々。

今回は美容室で使われている販促ツールを解説していきたいと思います。

そもそも美容室ではどんなツールが使われているか

美容室で使われている販促ツールっていろいろありますよね。

まずは多く利用されている販促ツールを紹介しようと思います。

  1. チラシ
  2. DM
  3. メンバーズカード
  4. リーフレット
  5. 看板・サイン
  6. フリーペーパー
  7. WEBサイト
  8. メルマガ
  9. SNS

もちろんこれ以外にもありますが、よく目にするのはこれらではないでしょうか。

どの販促ツールが効果的か?

正直にお伝えすると、「この販促ツールが一番効果的!」というものはありません。

使う販促ツールによって、「新規集客向け」なのか「既存客の再来店促進」なのか、目的が違うためです。

それぞれの販促ツールが効果的に活用できるポイントがどこなのかを、用途を踏まえつつ解説します。

新規向けの美容室販促ツール

チラシ

反響は早く、短い。枚数やエリアによりコストは変動するが、短期的に効果を求めたいときに有効。

看板・サイン

目印や店舗のイメージにもつながる為、重要。手づくりのウェルカムボードもあり。

フリーペーパー

効果は大きい。掲載箇所や大きさで異なるが、コストは高め。

WEBサイト

新規の方は必ず見る、店舗の雰囲気やサービスを事前に知る上で重要。

再来店向けの美容室販促ツール

DM

来店いただいたお客様へのサンキューレターやキャンペーンの告知など、用途は多い。

パソコンで自作で行うこともできるが、労力がかかるものの、効果はそれほど高くない。

メンバーズカード

再来店のきっかけとしては重要。ただのメンバーズカードではなく、スタンプカードやポイントカードとして利用するのも有効。

【関連記事】

ポイントカードシステム導入の3大メリットとアプリ化がオススメな理由

リーフレット

待ち時間などでついつい目が行ったり、手に取ったりする。イメージとして残りやすいものなので、実店舗との統一感をもたせることが重要。

これも自作できるが、労力がかなりかかる。

メルマガ

キャンペーンの告知など、一度作成すれば一斉に送ることができるので労力は少ない。

誕生日メールやサンキューメールを送ることも効果的だがスマホ普及率が増え、見られないことが多くなってきた。

【関連記事】

メルマガよりも効果的なプッシュ通知とは

SNS

利用者も年々増加しており、無料で利用できるため絶対に無視できないツール。

種類が多く、年齢層によって利用にバラつきがあるためターゲットに合わせた使い方が重要

【関連記事】

【必見】SNSを活用した集客方法(上手な使い分け方編)

販促ツールの活用で大事なのは効果測定

上記のように「新規向け」「再来店向け」の販促ツールは多種多様にありますが、大事なのは利用したことについての効果測定

その販促ツールに対してどれだけの反響があったかを測ることで良い点・改善点も見えてきます。

立地客層によっても効果って違いますからね。

まとめ

美容室において使う販促ツールによって、「新規集客向け」なのか「既存客の再来店促進」なのか、目的が違うため、この販促ツールが一番効果的というものはありません。

  1. 新規向けにはチラシやフリーペーパー
  2. 再来店向けにはDMやメンバーズカード
  3. それぞれで効果測定を行っていくことが一番重要

上記のように目的に合わせてツールを使い分けて、効果測定を行っていくことが重要です。

しかしながら、効果測定が一番重要だとわかっていても、効果測定って大変ですよね!

そんな時は、弊社で提供しているGMOおみせアプリ!
GMOおみせアプリにはCRM機能があるので、細かいユーザーデータの分析が可能!

GMOおみせアプリについてはこちらから

【関連記事】

【GMOおみせアプリ機能紹介】プッシュ通知+クーポン配信を活用した集客のヒント

店舗向けアプリを活用したクーポンの集客効果を最大化する3つのポイント

おみせアプリ資料請求