集客を独自で行っていても客寄せ効果が実感できなかったり売上があがらなかったりと、成功しないケースも多いのではないでしょうか。

企業や店舗の集客・またイベント時の集客にはお客様を集めるのに何が必要なんでしょう?

まずは店舗や企業の集客における問題点を把握し、客寄せに影響を与えている部分を認識することが重要です。

実際にどのようなことが問題点とされるのか、店舗の集客力アップに関するアイデアコツも合わせて紹介します。

 

こんなお悩みを抱えた方にオススメの記事です。

  • 企業や店舗の集客が上手くできていないと感じる
  • イベントは開催しているけどイマイチな反応な気がする…
  • ウェブやSNSをもっと効率的に活用したい
  • 集客のコツや成功事例を知りたい

おみせアプリ資料請求

集客力とは:顧客にとって価値あるサービスを持つこと

まずはじめに、集客力とはなに?ということをご説明します。

集客力とは英語で言えばAbility to attract customersといいます。

一般の方が集客力と聞いたとき、「お客さまを呼ぶ力」というイメージを持っている方は多いと思います。

集客力が強い企業=広告をガンガン打っているという企業を思い浮かべるかも知れません。

勘違いしている方もいますが、集客力は広告の多さではありません。

たとえば飲食店の場合、みなさまが価値を感じるところは色々ありますよね!

  • 雰囲気
  • 店員さんの印象
  • 場所
  • 値段
  • 魅力的な広告

例をいくつかあげるならこんなところです。

ただこれらを全て極めた店舗が仮にあったとしても、料理が美味しくないといわれている店舗に行くでしょうか?

飲食店であれば料理、美容室であればカットやカラー、といった感じでお客様が最も価値となるサービス=軸になるサービスがしっかりしていないとその店に通うことはありません。

付加価値はその後で大丈夫なんです。

これから紹介する集客力をアップさせる方法も、お客さまが価値を感じる商品やサービスがないのであれば効果は薄いでしょう。

つまりは集客力=お客さまが価値を感じるサービス・商品のことです。

ここはしっかり捉えておきましょう。

そしてお客さまが引き寄せられるのはそんな価値を感じるサービスや商品を提供できるお店なんです。

集客力を強くして客寄せをする意味

ここで一つ集客力を強くする意味についても理解しておきましょう。

集客する意味は、もちろん店舗の売上げを向上させることが一番です。

顧客数×単価が売上げというのは皆様しっているかと思いますが、お客さまがいなければ店舗の売上げはあがっていきませんよね。

なので一番は売上げという考えはまちがっていないでしょう。

ただもう一つ、集客力をアップすることで大きな意味をもたらしてくれます。

それはたくさんのお客さまにサービスを知っていただき、もっとたくさんの方に店舗や企業の価値を理解してもらうことです。

そうすることで、社会的な評価も上がります。

企業や店舗にとって価値のある評価も多くもたらすでしょう。

お客さまを引き寄せるには、企業や店舗を認知してもらうことも大事なことです。

店舗の集客の問題点を分析しよう

企業や、居酒屋の飲食店・美容室などでの店舗集客成功させるためには、顧客一人一人のニーズにマッチした集客ができているかがポイントとなります。

つまり、顧客のニーズを正確に認識することが重要なのです。

みなさまも一緒だと思いますが、必要のないサービスに汗水たらして働いたお金を払うことはないですよね。

ニーズを把握するという点は、イベントを行う際にも注意しなくてはならないでしょう。

たとえばですが、女性向けのカフェでのイベントに男性が集まるということは無いと思います。

男性はあまりカフェにニーズを見出していない割合が高いです。

また、店舗とお客さまのあいだに感覚の誤差が生じることも珍しくありません。

例えば店舗側は「細部までこだわった料理が評判となり客寄せができている」と考えていても、顧客は「メニュー数が多いからなんでも食べれる!また利用しよう」と考えていることがあります。

まさにこれが感覚の誤差です。

他の話で置き換えると、Aさんは綺麗だと思った女性でも、Bさんからするとそうでもないっていうことはたまにありますよね。

客観的な目線になれないから起こる、二者間のギャップともいえるでしょう。

例のように、店舗集客において店舗が強みにしている点と顧客が利用する理由に誤差が生じることがあります。

実際には集客できているため問題点が明るみに出にくいものの、顧客が評価している部分を把握できていないことは、いずれ店舗の方向性と集客に支障をきたします。

感覚の誤差が大きくなり、結果として売上の低下につながる可能性もあるでしょう。

正確な店舗集客を実践するためにも、「顧客は、店舗のどの部分に惹かれて来店しているのか」をしっかりと認識しなければなりません。

客寄せの法則の一つは、ニーズを把握すること。

そうすると自店舗の課題・問題点の改善方法がちゃんとみえてくるんです。

顧客のニーズにあわせた集客をしなければ、効率的にお客様を店舗に寄せることはできません。

また、集客で問題点を抱える店舗に共通している点として、新規顧客の集客に集中してしまい、リピート客の獲得をおろそかにしてしまう傾向があります。

新規顧客の集客では、割引値下げといった価格を重視した集客を行う店舗も多く、「私達は普通の料金を払っているのに…」と感じ、リピート率も低くなるのです。

顧客獲得のために低価格のイベントを利用すると一時的な店舗集客には成功しても、のちの売上・利益向上は望めないといえます。価格戦略は手軽な方法ではありますが、リピート率をあげることこそが店舗集客を行ううえで重要なことなのです。

【関連記事】

リピーター集客【完全ガイド】 5分で分かるリピーターの獲得方法

成果が出やすい店舗集客イベントのアイデアと施策、集客方法

店舗集客アイデア施策にはたくさんの方法がありますが、集客方法として有効なものをピックアップし紹介します。

集客できるツールを使いこなすというのも大切なことです。

ウェブ(ホームページ、ブログ、SEO対策)

店舗のホームページブログを作成します。

ホームページは、企業情報を明示し、顧客に安心感を与える役割があるのです。ブログは、働く人間の感情や意見など人柄を反映させることで、顧客親近感を与えて集客につなげます。

それぞれのウェブサイトには、インターネット検索上位に表示されるよう「SEO対策」を行うことも大切です。
内容を適切なものに修正したりウェブページの作成を代行したりするなど、外注することが一般的であり、少々手間はかかります。

検索されやすいワードや、ウェブページのデザイン、ホームページ・ブログのURLを工夫し、上位に表示されることでSNSで拡散されることも見込めるでしょう。

ホームページの作るためにどうしたらいいの?という方今は個人も制作できる無料サイトも多くございます。

なので、知識のある方はまずは無料ツールを使って作ってみるのも一つの手段です。

反対にあんまり知識がない、もしくはそこに時間を避けないという方は、ホームページ制作業者をさがすというのが手っ取り早いでしょう。

【関連記事】

【初心者向け】サーチコンソールでSEO対策!押さえておくべき6つのポイント

SEO対策とは- 初心者でも分かるSEOの基礎 -ブログでキーワードを意識する理由

【初心者向け】集客に役立つGoogleアナリティクスの導入方法

直帰率が高い3つの原因とは?サイト離脱の原因と解決方法

SNS(インスタ、Facebook、Twitter)

店舗集客に有効なSNSとして、インスタグラム、Facebook、Twitterがあります。

例えば、インスタグラムのユーザーは女性が多いため、女性をターゲットとする店舗であればインスタグラムを利用する方法が有効です。

また、140文字で気軽に発信できるTwitterはユーザー数も多く、拡散力が強いSNSといえます。

それぞれのSNSには異なる特徴があるため、店舗のターゲットとなる顧客にあったサービスを利用しましょう。

各SNSのターゲット詳細は長くなるので差し控えますが、もし知りたい方は以下の記事で各SNSについて詳細にまとめてありますので参考にしてくださいね。

 

【関連記事】

SNSを活用した集客方法!企業・店舗の担当者必見のSNS使い分け方法

初心者向け!インスタグラムビジネスプロフィールの作り方を徹底解説

中小企業のTwitter活用・キャンペーン成功事例・集客ツールを徹底解説

Facebookの集客効果・運用方法とFacebook広告の活用方法

専門型ポータルサイト

ぐるなび食べログといった専門型ポータルサイトは、店舗や企業として登録することで情報を掲載することが可能です。

ポータルサイトは、特定のテーマに興味があり、かつ、ニーズを持つ顧客が集まります。ホームページやブログ、SNSなど自社サイトのみでは集客できないほどのアクセス数を誇るため、店舗を認識してもらうきっかけにもなるのです。認知度を高めたい店舗や、自社サイトの集客率を向上させるまでのあいだに使用することもできます。

ただし、ポータルサイトに店舗情報を掲載するためには、費用がかかることが多いです。また、同業他社と比較することを目的としてアクセスする顧客も多いため、差別化できるような内容を検討する必要もあります。

口コミ

口コミ既存顧客新規顧客へ直接店舗の魅力を伝えてくれるため、広告費などのコストをかけずに集客できます。

また口コミは今も昔も、信頼性の最も高い集客ルートです。

みなさまも知らない方が「美味しいお店だからいってみなよ!」というのと、家族が同じことをいうのでは、絶対に後者のほうが信頼はできますよね。

ネットよりも、実際に紹介された方が口コミは効果をもたらします。

そして口コミの付加価値として、新規顧客は口コミによって店舗の魅力を認識しているため、店舗のよい点を意識しやすくなり、リピーターとなる確率も高いのです。

口コミをした既存顧客と新規顧客は好みが似ていることが多い点も、リピーターになりやすいポイントの1つでしょう。

さらに新規顧客のみではなく、口コミをした既存顧客が店舗を思い出すことによる再来店にもつながります。

【関連記事】

口コミ集客の成功に欠かせない4つのポイント ~口コミで新規顧客を獲得しよう~

イベント・セミナーに参加する

集客方法を身につけるための勉強をするというのも、一つの集客手段です。

なぜなら、知識を身につけて行う集客と、そうでない集客にはゴールに明確な差がでてくるからです。

イベントセミナーなど集客に関する勉強会は数多く開催されています。店舗が努力をして企画を行い、SEO対策を行ったウェブコンテンツを用意しても集客ができないこともあるでしょう。

店舗集客に関するノウハウ経営戦略を専門とする講師の話を聞き、店舗に合う方法を取り入れる方法も有効です。

【関連記事】

イベントを開催して集客しよう!インターネットでの集客方法や事例も紹介!

集客アプリ

店舗集客アプリを利用すると、集客のための人員を増やさずに成果をあげることも可能となり、顧客とコミュニケーションも強化できます。さらに、アプリの特徴であるプッシュ通知によって店舗を意識する回数を増やすなど、集客手段として最適です。

アプリにはさまざまな機能を追加でき、注文や会計の工数を減らすこともできます。店舗で行う作業工程が減り、効率がよくなることで、店舗を利用した顧客とコミュニケーションをとる余裕も生まれるでしょう。コミュニケーションの増加によって顧客満足度があがると、SNSでの拡散、リピート率の向上口コミなど、あらゆる集客によい影響を与えます。

また、顧客が利用しやすい集客アプリには、主に2つの特徴があります。

アプリを店頭で利用できる

 

QRコードやバーコードリーダーの導入により集客アプリを使える環境を作り、利用することのお得感を印象付けます。集客アプリを配信するだけではなく、店頭で利用させることで、ダウンロード数やアプリ利用数も増加するでしょう。

ポイントカードの代わりとして利用

 

紙のポイントカードは、紛失したり、かさばったりするという理由で破棄されることも珍しくありません。しかし、集客アプリにポイントカード機能をいれることで、紛失や破棄をすることは極めて少なくなります。結果として、集客アプリそのものの利用率もあがるでしょう。

【関連記事】

今はもう当たり前!?店舗アプリで顧客の囲い込み

店舗アプリの活用方法≪店舗情報のプラットフォームにしよう!≫

コンサルティング導入

自分たちでは集客方法を見つけられない!

そんな方は集客コンサルティングを利用している方もいます。

集客コンサルティングに依頼をすると、店舗の現状を分析し、販促活動の重要性や認知度の向上、コスト削減など課題をピックアップしてくれりのがメリットです。

集客コンサルティングは、課題をピックアップする際の根拠となる膨大なデータを保有しているのです。

トレンドリサーチ競合店や広告の分析顧客からの問い合わせデータまでを保有しているため、適切な課題を導き出せます。

自分たちだけでは想像や予想できない提案がもらえることが最大の魅力であり特徴です。課題を改善するための目標設定を行い、最適な対策も提案されることで、自社のみで行うよりも店舗集客を成功させられる可能性は高いといえます。

店舗と顧客との感覚の誤差についてもはっきりと認識することにつながるでしょう。

 

店舗集客の成功事例

店舗集客アイデア施策にはたくさんの方法がありますが、集客方法として有効なものを紹介します。

飲食店業・美容業・小売業な、様々な業種での事例がありました。

集客のコツを抑えるなら、実際の事例から学んでいくのも確実な方法。

ということで、いくつか実際の事例を紹介していますので、企業やお店の集客力を向上するために、ぜひ参考にしてください。

飲食店業:店舗集客の成功事例

飲食店では、SNSを活用し実店舗への集客を確立した事例が数多くあります。

飲食店業界でも増えてきたと感じるのがSNSの活用です。

フェイスブックツイッターはもちろん、インスタグラムを使い認知度の向上に努めたり、見込みユーザーとコミュニケーションをとる店舗が増えています。

特にカフェ、ラーメン屋、レストラン、居酒屋などに共通することだと思いますが、ネット環境が整った昨今では、あらかじめ店舗の外観や内観、メニューのビジュアルやスタッフの雰囲気などを事前に調べたうえで初めて来店行動に繋がるという傾向が見られます。

インスタグラムはそのビジュアルイメージをメインとするプラットフォームとしては最適なツールと言えるでしょう。

インスタ映えという言葉も耳にすることが増えたと思います。

そして来店したユーザーが提供された料理の写真を撮影し発信する事により、店舗の認知度アップや二次集客に繋がるというような相乗効果も期待できます。

店舗側はインスタグラムに、食べログやホットペッパーグルメなどのポータルサイト、ホームページなどのリンクを貼り、インスタグラム経由で集客することが可能になります。そこで口コミ評価クーポンの充実度を向上させることにより、ユーザーが再度来店したくなるような仕組みが自然と構築できるはずです。

SNSは、ユーザー目線、店舗目線両方に共通することだと思いますが、発信し情報を受け取るという点では、使いやすいツールと言えると思います。

【関連記事】

飲食店の集客方法!インターネットを活用した集客事例

美容業:店舗集客の成功事例

美容室ネイルサロンエステサロンを経営していて集客に悩んでいる場合は、ウェブを利用して集客をする方法があります。

どの業界もホームページやブログを持っているため、ただ作っただけでは集客効果はありません。他と違ったやり方を考える必要があります。

ホットペッパーなどのポータルサイトも競合にあなりますので、差別化をしていきましょう。

例えば、ホームページやブログでマツエクのテクニックを公開して、お客様に興味を持ってもらえるようにします。すると、マツエクのテクニックをきっかけにお客さまが訪れるようになります。

また、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからホームページを訪れることが多いため、SEO対策をして特定のキーワードで検索の上位に表示されればアクセス数が増えやすくなります。

検索順位はSEO対策を徹底し1ページ目に表示されるだけで、今までよりも多くの人が閲覧してくれるようになります。

今までよりもアクセスが上がれば、それだけ興味を持ってくれる人が増えるため、より高い集客の効果を期待できます。

また、インスタFacebookTwitterなどのSNSを利用して店舗を宣伝する方法もあります。

SNSは基本的に多くの人が利用しているため、興味のある内容を投稿するだけで、上手くいけばいきなり何千人もの人がホームページを訪れてくれます。

ホームページを作ってSEO対策をしながら、積極的にSNSなどで積極的に宣伝することで、今までよりも多くの集客を見込めるようになります。

このように、複数のツールを併用して使っていくのも面白いですね。

【関連記事】

大手予約サイトに頼らない!個人店の美容室が成功するための宣伝方法

小売業:店舗集客の成功事例

店舗における集客を伸ばすことは、小売業界でのジャンルを問わず、セールスやマーケティング担当者の永遠のテーマだと思われます。

ここでは各業種ごとの伸び悩んでいた集客数を上昇させた事例をご紹介します。

まずはスーパーマーケット業界ではチラシアプリの普及が大きいです。紙のチラシが入っていない地域のスーパーマーケットのお買い得情報がチラシアプリで見ることが出来て、その情報がきっかけで買い物に行くという使い方をしている人も多く、中にはチラシアプリ限定の5%オフクーポンなどがあったから買い物に来たという事例もあります。

その他小売業でも店舗アプリを作成し、独自クーポンの配布・スマホをポイントカード代わりに利用するといった方法で集客アップにつながったという事例もあります。

アパレル業界でもこうした動きは顕著で、FacebookなどのSNSなどを活用し、季節のトレンドファッション・新作の着こなしを紹介して主なターゲットの若い20代の女性などに商品の魅力を伝えるという手法で集客アップにつなげています。

こうしたSNSを使った集客は雑貨などを取り扱うショップでもよく使われています。雑貨店などでは商品の魅力を伝えるだけでなく、その雑貨の活用例などを発信していくスタイルで集客につなげているようです。

カー用品店などではWebサイトを見る顧客に比べてアプリを使用する顧客は継続利用率が高い点に注目し、アプリプロモーションに力を入れて集客アップ効果を出した事例も存在します。

【関連記事】

成功事例を徹底分析!アパレル業界のインスタグラム

メルマガ・DMはもう古い!自動車業界(ガソリンスタンド、車検・整備会社、レンタカー) の
来店頻度を高め顧客単価を引きあげる顧客管理ツールとは?

レジャー業:店舗集客の成功事例

レジャー施設を運営するにあたっては、ターゲットを絞って彼らが関心を持つ方法で集客を行うことが大切です。

その成功事例の一つとして、関東地方にあるゴルフ場では女性を呼び込むために、女性ゴルファーのための専門サイトに集中して広告を掲載することによって、大幅に来場者を増やすことが出来ています。

一方、従来型のテレビ広告も使い方次第で有効な集客ツールとなります。これをうまく使ったのがスポーツジムで、ジムでのトレーニングによってシェイプアップに成功した顧客を実際に画面に登場させることで大きな反響を呼びました。

また、若年層にアプローチするためには、彼らに馴染みのある媒体を使った集客がポイントとなるのですが、これをうまく行った事例として、ボルダリングジムテーマパークのケースがあります。当該ケースでは、SNSアプリを組み合わせて若者にアピールする集客戦略が採られており、お得なクーポンを獲得できるアプリを配信した上で、その有用性をSNS上で口コミで広げていくことによって、徐々に顧客の裾野を拡大していくことに成功しています。

以上の成功事例は、いずれも専門のコンサルティング会社のアドバイスを受けて行われたものであり、集客のプロの役割が果たす役割も大きいことが分かるでしょう。

【関連記事】

【コスト削減&集客対策に効果!】ボルダリングジムのアプリ活用事例

宿泊・観光業:店舗集客の成功事例

ホテル旅館Facebookインスタグラムで伝える美しい写真には魅力を感じます。例えば、八重山諸島のリゾートホテルが撮影した美しいサンゴ礁や原生林など、ホテル周辺の観光スポットを撮影した写真です。また、宿泊部屋の綺麗な写真も目を引きます。このような美しい写真を見ると、多くの人は「行ってみたい」と思うほどの魅力を感じるのではないでしょうか。

また、Facebookやインスタグラムのコメント欄でのやりとりは、ホテルや旅館でスタッフの方々との距離感の近さを感じます。宿泊するなら縁もゆかりもない所よりも、親しみのあるスタッフのいるホテルや旅館に泊まりたいと誰もが思うはずです。

また、旅行代理店企画も重要です。特に注目すべきは、ユーザーがハッシュタグをつけて投稿する旅先の写真を旅行会社が紹介するという企画です。「まだ私たちには知らない世界がある」という好奇心をくすぐる写真には、何千人もの人が「いいね!」をつけるほどです。

旅行代理店や旅館、ホテルといった観光業がSNSを活用するのであれば、美しい写真が必要です。なぜならSNSを見る人は、その美しい写真に気持ちが揺さぶられるからです。その上で写真についてコメント欄を通じて交流が加速することで、ホテルや旅館への親しみを感じ、「泊まるならここ」という気持ちにつながっていきます。

【関連記事】

【観光・旅行・宿泊(ホテル、旅館)・レジャー業界】SNS活用事例

まとめ

スマホユーザーの拡大によって、SNS集客アプリによる客寄せは非常に有効な方法でしょう。

店舗集客に関する方法をスムーズに成功させるためには、集客イベントに関わる問題点を把握することが大切です。特に、店舗と顧客の感覚の違いによるリピート確保の方法には注意しなければなりません。

問題点を把握したうえで、さまざまな店舗集客方法やアイデアの中から店舗に合う方法を選択・実践しましょう。

【関連記事】

2019年 集客力を飛躍的にアップする5つの方法

Webで集客する方法とは?有効な施策や実際の手法を紹介

おみせアプリ資料請求
おみせアプリ資料請求