「ファンマーケティング」という言葉から何を思い浮かべますか?

  • ファンを増やすための方法でしょうか。
  • それともファンを中心とした顧客にむけたビジネスでしょうか。

どちらも間違いではありません。

簡潔に言えば、「ファンを対象として売り上げを伸ばす手法」のことです。今回は、このファンマーケティングについて詳しく解説して行きます。

ファンマーケティングとは?

1つの商品やサービスに対して熱心なファンは20%程度いると言われています。このファン層を大切にしたマーケティングこそ、今回のテーマ「ファンマーケティング」です。

また、商品やサービスの顧客とコミュニケーションをとり、ファン化させて継続的に商品の購入やサービスの利用を促していく過程もファンマーケティングの手法の1つと言えます。

ファンマーケティングの変化

ファンの人数を増やすために、今まではテレビや紙媒体が中心の広告による宣伝を行ってきました。

現在の顧客獲得の手法に変化してきたのは、SNSの存在によるところが大きいでしょう。企業のWEBサイトなどを通じて顧客が意見や提案を伝えやすくなったこともありますが、個人のSNSによる発信力は絶大です。

ファンマーケティングのメリットについて

熱狂的なファンが「自分のお気に入りの商品を他の人にも伝えたい・使ってもらいたい」という思いをSNSを通じて多くの人々に発信することで、さらなるファンを自発的に生み出してくれるようになります。

企業としては、この消費するだけではない熱狂的なファンとの関係性を保つことによって、より安定した売り上げが見込めるようになることがファンマーケティングのメリットと言えるでしょう!

【活用事例】

リピーターの心理を知りファンを増やそう!リピート獲得のコツ

ファンマーケティングの事例は?

成功事例としては、「スターバックス」が有名でしょう。

スターバックスは、顧客から直接集めた意見を商品開発に取り入れブラッシュアップすることで、顧客を熱狂的なファンに育てていき、全世界90カ国以上でチェーン展開をするまでに成長しました(2020年時点)。

口コミを利用したファンによる情報の拡散を最大限に生かし、新商品の宣伝にもつなげました。

このため、スターバックスは日本ではテレビCMを流したことが無く、広告・宣伝費の抑制も実現しています。この結果こそ、ファンマーケティングが費用対効果が高く忠実な顧客を獲得できることの裏付けとなる最大の実例でしょう。

ファンマーケティングを実践するには?

ここまでファンマーケティングに関する手法や事例をご紹介しましたが、読んでみて「実際に行動に移すのは無理」と思われた方も多いかもしれません。

そこで、何点かファンマーケティングを実践に移すためのヒントを最後にお伝えします。

  • 「長きにわたり愛され続ける商品を作るにはどうすれば良いか」という点から顧客にアンケートを取って見る
  • 自社の商品やサービスをファンの方がSNSで拡散してもらいやすくなるように、サービス独自のハッシュタグなど、ユーザーが自発的に拡散できる仕掛けをつくる
  • インフルエンサーを活用する

当サイトでは今後もファンマーケティングについて執筆予定です。また、SNSを利用した情報発信や顧客育成の具体的な手法例もご紹介しています。ぜひ続けてご覧いただくことをお勧めいたします。

【活用事例】

顧客満足度(CS)向上の成功事例5選!今すぐ売上につながる施策とは?

企業の戦略・SNSマーケティング!その活用事例も紹介!

企業がSNSを有効活用するポイント!!ブランディングや販促

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
7,500店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

電子スタンプ

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査