今の時代Facebookって集客効果ありますか?
先日、ある企業のWEB担当者の方からこんな一言をいただきました。


こんにちは!GMOデジタルラボ株式会社、札幌本社プランナーのやま子です。

先述の方のように、
「自分もFacebookアカウントを持っているけれど、今は使用していないし、チェックもしていない。」
「最近ならLINE@とかの方が流行っている。」「Twitterの方が手軽だし、広まりやすい。」
と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、総務省の発表したデータによると、「最近約1年以内に利用した経験のあるSNS」で、FacebookはLINEに抜かれ2位でした。

11

平成27年版情報通信白書

しかし、ここで声を大にして言いたいことがあります。
『Facebookは数あるSNSの中で最も《知られざる広告効果》を発揮』しているSNSです!

今回は、Facebook集客の効果を見直すとともに、Facebookの運用方法のコツについてお伝えしたいと思います。

≪この記事はこんな方におすすめです≫

  • Facebook集客を行った経験のある方・行っている方。
  • Facebookアカウントをお持ちの方。
  • Facebookを使った集客に興味のある方。

※この記事は、2017年8月3日に更新しています。

なぜFacebook集客が重要なのか?

なぜFacebook集客が重要なのか』―その答えは、Facebookページの特性にあります。
鍵となるワードは検索順位信頼感です。

Facebook集客が重要な理由① WEB検索の際、上位に表示されることが多い

Facebookと他のSNSを比較した際に、大きく異なる点の1つは『WEB検索で上位に表示されるか』という点です。

webで『ブランド名(店舗/企業名)』を検索しても、Facebook以外のSNSは上位に表示されないケースがほとんどです。
(たまにTwitterやInstagramも表示されますが、数としては少ないです。)

一方、Facebookはというと、必ずと言っていいほど検索1ページ目に登場してきます。
それくらいFacebookはSEO(検索エンジン最適化)に強いのです。
実際、公式HPを持たない店舗や企業においてFacebookがHP代わりによく使用されていますよね。

Facebookページがweb検索で上位に表示される
この現象は、たとえFacebookの更新を怠ったとしても、継続される可能性が高いです。

・・・勘の良い方はもうお分かりかもしれません。
『Facebookページの更新を怠ると、その姿を顧客(特に新規顧客)に見せ続けること』になってしまうのです。

確かに、リピーターさんであれば、最近は他のSNSに注力しているんだなと理解してくれるかもしれません。

しかし、新規のお客さまや1~2度の接点があっただけのお客さまの場合はどうでしょうか?

例えば、「〇〇(ブランド名)」で検索して、公式HPや注力しているSNSより先に、検索1ページ目に表示されたFacebookページを見たとします。

そのページの更新日が1年以上前のものであったり、他のサイトへのリンクばかりで情報が薄いものであったりした時、新規のお客様はどう思うでしょう。
少なくとも、『良い印象は持たない』ですよね。

今の時代、初めて店舗に来店したり商品を購入したりする前に情報収集をするのが当たり前だと言われています。
検索上位に表示されやすい『Facebookページ』は、いわばブランド(店舗/企業)の看板です。

大変かもしれないですが、大切に運用していきましょう!
きっと、オーナー様やWEB担当者の皆さんの知らないところでも良い効果を生むはずです。

shutterstock_356350334

Facebook集客が重要な理由② 実名登録が基本という信頼感

Facebookと他のSNSを比較した際に、大きく異なる点の2点目は『実名登録の利用者が多い』という点です。
総務省の調査によると、下図のようにFacebookにおける実名利用の割合は、実にTwitterの3.6倍
内輪での利用が多いと言われているLINEよりも20%以上多いという結果になりました。

2

ユーザーは、「公式ページである以上、TwitterであれInstagramであれ確かな情報が載っているだろう…」と思うので、どのSNSにも一定の信頼感はあるでしょう。

しかし、『コメント』という点でいうと、Facebookは他のSNSを大きくかけ離す威力を発揮します。

実名を公開して「おすすめのお店です」「お気に入りのブランドです」と投稿されたFacebookコメントは、匿名投稿が多い他のSNSのコメントより、絶大な『信頼感』を与えます。

事実、Facebookページには、『レビュー欄』というユーザーが評価する欄があります。(下図)
そこに、「★5 また行きたいです」「★4.5 とても感じのいいお店でした」という実名のコメントが並ぶ様子は、どんな素晴らしいキャッチコピーよりも信頼感があると言えるでしょう

IMG_0779
実は私自身も、あるお店のFacebookページの『レビュー欄』に並んだ、「ありがとうございました」「記念になりました」というコメントを見て、行ったこともないのに、そのお店のファンになってしまったという経験があります。
「もしそれが匿名のレビューだったら?」、私もそこまで気に留めなかったかもしれません。

実名を出しても勧めたいというお客様のコメント(いいね!)=最高の信頼感を生みます。

Facebookを活用して信頼感を演出できれば、無料で新規顧客を獲得、顧客育成をすることも夢ではないのです!

秘めた集客効果を持つFacebook

このように、店舗・企業の集客のかたちを考える上で、Facebook』決してないがしろにしていいものではありません

色々なSNSが出てきて運用に困ってしまうことはあると思います。
また、別記事でも書きましたが、業種・業態に合わせて最適なSNSは違ったりもするので、Facebookの優先順位が低くなることもあるでしょう。
(私自身、店舗や企業によっては、他のSNSに注力した方がいいとオススメすることもしばしばです。)

しかし、『「優先順位を下げる」ことと「更新を怠る」こと』は違います!

もし、既にFacebook集客を始めているのであれば、1週間に1回。1カ月に1回、2カ月に1回だって構いません。
放置せずに、更新してみましょう。
他のSNSやブログ等に誘導する記事だけではなく、『Facebook上で完結する記事』を投稿してみましょう。

それだけでも印象はぐっと変わるものです。

※なお、これからFacebook集客を考えているという方は、いろんなFacebookページを見てみてください。
先述の例のように実名レビューがいっぱいあるページも、まったく更新されていないページも両方です。
これからどう運用していけばいいのか、考える良い参考になるでしょう。

 

shutterstock_369632525

【関連記事】

美容室オーナー必読!失敗例から学ぶSNS活用方法

【必見】SNSを活用した集客方法(上手な使い分け方編)

集客のためのFacebook運用法

もしここまでを読んで、『Facebookページの更新方法を見直してみようかな・作ってみようかな』と思われた方がいらっしゃったら、私がお伝えしたい『Facebook運用』の主なポイントは、以下の3つです。

  • 宣伝ばかりの投稿をしない。
  • プロフィール欄を常に最新情報にする。
  • 1日の投稿は2回未満。

Facebook運用のコツ① 宣伝ばかりの投稿をしない

セールの告知しかしないアカウントなど、『宣伝ばかりの投稿』であるとお客様に敬遠されてしまう傾向があります

TVでスポーツ中継を見ている時やYouTubeで動画を見ている時に、やたら宣伝が入ってきて、その広告主についてあまり良い印象を抱かなくなってしまったことはありませんか?それと同様です。

宣伝だけでお客様との距離感を縮めることも難しいので、たまには『いかにも宣伝という内容ではない投稿』をしてみましょう!

例えば、以下のような内容はどうでしょうか?

  • 店舗(企業)の創業エピソード
  • 店舗(企業)のコンセプト(スピリット)
  • お客様とのエピソード
  • 業界のマメ知識(お客様からよくある質問のQ&A)

なお、Facebookは他のSNSに比べて文字をたくさん投稿できるので、基本的には文字(テキスト)中心の投稿が望ましいのですが、たまに写真だけの投稿をすると、「いいね!」されやすいという傾向もみられます。

「飲食店⇒料理や食材」「美容室やネイルサロン⇒髪形やネイル」「観光業⇒風景」などの写真を文字を使わず投稿してみるといいかもしれません。
道端の花の写真などでもいいですよ。

shutterstock_534013525

Facebook運用のコツ② プロフィール欄を常に最新情報にする

Facebookはweb検索時に比較的上位に表示されるので、『プロフィール欄を常に最新情報にする』ことも重要です。

これは特に店舗で多いのですが、住所や電話番号、定休日が変わったにもかかわらず、Facebookのプロフィール欄の情報を更新していなかった為、『クレーム』になるというケースが多々見受けられます。

「HPには新しいものが書いてあるじゃないか」と言いたくなるかもしれませんが、お客様の側からすると、「店舗の公式アカウントなのに…」と思うでしょう。
お客様に『不信感』を与えないよう、プロフィール欄は常に最新のものにしておきましょう

Facebook運用のコツ③ 1日の投稿は2回未満

今まで散々更新しないことはいけないことだという論調できましたが、Facebookの場合、『更新しすぎても逆効果』になります。

Facebookは、Twitterのような実況中継型のSNSではなく、どちらかというと日記型に近いSNSなので、1日に4回も5回も投稿すると、煩わしさを感じさせてしまいます。

Facebookの最適な更新頻度に関しては、さまざまな意見もあるかと思いますが、投稿が『週5回』以上になると、頻度が上がるごとに反応が減っていく傾向が見られるというデータもあります。

情報は多い方がいい世の中ですが、Facebookの場合は、投稿数を『1日に2回未満』にした方が良いでしょう。

shutterstock_309171965

【関連記事】

【2017年最新】集客力を飛躍的にアップする5つの方法

【必見】SNSを活用した集客方法(上手な使い分け方編)

まとめ

  • 『Facebookは数あるSNSの中で最も《知られざる広告効果》を発揮』しているSNS

理由① WEB検索の際に上位に表示されることが多く、看板でもある。
理由② 実名登録でのコメントが与える信頼感は他のSNSのコメントを超える。

  • 集客のためのFacebook運用法

コツ① 宣伝ばかりの投稿をしない。
コツ② プロフィール欄を常に最新情報にする。
コツ③ 1日の投稿は2回未満。

最後に、ここまで書いてきていうのも何なのですが、SNSは非常に効果的な集客ツールである一方で、非常に運用が難しいツールです。

最近、新サービスの追加や新ツールの登場等でSNS業界は盛り上がっています。
経営者やWEB担当者として、その波に乗らない手はありませんが、『1年後、3年後、5年後』を考えることも重要です。

直近の反響が良かったものや、身近な人の間で流行っているSNSを優先したくなる気持ちもわからなくもないです。
ただ、中長期的に考えた時、いちばん大切なことは『ブランド(店舗/企業)のファン』を育成することではないでしょうか。

私はFacebookの差し金ではありませんが、冒頭の「今の時代Facebookって集客効果ありますか?」という問いには、「ありますよ!」って全力で答えたいと思います。

実際、Facebookユーザーは全世界にたくさんいますし、上手く集客に活用している店舗もたくさんあります。
…そして何より、流行や新規顧客だけを追いかけるような視点に立った集客戦略の立て方は危険だと思うからです。

『1年後、3年後、5年度』を想像して、これからの集客方法を考えてみましょう。
きっとそれが一番大切で、お客様の笑顔を作る店舗(企業)になれるかのカギなのだと思います。

【関連記事】

口コミ集客の成功に欠かせない4つのポイント ~口コミで新規顧客を獲得しよう~

≪経営安定化≫ロイヤルカスタマー育成戦略と成功事例

おみせアプリ資料請求