企業アプリの導入にはさまざまなメリットがあります。そのため、企業戦略のひとつとしてアプリを導入する企業が増えています。今回は企業アプリ導入のメリットやデメリット、成功事例について紹介いたします。

≪この記事はこんな方にオススメです≫

  • 企業アプリの導入を検討している方。
  • 企業アプリを導入することに、どのようなメリットがあるのか知りたい方 。
  • 企業アプリを導入するデメリットについてもきちんと知っておきたい方 。

1.企業アプリ導入のメリット

企業アプリを選ぶうえで、まず重視したいのは自社にとってのメリットです。ここでは、「企業アプリを導入することでどのようなメリットが得られるのか」について説明していきます。

1-1.ホーム画面で企業想起を促せる

アプリは、スマートフォンやタブレットのホーム画面にアイコン表示ができます。ユーザーがホーム画面を見るたびに目に入りやすく、アイキャッチとしての効果も期待できます。アイコンを見るたびにユーザーがサイトを思い起こし、アクセスしやすい状況を作ってくれるのです。

このような観点から、アプリはユーザーに最も近い企業広告といえるかもしれません。広告には、紙媒体やWeb広告、デジタルサイネージ、屋外看板などさまざまな種類があります。しかし、どのような広告でもユーザーの目に入らなければコストは無駄に終わります。アプリは、ホーム画面で企業想起を促すことが可能です。ユーザーの購買意欲に直接訴えやすいことが、アプリの大きなメリットといえるでしょう。

1-2.プッシュ通知によりエンゲージメントを高められる

アプリでは、プッシュ通知という便利な機能を利用できます。プッシュ通知とは、ユーザーに直接メッセージを配信できる機能のことです。メッセージは、スマホのホーム画面に表示されるため、「ユーザーの目にとまりやすい」というメリットがあります。

プッシュ通知の内容は、新商品の案内やセール情報などが多く、そのままタップすればすぐにアクセスできます。プッシュ通知は、あらかじめ許可を得たユーザーにしか配信されません。そのため、「プッシュ通知を受けたユーザーの約70%はすぐにアプリを起動する」という調査結果も出ています。

プッシュ通知機能がないアプリの場合、ユーザーがアクセスすることで最新情報をキャッチします。しかし、ユーザーによってはアプリの存在が薄れてしまうかもしれません。プッシュ通知でユーザーが欲しい情報を配信できれば、その分興味を持続させることが可能です。アプリへの親近感を深めてくれることが期待できるでしょう。プッシュ通知を利用することで、エンゲージメントを高められることもメリットです。

【関連記事】

【無料資料DL】メルマガよりも効果的なプッシュ通知とは

1-3.ポイントシステム等の多様な機能が利用できる

アプリは、「多様な機能が利用できる」というメリットがあります。その一つにあげられるのがポイントシステムです。ユーザーに向けて、ポイントカードを発行しているショップや施設は多いのではないでしょうか。貯まったポイントはショッピングなどに利用でき、お得感をアピールできます。しかし、プラスチックカードや紙のカードは財布に入れることが多く、その分場所を取りやすいのがデメリットです。その結果、ポイントカードを利用しないユーザーもいるでしょう。アプリのポイントシステムなら、ユーザーはポイントカードを持つ必要がありません。

ポイントは、アプリにどんどん貯まっていきます。ポイントのお得感に加えて利便性がアップされるため、さらに販売促進につなげることも可能です。これまでポイントカードを敬遠していたユーザーの利用も見込めるでしょう。

【関連記事】

ポイントカードシステム導入のメリットとアプリ作成がオススメな理由

ポイント管理システムの機能・選び方について・店舗運営の販促に役立つ情報を解説!

2.企業アプリ導入のデメリット

企業アプリは良い面ばかりとは限りません。利用するうえで不便な点もあります。ここでは、アプリを導入する際のデメリットについて紹介していきます。

2-1.最新情報が自動的に反映されない

アプリをダウンロードするのは、ユーザーです。そのため、ユーザーがダウンロードしなければ利用につなげることはできません。ダウンロードをしても、ユーザーがアップデートをしなければ、最新情報が反映されない場合もあります。アプリは自動でのアップデートもできますが、それにはユーザーが自ら設定することが必要です。

このように、ダウンロードもアップデートもユーザー任せになってしまう点はデメリットかもしれません。アプリの有効な運用のために、ユーザーにダウンロードとアップデートをしてもらえるような導線設計が重要です。

一般的に使われているものでいえば、QRコードを読み取ってもらう方法などがあげられます。ほかにもアプリの利用を促すような宣伝なども必要でしょう。ただし、アピールの方法を間違えてしまえばうまく活用されないかもしれません。アプリ開発と同時にユーザーへの利用を促す手段を考えることも必要です。

2-2.開発に費用がかかる

アプリのデメリットの一つは、開発費用がかかることです。開発会社にもよりますが、一般的にはWebサイトの作成より費用は上回るといわれています。

そのうえ、開発費用をかけただけ売り上げに直結できるとは限りません。アプリのコンテンツによっては、実際の販売促進につながらないこともあるのです。アプリ開発をしただけで、すぐに結果が出るとは考えないようにしましょう。

重要なのは、事前に様々なケースを想定し、アプリの活用方法についてあらかじめ考えておくことです。開発にかけた費用を回収していく収益計画もきちんと立てておきましょう。

【関連記事】

アプリ開発の企画書を作るための重要ポイント・注意すべき点を解説

3.企業アプリ導入の成功事例

企業アプリを導入することで、どのような企業が成功を収めているのでしょうか。ここでは、企業アプリの導入で成功した事例を紹介していきます。

3-1.Domino’s App

「Domino’s App」は、ドミノ・ピザが運営するアプリです。ピザを注文する専用のアプリで、お持ち帰りと宅配の両方の注文が可能です。クーポンの発行などお得な機能が充実していますが、画期的といえるのはGPS機能を採用した点でしょう。

通常、宅配ピザといえば宅配先は自宅またはオフィスなどに限定されがちです。ところが、「Domino’s App」はどこからでも宅配ピザの利用ができます。もちろん、宅配可能な場所であることは前提ですが、GPS機能を利用することで自宅やオフィス以外への宅配も可能にしたのです。注文の際「ピンポイントデリバリー」を選択して位置情報取得を許可すれば、最寄りの店舗から届けてもらえます。

3-2.スシロー

飲食店での待ち時間が長いと、ストレスに感じる人もいるかもしれません。入店してから予約を入れるのは、効率が悪いと感じる人もいるでしょう。そのような問題を解決したのが回転寿司チェーン「スシロー」のアプリです。「スシロー」アプリは、事前に入店予約ができます。待ち時間を大幅にカットできるので、その分ストレスが軽減されるかもしれません。お持ち帰りの予約もアプリからできるため、時間の有効活用が可能です。

さらに、ポイントシステムの導入で使えば使うほどポイントがアプリに貯まって、かわいいオリジナルグッズと交換してもらえます。「スシロー」のアプリは、リリースしてから約1カ月で10万ダウンロードを超えるほど注目されました。

3-3.ラウンドワン公式アプリ

ラウンドワンの「ラウンドワン公式アプリ」では、簡単にレーン予約ができます。「ラウンドワン公式アプリ」は、バースデークーポンや利用料が半額になるクーポンなど、クーポンが豊富です。しかも、当日すぐに使えるものから翌日以降使えるものまでそろっているのも人気の理由でしょう。

また、会員カードがアプリに組み込まれているため、カードを持ち歩きたくない人にもうれしいサービスです。ゲームの記念写真をダウンロードできたりスコア管理ができたりと、楽しむための工夫がいろいろ盛り込まれています。「ラウンドワン公式アプリ」は、ダウンロード数が累計で850万を超えるという人気ぶりです。

4.企業アプリを導入するならGMOおみせアプリで

企業アプリの導入を考えているなら、GMOおみせアプリがおすすめです。どのような特徴やメリットがあるのか紹介していきます。

4-1.GMOおみせアプリとは?

GMOおみせアプリは、手頃な料金からアプリ導入が可能なアプリ制作サービスです。東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社が運営しています。集客や売り上げアップにつながる豊富な機能がそろっており、リピーターを確保したい企業の強い味方といえるでしょう。

GMOおみせアプリなら、顧客側にも店舗側にも使いやすいアプリ制作が可能です。デザインも豊富で、さまざまな業種に対応できるのも使いやすい点ではないでしょうか。それを裏付けるように、すでに導入企業は2000社を超えています。

しかし、アプリを開発してもユーザーにダウンロードしてもらえなければ意味がありません。GMOおみせアプリには、サービス特典としてアプリ宣伝用のサイト制作がついていますので、宣伝用のコストを抑えながらアプリ利用のPRが可能です。

4-2.GMOおみせアプリの特徴

アプリ導入で必要なのは、単にユーザーに利用してもらうだけではありません。ユーザーがどのようなサービスを求めているのか把握できることも重要です。GMOおみせアプリは、スタンプシステムやクーポンの発行などユーザーにとってお得感のある機能も充実しています。リピーターの確保やスマートな利用には、予約システムやスマホ決済などは欠かせませんが、もちろんそれらの機能も利用できます。

機能の充実度のほかに気になることといえば、やはりコストの問題ではないでしょうか。GMOおみせアプリなら、店舗経営に便利なさまざまな機能をリーズナブルな価格で利用できます。

企業アプリはメリットがたくさん!制作サービス利用も検討を

店舗や施設を利用する際、利便性を重要視するユーザーは増えています。必要な情報を必要なときに提供できることは、集客をするうえで重要なポイントです。

企業がアプリを導入することで得られるメリットはたくさんあります。しかし、アプリ導入にはコストを抑えることも大切です。低コストで機能豊富なアプリ導入を考えているなら、GMOおみせアプリを検討してみましょう。

アプリ導入を検討ならまずは資料請求

GMOおみせアプリは、リピーターを増やし、ロイヤルカスタマーを育成していくために役立つ機能が満載の集客アプリ作成サービスです。


集客方法に悩んでいる店舗様は、O2Oアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

40秒で簡単入力! 無料で資料請求する