経営者マネージメント層販促手法を考えている人の中には、どうすれば効果的なプロモーションを行えるのか知りたい人も少なくありません。

店舗企業の販売促進に関わる課題を解決するためには、販売促進の基本を学ぶことが大切です。また、事例を知ることも参考になるでしょう。

ここでは、経営者やマネージメント層向けに販促の手法から事例まで幅広くご紹介します。

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!

販売促進とは簡単にいうとどんなこと?

販売促進は「セールスプロモーション」のことです。「販促」と略して呼ばれることもあります。

売り手が買い手の購買意欲を刺激して、商品を購入させるための活動を幅広く指します。

セールスプロモーションと呼ぶと、マスメディアを使った宣伝活動やダイレクトメールなどを想像するかもしれません。

しかし、実際は、商品の陳列の仕方や店頭の販売員の教育なども、販売促進に含まれているのです。他にも、アフターサービスも販売を促進する効果が期待できますから、販売促進の一部と考えられています。

【関連記事】

店舗集客力を高めるコツとは?客寄せの法則

売上アップには戦略が重要!売上向上の方法と施策とは?

販売促進とマーケティング

販売促進とマーケティングは混同されがちですが、実際は異なるものです。販売促進とマーケティングの違いは一言で言うと、その活動を行う対象の違いです。

販売促進 →→→ 商品を対象とした活動のことを指します。
マーケティング →→→ 消費者を対象とした活動のことを指します。

マーケティングでは、消費者が商品を購入する理由を調べることを重視しています。一般的に、マーケティングの中に販売促進が含まれていると考えられています。

販売促進が重要な理由

販売促進の重要性の高まりとIT技術の発達は関係しています。

IT技術が発達し、インターネット検索やSNSなどが多くの人に利用されるようになりました。その結果、消費者はさまざまな商品に関する膨大な情報を毎日のように取得しています。

商品の情報を集めやすくなったため、消費者の持つ選択肢は多くなりました。たくさんある選択肢の中から自社の商品を手に取ってもらうには、販売促進が欠かせません。

インターネットが普及する以前からあるテレビや新聞などによる広告ももちろん有効ですが、SNSやネット広告なども無視できないでしょう。

販売促進は、情報の取得方法が増えるにつれて、重要度が増してきているのです。

【関連記事】

【サービス業向け】販促計画の参考に使える年間販促カレンダー

大手予約サイトに頼らない!個人店の美容室が成功するための宣伝方法

販売促進のアイデア・施策・方法

販売促進の基本を理解した上で、販売促進のアイデアや施策などに繋げることが大切です。

販売促進のアイデア

販売促進のアイデアを考える上で、一番大切なのは消費者のことを考えることです。

オフラインでもオンラインでも、さまざまな手法があります。しかし、消費者を動かして、商品を購入してもらうという基本は変わりません。その基本を踏まえた上で、買ってみたくなるアイデアを考えることが重要です。

もしリピーターを増やしたいということであれば、現在の顧客データを分析し、そこから読み取れる特徴や傾向を元に「どうしたら興味を持ってもらえるか?」についてアイディアを出しあうことが必要でしょう。

販売促進の施策・方法

販売促進のアイデアが閃いたら、次に販売促進の施策や方法について考えましょう。

実際に行えるかどうかが重要です。例えば、非常に効果的な販売促進の方法があったとしても、予算を大幅に超えるような方法は実行できません。

そのため、販売促進の方法などについて具体的に検討に入る前に、さまざまなケースをあらかじめ想定し、それぞれの場合に実行できるアイデアを出しておくことが大切です。

【関連記事】

【経営戦略のカギ】店舗集客に適切な広告費の目安とは?

飲食店集客アイデア・集客ツール徹底解説

オフラインプロモの手法・種類

オフラインプロモの手法や種類は、いくつも存在しています。そのため、自社の商品の購入層をよく理解して使い分けることが大切です。

年代や趣向、地域などによって効果的なオフラインプロモの手法は異なってきます。

チラシ(新聞折り込み、ポスティング、街頭)

新聞折り込みやポスティング、街頭のチラシ配りなどは、オフラインの手法の中で最も手軽に行える手法の1つです。

チラシの作成費用も抑えやすく、ポスティングやチラシ配りなども低予算で可能です。特定の地域で、低予算で集客を行いたい時に適した手法でしょう。

【関連記事】

反響が出やすいチラシを見やすく作成するための基本とコツ

新聞、雑誌広告

新聞は全国紙などの場合高額な費用がかかりますが、信頼性に優れています。

商品の信頼性を重視したり、商品の信頼性をこれから高めていこうと考えていたりする場合に最適です。全国紙と地方紙で広告の費用や読者数が大きく違うのも特徴です。

雑誌は専門性に合わせた広告を載せることができれば、効果的にプロモーションすることができます。また、雑誌は繰り返し読まれる可能性が高いので、そこもメリットといえるでしょう。

看板、のぼり、交通広告

看板やのぼり、交通広告は、場所や仕様によって費用が大きく異なってきます。

屋外にある広告は、通行人の多い場所ほど効果的になり、高額になる傾向があります。駅などの交通広告は、一定の利用者がいるため、プロモーションの効果を期待しやすいかもしれません。

DM(ダイレクトメール)

DMは、パンフレットなどを同封することもできるので多くの情報を届けることが可能です。

また、クーポンなどをつけることにより、どのくらいDMの効果があったのかを判断することもできます。既存の顧客にも、新規の顧客にも有効です。

イベント

イベントは、参加者と企業をより密接に結びつけ、好感度を高める効果が期待できます。また、企業と参加者だけでなく、参加者同士の交流を促すイベントも効果的です。

たとえば新商品のワインを販売したいと考えている場合に、お得意様限定のワイン試飲イベントを開くなど、イベントの面白さや参加者同士の交流の楽しさが、購買の動機になります。

一方的に情報を提供するのではなく、イベントの体験を通じて、商品や企業に対してポジティブな印象を与えることが大切です。

【関連記事】

イベントを開催して集客しよう!インターネットでの集客方法や事例も紹介!

パブリシティ(プレスリリース)

パブリシティとは、広報活動のことを意味します。

一般的には、プレスリリースと同じような意味で使われることも少なくありません。プレスリリースの最大の特徴は、基本的に宣伝費が無料であるところです。

報道機関に記事を書いてもらったり、番組として取り上げてもらったりすることで、消費者の購買意欲を喚起させます。第三者である報道機関が有用性をアピールするため、信頼性が高い情報として扱われるメリットもあります。

オンラインプロモの手法・種類

オンラインプロモの手法や種類も、オフラインプロモ同様に、ターゲットに合わせて使い分けることが重要です。

メルマガ、アプリ

メルマガやアプリは最初に利用者に登録してもらう必要がありますが、自由度が高い情報を提供できるというメリットがあります。新商品や新しいサービスなどの情報を定期的に提供することで、常連客を育成していくことに適しています。

また、メルマガなら開封率やクリック率などを測定して、今後のプロモーションの参考にすることが可能です。

アプリも現在では様々な機能を持っているアプリが多数あります。ニュースやプッシュ通知などの情報配信だけでなく、顧客管理や分析機能が付いているアプリを活用すれば、より効果的に顧客にアプローチすることができるでしょう。

【関連記事】

メールやプッシュ通知、SNSは配信タイミングが重要!最大の効果を得る方法は?

メルマガの開封率を上げる2つの方法と新手法!?

アプリ集客方法をO2O活用事例から学ぼう!効果を徹底分析!

HP、SNS、ブログ

HP、ブログ、SNSは、利用者との関係性の構築に適しています。媒体ごとにユーザー層が違うことを認識することが大切です。

例えば、SNSと一口にいっても、男女の比率や主な年齢層などが異なってきます。上手くユーザー層と商品のターゲットが重なれば、大きな効果が期待できるでしょう。

【関連記事】

店舗・企業のSNS集客担当者必見!SNS活用上手な使い分け方

企業がSNSを有効活用するポイント!!ブランディングや販促

ブログ・メルマガ・SNS集客に効く文章の書き方

ネット広告(リスティング、アフィリエイト、リマーケティング)

ネット広告はリスティング広告とアフィリエイト、リマーケティングなど多岐にわたりますが、それぞれに特徴があります。

リスティング広告は、インターネットで検索した際に検索結果と一緒に表示される広告のことです。プロモーションを行う側はあらかじめキーワードを指定しておきます。

その指定したキーワードでユーザーが検索した際、初めて広告を表示します。そのため効率が良いとされています。また、表示されただけでは費用がかからず、その広告をクリックされた場合に費用が発生します。

アフィリエイトは、リスティング同様に広告が表示されただけでは広告費は発生しません。また、クリックされただけでも費用が発生しないところが特徴です。

アフィリエイトで費用が発生するのは、ユーザーが商品を購入したり、資料請求などをしたりした場合だけです。費用対効果に優れています。

リマーケティングは、ウェブサイトを1度訪問したユーザーに再度アプローチをかける手法です。

そのサイトを訪れたということは、その商品に関心を持っている可能性が高いです。提携サイトに広告を表示することで、もう1度訪問してもらうことを狙います。

【関連記事】

Web広告8選!ディスプレイ広告やリスティング広告などの種類別詳細と活用事例

動画マーケティングは企業にどんなメリットがある?動画広告で成功するコツ

企業の販売促進事例

企業の販売促進の事例は、参考になる場合が少なくありません。もちろん、企業や商品によって、いろいろな違いがあるため、そのまま用いることは難しいでしょう。

しかし、アイデアを閃くきっかけになったり、避けるべき事態に事前に気づけたりするかもしれません。

成功事例

あるドーナツ店では、ドーナツを作る作業を客や通行人に見てもらえるようにして成功しました。

ガラス張りの中で作られるドーナツの様子やドーナツの匂いが、通行人の興味を引くのに効果的だったのです。忘れがちですが、匂いというのも効果的な販売促進の媒体といえるでしょう。

いい匂いにつられた通行人たちにお店に視線を向けてもらったり、食欲を感じてもらえたことが成功の一因になりました。

【関連記事】

≪経営安定化≫ロイヤルカスタマー育成戦略と成功事例

失敗事例

ある雑貨店では、セレクトショップのようなオシャレな雑貨を安価で購入できるとチラシで宣伝しました。確かに雑貨の値段は安かったのですが、安価な物を雑然と店舗に陳列して販売していました。

その結果、チラシと実際の店内の様子の違いによるイメージダウンが起きてしまいました。

イメージを良く見せたいと思うことは悪いことではありませんが、あまりにかけ離れていると顧客が感じてしまうと信頼感が薄れてしまう場合があります。

はじめて来店した新規客がもう一度来てみたいと思うような商品レイアウトの工夫やオシャレと感じてもらえるような雰囲気づくりの施策をあらかじめ検討しておくことが必要だったのかもしれません。

たとえば、商品には自信があるのに、お店が古くて目指しているようなおしゃれな雰囲気がなかなか出しづらいと感じる場合などには、店舗販売だけにこだわらず、おしゃれなオンラインショップを作成して販売強化してみるのもよいでしょう。

まとめ

販売促進の方法は業種やターゲット対象により適したものが異なり、どの媒体を利用するかによっても効果が出やすいもの、出にくいものがあります。また、対策を検討する上で費用対効果も念頭に置いておく必要があります。

費用をあまりかけずに始めてみたい方は、まずは無料で利用できるものから試し、効果を測定しながらこのまま継続するのか、それとも別の媒体を試すべきかについて検討してみましょう。

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!

おみせアプリ資料請求