アプリ導入後はダウンロード施策が重要です。アプリはできるだけ多くのお客様にダウンロードしてもらうことで有効活用できるツールだからです。

アプリ販促にスムーズに移行するためには、アプリについて認知度を高めたり、ダウンロードしてもらうためにお客様への告知が必須となります。

既存のツールを利用するのはもちろん、店舗などでの対面での声掛けなどプラスアルファの手法が必要です。

登録
無料

メルマガ会員募集中!

店舗集客に関するお役立ち情報を
随時配信中!!

同意いただいた上でチェックボックスに入力後「登録する」ボタンをクリックしてください。

告知方法について

アプリを導入してから販売促進へスムーズに移行するためにはまず様々な方法で告知を行いましょう。

WEB・SNSを活用

告知方法の一つとして、WEBを活用して告知するという方法があります。まずは自社のホームページ上に新着情報を掲載して告知しましょう。

アプリ導入キャンペーンなどを開催し、情報を広げることもおすすめの方法と言えます。WEB上にバナー広告を掲載したり、口コミなどを利用する事も大切です。

さらにSNSやインフルエンサーなどを活用して、多くの人にアプリの導入を知ってもらうようにしましょう。

 

既存の販促ツール(チラシ・DM・メルマガ)を活用

告知方法としては、既存の販促ツールを活用する事も良いでしょう。

例えばチラシを活用して、チラシの一部にアプリ導入の情報を掲載する方法もあります。また、ダイレクトメールを利用して告知したり、メルマガ配信を行うこともおすすめです。

すでに活用している販促ツールがあるならば、情報を盛り込んでみてください。

その他

その他の告知方法としては、店頭などで直接お客様に声をかけるという事もおすすめです。

多くの人の目につくような場所に、POPやポスターを掲示する方法も良いでしょう。店頭の出入り口付近レジ周辺など、多くの人が通ったり立ち止まったりする場所を選んで掲示すると効果的です。

飲食店などはテーブルに置いてあるメニューの一部を利用してアプリの導入をお知らせするのも良い方法でしょう。

 

メールやWEB

メールやWEBを利用してアプリを告知する際には、より利用者がスムーズにダウンロードできるようなご案内文を作成しましょう。 

その為には、アプリ導入を告知しているメールやWEB上にアプリがダウンロードできるURLを記載しておくことが大切です。URLを記載しておけば、少しでも興味を持ったお客様がその場でアプリを導入する可能性が高まります。 

自分で検索しないといけなかったり、別のページを経由してダウンロードするというような手間をかけてしまうと、そこでお客様が離脱してしまう事も多いです。 

そのため、メールやWEBを使ってアプリを告知するときには必ずURLを記載し、お客様がよりスムーズにダウンロードできるように道しるべを付けてあげましょう。 

店頭での声掛け

店頭で声掛けを行ってお客様にアプリの導入を告知すると、アプリを導入してもらいやすくなります。

その場でお客様に情報をダイレクトに伝える事ができるので、アプリに気が付いていなかったり、ダウンロードの方法が分からないと思っているお客さまがアプリを導入してくれる可能性が高まります

お客様に声掛けをするには、急いでいるお客さまではなく、比較的ゆとりを持って来店されたお客様を中心に声掛けしてみましょう。

ゆとりを持ったお客様の方がより効果的に反応が返ってきます。レジに並んでいるお客様がいる時などは、比較的話を聞いてもらいやすいので、積極的に声掛けをしてみてください。

告知内容について

アプリを告知する時は、アプリを導入した事でお客様が受けられるメリットを明確に伝えるようにしましょう。

ただアプリをリリースしたことのみを告知しても、お客様はアプリを導入しようという気持ちになかなか移行しません。アプリを導入する事は、多少なりともお客様にとって時間や労力を伴う作業なので、それに見合うメリットを同時に伝えることが大切になるのです。

例えば、アプリを導入するに伴い限定割引クーポンを発行したり、アプリ会員証を店頭で掲示すると特典をもらえるような方法となります。

このようなお客様が目を引くサービスを同時に盛り込む事でアプリ加入のお客さまも増え、さらに口コミで情報も広がっていくのです。

【この記事を読んでいる方におすすめのコンテンツ】

>>【販促ご担当者様必見!!】店舗アプリが必要とされる背景・理由<<

まとめ:ユーザーのメリットを考えアプローチをしよう!

現状の販促も活用しながら移行をスムーズにすることで、アプリ導入のスタートダッシュをきりやすくなります。

運用上の注意点としてメリハリのない情報配信はNGで逆効果です。ユーザーにメリットがある配信を心がけましょう。

また、アプローチ方法で一番効果が高いのはやはり直接の声掛けです。中にはユーザー情報などの入力をためらう人もいるので、ダウンロードしてもらうメリットを分かりやすく提示できるかがポイントです。

自社でアプリ開発するのが大変そうだと感じたら…

GMOデジタルラボでは開発目的・予算をヒアリングし最適なアプリ制作をご提案いたします。名だたる企業との豊富な取引実績をもとに、既存アプリの乗り換えから新規アプリの導入までぜひご相談ください。

資料請求はGMOおみせアプリ公式サイトからお気軽にお問い合わせください。

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
8,000店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

電子スタンプ

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査