近年、デジタル技術を取り入れて行政サービスの利便性や、業務最適化を図る自治体DXを取り入れる自治体が増えています。

地方自治体が自治体DXをすることで、具体的にどのような課題を解決できるのでしょうか。

今回は、自治体DXで解決できる課題や成功事例をご紹介します。

自治体DXとは

自治体DXとは、デジタル技術を積極的に取り入れて行政サービスの利便性の向上と業務最適化を図る取り組みのことです。

そもそもDXとは、「「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略で、デジタル技術を取り入れて問題解決や新たな価値の創造を図る取り組みのことを指します。

そんなDXを自治体に取り入れる動きが自治体DXです。

【よく読まれている記事】

経済の落ち込みによる消費減少の対策として作られたプレミアム付商品券。より多くの人に使ってもらい、さらなる地域活性化につなげるには、電子化の導入を検討する必要があります。プレミアム付商品券の電子化は使い勝手のみならず、コロナ禍における有用性の高さや、管理業務の効率化でも注目されています。

デジタル化で解決できる課題

地方自治体がデジタル化を進めることで、以下の課題を解決できます。

  • 人材不足による対応業務の遅延
  • アナログ文化の非効率な業務

それぞれの課題の解決について詳しく解説します。

人員不足による対応業務の遅延

自治体DXは業務の効率化が図れるため、人員不足による対応業務の遅延を解決できます。日本は少子高齢化が深刻化しており、特に地方自治体は人員不足が大きな課題となっています。

対応できる人員が不足すると対応業務の遅延が起こり、住民の住みやすさに悪影響を及ぼして人口減少などにつながりかねません。

そこで、自治体DXによって業務を効率化し、対応業務の遅延をなくすことで住民の住みやすさや信頼度を維持、向上できます。

アナログ文化の非効率な業務

アナログ文化の非効率な業務も解決できます。

アナログ文化とは紙文化のことです。日本ではデジタル化が進んでいますが、地方自治体はまだまだ紙文化が残っており、紙文化による行政の手続きや対応の効率の悪さが問題視されています。

しかし、自治体DXを進めることで自治体全体でデジタル化が進み、アナログ文化による非効率な業務を改善できます。

デジタル化が進めば利便性も向上し、住民も行政の手続きがしやすくなるでしょう。

自治体DX推進のポイント

自治体DXは、単に導入すれば問題を解決できるわけではなく、成功させるためには以下のポイントを押さえることが大切です。

  • IT人材の採用
  • 組織体制の構築

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

IT人材の採用

自治体DXを進めるためには、IT人材の在籍が必要不可欠です。現時点でIT人材がいない場合は、IT人材を採用して自治体DXに対応できる人材を確保しましょう。

駐在できる人材の確保が最も好ましいですが、IT人材をなかなか確保できない場合は民間企業などの外部人材の確保や、ツールの導入視野に入れましょう。

組織体制の構築

組織体制の構築も重要です。自治体DXの推進における組織体制とは、住民ファーストのサービスができる組織体制のことです。

一つの部門だけで自治体DXを進めても、住民に自治体DXを受け入れてもらったり、自治体全体に広げることは不可能です。自治体全体で自治体DXを進めるためにも、一つの部門だけではなく全体で協力して取り組むことを心がけましょう。

自治体DXの事例

近年、自治体DXを進める自治体が増えました。そこで最後に、自治体DXの事例を3点ご紹介します。

施設管理業務

まずご紹介する事例は、施設管理業務への導入事例です。ある自治体では、オンラインで利用予約ができるシステムやリモートで入室できるシステムを導入しました。これにより、窓口業務の効率化ができて人材不足を解消できました。

防災チャットボット

次にご紹介する事例は、防災チャットボットの導入事例です。防災チャットボットでは、被災した可能性がある方にLINEでメッセージを送り、受け取ったユーザーの位置情報や被災状況を確認できるツールです。

近年、日本は台風や地震、豪雨など災害が多発しており、防災チャットボットの重要性が高まっています。

モバイル商品券

最後にご紹介する事例は、モバイル商品券の導入事例です。これまでも自治体独自の商品券を発行していましたが、モバイル商品券は従来の紙媒体ではなくスマホアプリで手続き及び決済します。

紙媒体からデジタル化することで、不正利用の防止や加盟店の導入ハードルを下げることなど、多くのメリットがあります。

モバイル商品券プラットフォーム byGMO

体制の改善には自治体DXの推進が必要不可欠

人材不足など、自治体の改善には自治体DXの推進が必要です。

自治体DXの概要や推進のポイントを把握し、自治体DXを進めて体制の改善を図りましょう。

【関連記事】

地域活性化につながるデジタル地域通貨!仕組みや成功事例を紹介

プレミアム付電子商品券を自治体で導入する方法とメリットとは?


登録
無料

メルマガ会員募集中!

店舗集客に関するお役立ち情報を
随時配信中!!

同意いただいた上でチェックボックスに入力後「登録する」ボタンをクリックしてください。