消費税増税に伴い、家計の負担を緩和するために開始されたプレミアム付商品券事業。各市区町村が発行しましたが、なかには電子化したプレミアム付商品券を発行した自治体もありました。

プレミアム付商品券を電子化した理由は、不正利用防止対策や業務負担の軽減などのメリットがあるからです。

今回は、プレミアム商品券を電子化することで得られるメリットについて、自治体・利用者・加盟店に分けてご紹介するとともに、プレミアム付電子商品券を導入する方法を解説します。

モバイル商品券プラットフォーム byGMO

プレミアム付電子商品券とは

プレミアム付電子商品券とは、自治体が地域の経済活性化を図るために発行したプレミアム付商品券を電子化したものです。

販売額に対して額面額が20〜30%上乗せされるため、購入者はお得に地域でお買い物ができ、自治体も地域での買い物のきっかけを提供できるため、発行者も利用者もメリットがあります。

例えば、神戸市ではコロナ禍における経済の低迷や物価価格高騰による家庭へのダメージを支援するため、神戸市で利用できるプレミアム付電子商品券「神戸市プレミアム付電子商品券 Ko-Pay(コーペイ)」を発行しています。

参考:https://www.city.kobe.lg.jp/a92777/denshishohinken.html

プレミアム付電子商品券の自治体側のメリット

プレミアム付電子商品券を発行することで、自治体側には以下のメリットがあります。

  • 不正利用防止対策ができる
  • 業務負担の軽減
  • 使用状況の見える化
  • 準備期間の短縮

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

不正利用防止対策があり安心

プレミアム付電子商品券は、システムが自動で利用回数や上限金額を管理するため、不正利用防止対策が可能です。また、紙媒体のように第三者に渡すことはできないため、盗難や不正譲渡の心配もありません。

業務負担の軽減

プレミアム付電子商品券を紙媒体で作成する場合、印刷や利用者への郵送、データ収集と分析業務などが必要ですが、電子化すればこれらの業務が不要となるため、業務負担の軽減も可能です。

使用状況の見える化

電子化することで自動で使用状況を随時収集できるため、使用状況を見える化できるというメリットもあります。紙媒体の場合、加盟店などに使用状況を確認しなければならないため、すぐに使用状況を把握できなかったり、自治体も加盟店データ収集の手間がかかります。

準備期間の短縮

紙媒体のように印刷したり、利用者に郵送する手間が省けるため、準備期間の短縮もできます。電子化すれば、システムを開発すれば自動で配布が可能なため、印刷にかかる手間やコストがかかりません。

プレミアム付電子商品券の利用者側のメリット

利用者がプレミアム付電子商品券を利用することには以下のメリットがあります。

  • 利用店舗を簡単に確認できる
  • スマホで申し込み完結
  • 1円単位で利用できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

利用店舗を簡単に確認できる

紙媒体の場合、利用店舗が一覧で記載されているため、利用したい店舗が利用可能かを探す時間がかかります。しかし、電子商品券であれば店舗名を検索したり、現在地から利用店舗を確認できます。

スマホで申し込み完結

プレミアム付電子商品券は、スマホで申し込みが完結する点もメリットです。
紙媒体の場合、指定の場所に申込用紙を取りに行って必要事項を記入、提出しなければなりません。しかし、スマホで完結できれば好きな場所で、好きなタイミングで申し込めます。

1円単位で利用できる

1円単位で利用できるというメリットもあります。
紙媒体は、使いやすいように500円単位や1,000円単位でしか利用できません。しかし、電子商品券は1円単位で利用できるため、端数を無駄なく利用できるお得感があります。

プレミアム付電子商品券の加盟店側のメリット

プレミアム付電子商品券の加盟店になることのメリットは以下の通りです。

  • 業務負担の軽減
  • 非接触のため安心して利用してもらえる
  • 通信販売にも活用可能

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

業務負担の軽減

プレミアム付電子商品券はシステムが自動でデータを収集するため、データを集計して自治体に提出する業務が不要となり、業務負担軽減に貢献します。
また、印刷や郵送にかかるコストも削減できます。

非接触のため安心して利用してもらえる

非接触で決済できるため、利用してもらいやすいというメリットもあります。
感染症対策の重要性が高まる中、電子決済の需要が高まっています。そのため、紙媒体よりも電子付商品券の方が安心して利用できます。

通信販売にも活用可能

プレミアム付電子商品券は通信販売でも利用できるため、利用促進が期待できます。通信販売で使えるプレミアム付電子商品券であれば、実店舗から離れている遠方の住民でも購入しやすくなります。

プレミアム付電子商品券は導入が簡単

発行者にも利用者にも加盟店にも多くのメリットがあるプレミアム付電子商品券。モバイル商品券プラットフォーム byGMO」であれば簡単に導入できます。

モバイル商品券プラットフォーム byGMO

【関連記事】

プレミアム付商品券を電子化するメリット!地域経済を盛り上げ、更なる活性化を目指そう

 


登録
無料

メルマガ会員募集中!

店舗集客に関するお役立ち情報を
随時配信中!!

同意いただいた上でチェックボックスに入力後「登録する」ボタンをクリックしてください。