新型コロナウイルスの影響は非常に大きく、外出を控えたり、収入減による買い物・外食回数が減少したりと、特に小売業はこれまで以上に集客するための工夫が必要になりました。

そこで、この記事では「コロナがどのような影響を与えたのか」「集客アップのためにどのような工夫をすべきなのか」などについて、詳しく紹介します。

コロナによる変化!人の流れは郊外やオンラインへ

新型コロナウイルスによって外出自粛が呼びかけられていたため、特に都市部の店舗では利用者が大きく減少しました。
現在は自粛も解除された地域が多く、人の流れも徐々に戻りつつあります。

しかし、どちらかといえば郊外の店舗やオンラインショップを利用する人が増加傾向にあり、まだ完全にコロナの影響が払拭されたとは言い難い状況です。
感染防止やリモートワークなどによって外出する機会がコロナ騒動以前と比較すると大幅に減っており、特にオンラインショップの利用者が増加傾向にあります。

また、実店舗の場合、入店して買い物をするためにはさまざまな細かいルールを守る必要があり、それが負担だと感じる人もいます。
オンラインショップの利用者が増加している理由の1つにはそのような背景があるため、小売業側も状況に合わせた工夫を行う必要があるのです。

実店舗とECサイトの両立が有効

コロナが終息するまでには、まだまだ時間がかかるでしょう。その間に人の流れもさらに変わる可能性があり、先を見据えた対策を行う必要があります。

そこで、有効なのが実店舗だけではなく、ECサイトも同時に展開して両立していくことです。お客様は急ぎで必要なものは実店舗へ赴いて購入し、それ以外で必要なものはECサイトで購入するなど使い分けをして利用できます。

同時に、「キャッシュレス」「決済方法の種類を増やす」「セルフレジを設置する」などさまざまな見直しをする必要があります。

2018年、経済産業省は2025年までに支払い方法のうち、約40%をキャッシュレス決済にするという「キャッシュレス・ビジョン」を発表しており、そのような面を考えてもキャッシュレス決済の導入は将来的に必須となる可能性があります。

しかし、キャッシュレスと言っても「デビッドカード」「クレジットカード」「QRコードやバーコードによる決済」などさまざまな種類がありますし、中には現金で支払いたいと希望する人もいます。

そのため、お客様が希望する方法で支払いができるように、複数の決済方法を用意するほうが良いでしょう。

【関連記事】

【完全攻略】スマホ(モバイル)決済のメリット・デメリット~スマホ決済アプリでカード決済をかんたんに!~

DX・OMO・オムニチャネル・D2Cなどの面も考慮すべし!

今後、小売業で集客アップを望む場合、オンラインとオフラインをうまく融合したうえで活用していく必要があります。
たとえば、ここ最近のトレンドワードでいうと「DX」「OMO」「オムニチャネル」「D2C」などです。

DX

「DX」は2004年にスウェーデンの大学教授が提唱した「デジタル技術を進化させ、さらにそれを用いて暮らしのレベルアップを行う」というものです。
「デジタルによる変革」を起こすのが目的であり、元々あった価値観や定義されていたものを根底から変えてしまうレベルのイノベーションを行います。

【関連記事】

アプリで店舗DX!そのメリットを徹底解説

OMO

「OMO」は現在マーケティング界で最も注目されているもので、「実店舗・ECサイトなどの垣根をなくし、消費者にとって利便性の向上つなげ、結果としての購入を促す施策」です。
顧客データを増やすためにアプリや会員サイト、コールセンターなどでお客様の趣味嗜好や意見などを情報収集し、サービスを改善していくのです。

【関連記事】

OMOとは?概念や実際の事例とO2O・オムニチャネルとの違い

オムニチャネル

「オムニチャネル」は小売業界で注目されており、「販売経路・流通経路などを連携させ、消費者がどこでも同じように商品購入をできるようにする」という戦略です。
1度会員登録をしておけば、実店舗はもちろん、ECサイトやカタログなどさまざまなチャネルで使用でき、どこでも商品の確認や受け取りができるため、お客様の高い満足度を得ることが期待できます。

【関連記事】

【図解】オムニチャネルについて徹底解説!メリット・事例や他のマーケティングとの違い

D2C

「D2C」は「自社開発・制作の商品やサービスを自社のECサイトで消費者に直接販売すること」です。
自社の商品制作に賭ける思いやビジョンなどをお客様に直接伝えやすく、お客様の声を聞きやすいのでデータをもとにより良い商品開発につなげられます。

お客様と触れられる機会も多い「D2C」は自社ブランドのファンを獲得しやすいというメリットもあります。

小売業界で以前から、「ショールーミング」が問題になっていました。ショールーミングとは実店舗に訪れて使い勝手などを確かめてから、オンラインショップで購入することです。たとえば家電量販店で実物を見て、Amazonで購入するということが起こっていました。これでは実店舗にとっては損失です。

しかしながら、これからは「オムニチャネル化することで実店舗で手に取って見てもらい、購入は自社オンラインショップでしてもらう」など今までの常識とは異なる考え方を持つ必要があります。

【関連記事】

D2Cについてまとめて解説!ビジネスモデルと国内・海外導入成功事例

自社アプリの導入で集客アップをしよう!

 

小売業界で今後集客アップを考えるならば、自社アプリの導入が重要なポイントとなるでしょう。

新規顧客や多くの顧客を獲得することに集中すると、実際に売上アップにつなげてくれる優良顧客を獲得しにくくなってしまいます。

マーケティング業界では、「売上の8割は2割の優良顧客によるものである」という「パレートの法則」が有名です。

しかも、既存顧客を優良顧客にするために必要な広告費は新規顧客獲得の広告費より安く、5分の1程度となっています。

店舗アプリは、既存顧客を優良顧客にするために効果的な機能に特化したアプリです。今回は弊社が提供する「GMOおみせアプリ」を例に解説します。

来店促進機能

クーポン発行プッシュ通知ニュース配信などを積極的に行い、来店を促すことが期待できます。
配信は一斉・個別・属性別・店舗別などの配信方法と時限配信が可能です。

ニュース配信では画像を登録可能、クーポンの種類も通常クーポン以外に、スクラッチタイプや友達紹介・誕生日など各種揃えられています。

消費者とのつながりを重視する機能

「GMOおみせアプリ」にはスタンプやポイント、ランクアップなどの機能があり、お客様の購入意欲を増し再来店を促進します。
また、会員証をアプリ化して発行にかかる費用の削減につなげたり、お客様にとっても持ち忘れ防止になったりと便利で喜ばれている機能も搭載しています。

キャッシュレス対応

お客様はクレジットカードを事前登録しておくことで、「GMOおみせPay」の利用が可能です。
店舗にとって導入の際は決済端末・初期費用・固定費用などは不要です。

カスタマイズ可能でオリジナリティーのあるアプリに

デザインはベースとなるテンプレートを基本としますが、カスタマイズが可能です。またPOSなどと連携するなどのカスタマイズも可能です。

「実店舗×ECサイト」のアプリ導入をしよう!

コロナの影響は数年がかりになる可能性が高く、それを見据えた対策をする必要があります。

小売業では消費者のオンラインショップ利用が増加傾向であるため、実店舗とECサイトの両立をすることで売上アップにつなげることが期待できます。

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】は、来店促進や顧客管理機能などがあるほか、キャッシュレスにも対応しているので売上アップに有効です。

無料デモや資料請求などもあるので、まずは以下のボタンから気軽にお問い合わせください。

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
7,500店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

電子スタンプ

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査