新型コロナウイルスが流行して以来、飲食店はなにかと苦労する場面が増えています。終わりのない疫病との世界規模の戦いで飲食店のみならず様々な事業者が疲弊しています。

しかし今年に入りワクチンの接種が進み、世界規模でみるとマスクを外した従来の生活に戻りつつある地域も増えているようです。日本でも近い将来、今までと同じような生活を取り戻す日が来ることになります。

本記事では、新型コロナウイルス流行が去った後、いわゆる「アフターコロナ」の時代に飲食店がどのようなことを今から備えておけばいいかを解説します。

また、変化する顧客の需要に対して、効果的にアプローチを行う方法リピーター化に役立つ店舗アプリなどについても紹介していきます。

コロナ禍の飲食業界で行われた取り組み

スマートフォンを使ってテイクアウト・デリバリーした食品

Go to Eat キャンペーン

「Go To Eatキャンペーン」は、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んでいる飲食店の活性化のために、2020年に政府が立案したキャンペーンです。

キャンペーン期間中にグルメサイトを経由して飲食店の予約や利用をすると、その店で使用できるポイントや食事券が貰えてお客様の割引が大きくなるため、客数が増えるだけでなく、客単価の向上も期待できるものでした。

テイクアウト・デリバリーサービスの台頭

テイクアウト、特にデリバリーシステムが台頭してきたのも2020年ごろです。

ウーバーイーツや出前館など、デリバリーサービス提供事業者が成長を遂げ、デリバリーを代行してもらうことで人員や導入コストを抑えながら販売することが出来るようになりました。
テイクアウトやデリバリー以外にも、サブスクリプション方式を活用してる月額などの定額制で料理を提供して利益を上げている飲食店も一部あります。

これらの手法は新型コロナウィルスに対する根本的な解決策がなかった去年の段階で、飲食店が制約のある中で利益を上げる方法としては有効な手段であったといえます。

アフターコロナの飲食業界の動向は?

アフターコロナ

2021年7月時点で、日本で新型コロナウィルスのワクチンを1回でも摂取した人6030万人となっています。必要回数のワクチンを接種した人も人口の17.9%まで増えてきました。

このまま順調にワクチン接種が進みある程度の行動制限が解禁された場合、コロナ禍で人々が抱えていた消費や購買に対する潜在的需要が一気に消費行動に繋がるものと考えられます。

これは飲食業界にも言えることであり、コロナ禍で自粛を余儀なくされていた店内での飲食や大規模な会食が解禁されると外食に対する需要が一気に拡大するものと考えられるでしょう。また、前述のGo to Eatのような消費者と事業者の双方に対してメリットがある取り組みが実施されることも考えられます。

そういった状況になった時、これまで生み出すことが難しかった利益や売上を最大限発生させることが出来るように今のうちから備えておく必要があります。

PR:GMOおみせアプリのデモを体験する

 

8,000店舗/2,800社以上を成長させた最強ツールを今スグ体感!!

>>無料のデモを体験する!!<<

「GMOおみせアプリ」があれば集客・リピート促進が効率的に

集客のイメージ図

コロナ収束後、飲食店の売り上げを順調に伸ばしていくためには、新規の集客を数多く獲得していくと共に、その顧客をいかにしてリピーター化するかを考えなくてはなりません。

また、元々の常連客については、長い自粛生活で顧客ロイヤリティが低下している可能性も考える必要があるでしょう。

上記のような課題の解決につながるツールが「GMOおみせアプリ」です。ロイヤルカスタマー育成ツールとして7,500店舗以上に導入されてきた実績のあるアプリ作成サービスです。

プッシュ通知を利用したニュースやクーポン配信は勿論のこと、ポイントカードやスタンプカード・会員証の電子化からオンライン予約・決済・顧客属性に応じたセグメント配信など、販促に必要な機能がこのアプリひとつに詰まっています。

ロイヤルカスタマーの育成が可能!

ランクアップ会員証という機能を用いることで、スタンプの付与数に応じてブロンズ、シルバーゴールドなど会員ランクの設定が可能に。ランク表示による顧客モチベーションの向上につながります。

来店促進・行動履歴管理が可能!

GMOおみせアプリに搭載されている、スタンプカードの機能を利用することで、スタンプを付与した履歴データから、一年前のお盆の期間にスタンプ付与した顧客を絞ってメッセージを送るなど、来店を促すことができます。

クーポンやスタンプカード、ニュースも効果的に配信可能!

スタンプカードもアプリで管理するため、お客様が持ち忘れる心配はありません。
スタンプ発行のルールはお店側で調整できるようになっており、雨の日はスタンプ2倍付与といったことが簡単に実現できるます。

【関連記事】

店舗アプリ制作の成功事例9選!アプリでの集客や販促の参考に【GMOおみせアプリの評判】

【GMOおみせアプリ機能紹介】プッシュ通知+クーポン配信を活用した集客のヒント

アフターコロナに向けた準備を今から!

コロナが収束し、飲食店が通常オープンするイメージ

現段階では縮小気味の飲食業界ですが、アフターコロナ時代では飲食業界に対する需要が非常に大きくなり、市場でも熾烈な戦いになることは必至です。

その際、即座に自社の店舗へ顧客を呼び込み利益の最大化を図るためにも、今の期間で顧客のためと店舗のためにアプリの導入など、環境整備を進めておく必要があるでしょう。

先ほどご紹介したように、店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】新規顧客の獲得とリピーター化を行うのに大変優れたアプリであると考えています。

資料請求へのリンクも記載していますので、資料請求やお問合せも気軽にいただければと思います。

【関連記事・リンク】

売り上げアップに欠かせないリピート率って何?計算方法も紹介!

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】の資料請求

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
8,000店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

電子スタンプ

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査