店舗集客にアプリを利用する企業は増えています。

しかし、オリジナルのアイデアを形にするのは難しく、多くの企業が実用段階で苦戦しているのが現状です。この記事では、アプリのアイデアを募集するための方法を解説します。

≪この記事は下記のような方におすすめです≫

  • アプリのアイデアを募集する方法を知りたい人
  • アプリ開発の流れを知りたい人
  • 自社・自店でアプリを導入したい人

1.企業でアプリを作成する重要性

スマホが一般層に流通するようになってから、アプリは日常生活に切り離せない存在となりました。

いまや、消費者側にも企業側にもアプリを使うメリットはたくさんあります。集客や売上向上にアプリを利用することも十分可能でしょう。企業としては、アプリを通して消費者に情報を発信できます。

アプリからさまざまなイベントやキャンペーンを通達すれば、再来店を促しやすくなります。結果的に、リピーター増加へとつながるでしょう。

しかも、アプリは新聞広告などと比べても、コストが格段に安くて済みます。アプリから消費者のデータ収集を行い、効果を検証できるのも魅力です。

一方、消費者もアプリならメルマガなどよりも気軽にサービスへと登録できます。

気になる店舗や企業の情報が定期的に届けられるので、自分から探さなくてもお得なイベントなどを見つけられます。

2.アプリ開発の流れ

店舗集客で重要な役割を果たすアプリは、自社開発も不可能ではありません。

ただし、一から開発するとなると正しい手順を踏まえましょう。

まずは、「企画・提案」です。画期的なアイデアを基にしてアプリの構想を練らなくてはいけません。アプリ開発のとっかかりであり、根幹をなす作業です。

次に、「設計・デザイン」を専門業者などと考えていきます。こうしてアプリのアウトラインは定まっていきます。

デザインができたら「実装・開発」へと進みます。

デザインに沿ってアプリを開発していく工程です。

できあがったアプリは「テスト検証」によって、機能性を確かめましょう。

万が一、期待した機能に達していなかったら、再び前の工程へと戻って作業をやり直します。

テストをクリアしたところで、「納品・アプリ申請」です。

アプリの申請が認められれば、実用が可能です。最後に「リリースプロモーション」を経て、アプリを顧客に広めましょう。

【関連記事】

App Storeの登録は難しい?開発に必要な物から登録手順までを紹介

3.アプリのアイデアを募集する方法

集客をアプリで行うなら、アイデア募集が鍵を握ります。ここからは、アイデア募集の方法について説明していきます。

3-1.クラウドソーシングサイトで募集する

インターネットが浸透した時代では、クラウドソーシングサイトで在宅ワーカーやフリーランスとつながれるようになりました。

クラウドソーシングでは多くのクライアントが案件を提示しており、対応できるスキルを持ったサイト登録者を募集しています。社内に専門的なスキルを持った人材がいないとしても、外部の人材を手軽に探せる仕組みです。

クラウドソーシングサイトの登録者はさまざまです。中には、アプリ開発の経験者やアイデアマンがいる可能性もあります。

こうしたアプリの専門家とつながることができれば、優れたアイデアが生まれることもありえるでしょう。

3-2.自社の従業員から募集する

クラウドソーシングサイトを利用すると、有能な外部の人材とつながれる可能性があります。

ただ、報酬の交渉で折り合いがつくとは限りません。交渉が決裂する恐れも、予想外の報酬を請求されるケースも出てきます。

余計なコストをかけずに内部で完結させたいのであれば、アイデアを社内から募集しましょう。もちろん、普通に募集するだけではアイデアが集まってこないこともあります。

しかし、アイデアが採用されれば賞与が上がったり、報酬が払われたりするなら従業員のモチベーションアップとなるでしょう。

それに、上層部など一部の人間だけでアイデアを考えると発想が限定されてしまいます。

現場の人間が考えるからこそ、多くの人の共感を呼ぶアイデアが出てくる場合もあるのです。

ただ、社内で完結させてしまうと第三者の意見がまったく挟まれないので、社内の価値観に偏ったアイデアしか出てこないリスクもあります。

4.アプリのアイデアを募集するときの注意点

アイデア募集には危険もともないます。思ったように上手く進まず、失敗に終わったケースも少なくありません。注意点も踏まえてプロジェクトの参考にしましょう。

4-1.良いアイデアが集まらない可能性がある

シビアな問題として、「良いアイデアが出ない」可能性には注意しましょう。

クラウドソーシングや社内のコンペなどでアイデアを募っても、必ずしも優れた内容を提案してもらえる保証がありません。時間と費用をつぎ込んだにもかかわらず、状況が一向に進まないこともありえるのです。

そのようなときは、「一から作り出す」という発想を捨てましょう。現代社会では、業種を問わず多くの企業がアプリを採用しています。

サンプルにできるような良いアイデアを見つけるのは難しくありません。また、ほかの企業の人間やクリエイターから話を聞くのもアイデアを生むきっかけになりえます。

4-2.アイデアを提案してくれた人に報酬を支払う必要がある

報酬はアイデアを募集するときに無視できないポイントです。アプリのアイデアを募集すると、社内外に関係なく優れた発案者に報酬を払わなければいけません。

たとえ社内の人間であったとしても、無報酬で働かせてしまうとモチベーションを下げるきっかけとなるでしょう。ただし、報酬が発生することで企業のコストが大きくなるのも事実です。

ここで考えたいのは、アプリ開発全体の予算です。アプリ開発には大勢のスタッフが専門的な技術を捧げます。そのため、コストが莫大になることも珍しくありません。

予算全体を考えれば、アイデア発案者に支払うコストはそれほど高いとはいいきれないでしょう。それに、アプリはアイデア勝負の側面も顕著です。

優れたアイデア次第で、アプリの成否は変わります。もしもある程度の報酬を用意して良いアイデアを集められるなら、費用対効果は計り知れないといえるでしょう。

 

5.アプリ制作サービスを利用する手もある!

インターネット上や社内でアイデア募集をしても、結局良いアイデアが集まらないことも少なくありません。

そこで、効率を重視するならアプリ制作サービスと契約してみましょう。アプリ制作サービスは専門的な技術がなくても開発ができる仕組みです。

特におすすめなのが弊社が提供する店舗アプリ作成サービス「GMOおみせアプリ」で、店舗とお客をつなぐアプリを簡単に制作できます。

6.おみせアプリの魅力

GMOおみせアプリは数あるアプリ制作サービスの中でも、利用するメリットが際立っています。以下、主なメリットを紹介していきます。

6-1.データ分析が簡単にできる

店舗のアプリであれば、データ分析機能は必須です。顧客情報と顧客属性を把握することによって「特定の商品がどの客層に売れているか」といった情報を収集できるからです。

こうした情報を深く分析していくと、集客における施策に活かせます。情報を収集し分析して実行に移す繰り返しは、マーケティングの基本といえるでしょう。

そして、GMOおみせアプリなら、アプリを利用しているユーザーのデータを把握できます。

それぞれの属性をチェックしながら消費傾向を確かめられるので、データ分析の確実性が高まるでしょう。自力では複雑で難解だった作業も、アプリなら楽に実現します。

6-2.多彩な集客ツールがある

情報を収集すれば、それらの分析結果を活かして集客につなげなくてはいけません。そのとき、アプリに集客ツールが備わっていればとても便利です。

GMOおみせアプリには、リピーターを増やすためのツールが数多く実装されています。分析だけでなく、集客にも力を発揮するアプリだといえるでしょう。

主なツールとしては、「店舗情報の発信」が挙げられます。業種やアクセスなどの詳しい情報を発信し、お客に忘れられないようにできます。

そして、「ポイントカードの代替機能」により、ライバル店ではなく自店に向かわせることが可能です。さらに、顧客の「ランクアップシステム」で、店舗への思い入れを強化できます。

そのほか、さまざまな客層に向けて豊富なアイデアを実現できるでしょう。

6-3.導入実績も多数ある

アプリ制作サービスを選ぶにあたっては、導入実績にも注目したいところです。

実用性が高く、多くの店舗様に受け入れられているからこそ、GMOおみせアプリはチェーン店舗を始めとする2000社以上の企業で利用されています。

その中には、集客の実績につながっている店舗も少なくありません。業種を選ばず、自店に合った内容を調整できるのがGMOおみせアプリがメリットです。

さまざまなツールを使いこなせるので、マーケティングの可能性が広がります。

アプリのアイデアは専門業者に任せよう!

従業員のモチベーションを高めるには、アプリ開発のアイデアを従業員から募集するのもひとつの方法です。

しかし、より効率面を求めるならアプリ制作サービスを頼るのが得策でしょう。

誰もがスマホを持っている時代において、集客アプリは店舗経営に不可欠です。優れたアイデアに基づくアプリを開発して、集客につなげましょう。

アプリ導入を検討ならまずは資料請求

GMOおみせアプリは、リピーターを増やし、ロイヤルカスタマーを育成していくために役立つ機能が満載の集客アプリ作成サービスです。


集客方法に悩んでいる店舗様は、O2Oアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

40秒で簡単入力! 無料で資料請求する