インターネットの普及により消費者が情報を手に入れる先が多様化したため、店舗のオーナーもコンテンツマーケティングを考えなくてはいけない時代になりました。

「どうやったら店舗の情報をうまく発信できるだろう」と考えたときに、まずはブログTwitterなどが頭に思い浮かぶのではないでしょうか。

ソーシャルメディアを利用したマーケティングは始めるハードルも低く、集客の効果も高いことから多くの企業や個人経営のお店が採用しています。しかし、ただ安易にサイトSNSのアカウントを開設すればいいものではありません。

効果的に集客目指すには、メリットデメリットをよく理解しておく必要があります。

コンテンツマーケティングで縮める顧客との距離


まず挙げられるソーシャルメディアを利用したコンテンツマーケティングメリットは、店舗側と顧客側の距離感がぐっと縮まることです。

今では実店舗に赴く前に、インターネットでどんなところかを調べることが当たり前になっています。特にエンドユーザーと密接に関わる仕事であれば、インターネットは顧客が前もってお店の雰囲気を知ることができる有効的な手段です。

あらかじめ店舗の特徴を知っていれば顧客は安心感を得ることができますから、集客効果につながりやすいというわけです。ただし、なんでもかんでも情報を載せればいいというわけではありません。いかに効果的に顧客に情報を与えられるか、より多くの人に知ってもらうには何を発信すればいいか、戦略的にコンテンツをしっかりとプランニングして施策を練る必要があります。

店舗の業務と無関係の私的な記事ばかり載せていては個人的なブログと勘違いされかねませんし、かといって専門的な知識ばかり述べていてはとっつきにくさが出てしまいます。

自分の店舗に訪れてくれる顧客はどういった層なのか、顧客はどんな情報を求めているのか、顧客目線での情報発信を念頭に置いて何かを書いていくのかを吟味することが大切です。そんな心配りが、顧客からの愛着を得ることへつながっていきます。

【関連記事】

企業ブログの集客・販促活用とは?コンテンツマーケティングとSEO対策がポイント!

【SNS集客】SNSを活用した集客方法(上手な使い分け方編)

コンテンツマーケティングを継続する重要性


顧客
を呼べる良いページを作るだけ、と言えば簡単に聞こえますが、ソーシャルメディアを利用したコンテンツマーケティングで最も難しくデメリットとして挙げられるのは「継続する」ことです。

例えば、サイトを作り、SNSにもアカウントを開設したが載せることがなく、記事の更新に間が開いてしまった。ということが頻繁に発生したとき、そのページを見た顧客はどう反応するでしょうか。

業務に忙しくて更新する暇がないんだな、と思ってくれれば御の字ですが、実際のところは「ここは更新してないしちゃんとやってるか不安だな」と思う方が少なくありません。

コンテンツマーケティングはインターネットで行われるため、残したサイトやアカウントは自ら消さない限り残り続けます。開設しただけで、何年もほったらかしにしてしまったのでは、潜在層の顧客さえ手放してしまう可能性すらあります。そういったデメリットもあることから、店舗のオーナーや広報担当者は、継続的なコンテンツの発信が最重要となってくるわけです。

「じゃあ何を書けばいいの?そんなに毎日書くことがないよ」と思われる方もいるかもしれません。そんなときは、例えば一つの記事ごとに「親近感」と「専門性」といったように、顧客に伝えたいテーマを決めるとよいでしょう。

顧客に親近感を伝えたいのであれば、店長の人の良さや、ユーザーのコメントを紹介するなど、感情面に訴える記事を書くわけです。専門性であれば、自分の店舗が行っている業務の専門的な知識を交えた商品や技術の紹介をすれば、顧客はその店舗から受けられるサービスをよりイメージしやすくなることでしょう。

どれか一つにこだわる必要はなく、親しみやすさや専門知識などの剛柔含めた情報の発信が、顧客へのアピールにつながっていきます。

【関連記事】

コンテンツマーケティングの課題と解決法

ブログ・メルマガ・SNS集客に効く文章の書き方

検索エンジンに評価されるWebライティングの方法

コンテンツマーケティングで潜在層を発掘しよう


コンテンツマーケティング
の大きなメリットの一つは、広い範囲の多くの人へ情報を発信できるという点です。その中にはまだ顧客になっていない潜在層のユーザーも含まれます。

潜在層とは、商品やサービスに興味はあるもののまだ購入には至っていない、具体的に商品を探すまでに至っていないユーザーのことを指します。

顧客層には他に明確層・顕在層と、顧客になる可能性の高い、あるいはすでに顧客である場合の層があります。

潜在層はその中でも最も数が多く、コンテンツマーケティングによって集客を目指すなら、この層を顕在層・明確層に移行させ、顧客になってもらうことが重要になってきます。

具体的に商品の購入を検討するまでに至っていない人がインターネットを利用した際に、店舗のコンテンツを見つけてもらうにはどうしたらいいでしょうか。

顕在層・明確層であれば自ら商品や店舗名で検索してくれるため、googleなどの検索エンジンですぐ見つけることができます。しかし、まだ店舗名を知らない人には、なかなか目についてもらえません。

そこで考慮すべきなのが、コンテンツSEOです。SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン対策のことで、googleなどの検索エンジンで検索上位にページが表示されるようにする手段のことです。簡単に言えば、商品やサービスに関連したキーワードコンテンツに盛り込むことで、商品や店舗名での検索でなくても検索に引っかかるようにするという方法です。

それでは、まだ顧客になっていない潜在層に、いかに自社コンテンツを見つけてもらうか、どんなキーワードを選定すれば検索結果に表示されるでしょうか。

例えば、顧客の年齢、性別、家族構成といった人物像ペルソナを設定します。そしてその想定した顧客が、どんなキーワードで検索するかを考えてみましょう。キーワードが思いついたら、googleのキーワードプランナーを利用して、そのキーワードがどれだけ検索されたのかを調べることができます。

もし回数が多ければ、それだけ関心が高まっているということになりますので、そのキーワードをコンテンツに含めるように施策を練り、検索した際に表示されやすくなるようにしましょう。

【参考・参照】

【innova】コンテンツマーケティングとは?潜在顧客に「見つけてもらう」仕組みをつくる

【関連記事】

SEO対策とは- 初心者でも分かるSEOの基礎 -ブログでキーワードを意識する理由

WEB担当者必見!初心者でもできるSEO入門

コンテンツマーケティングで広告宣伝費を削減


雑誌や新聞の広告には一記事数万円とコストが高くつきますが、特にソーシャルメディアを利用したコンテンツコストが低く抑えられることもメリットの一つです。

今では無料ブログも充実しており、SNSの利用料もかかりません。表現にシステム上の制限はかかってしまいますが、導入のハードルはとても低く、初めてコンテンツを開設するオーナーにも取り組みやすいでしょう。

WordPressなど自社構築のオウンドメディアでは有料プラグインなどコストはかかりますが、構築の自由度が高いため、慣れてきて予算に余裕があれば、自社独自のサイトを作るという施策につながっていく可能性もあります。

看板や雑誌であれば「せっかく広告費を出したけど、お客は目にしてくれるだろうか」と、やきもきすることもあるでしょう。インターネットであれば半永久的に残るため、古い記事を読んだ顧客が関心を持って来訪してくれる、なんてことも起きるかもしれません。

一方で、すぐには成果が見えないというデメリットもあります。せっかく開設したけれど、集客効果があるのか実感できない、なんて感じることも。モチベーションに関わってくることですので、それはとても理解できます。

しかし、コンテンツマーケティング長期的な視野を持つことが大切です。上記の「継続の重要性」でも触れましたが、顧客はコンテンツの充実さに安心感を得ます。

諦めずに続けた一つ一つの積み重ねが将来の集客力につながっていきますので、顧客の傾向を観察しながら、コンテンツを充実させてみてください。

【参考・参照】

【innova】コンテンツマーケティングのプラットフォームは何を使うべき?各種システム比較

【関連記事】

【インスタグラム集客】インスタ活用のメリットや集客ツール

Twitter集客方法・集客ツール・成功事例を徹底解説

まだまだ使えるFacebook!集客効果と運用方法

無料メルマガ配信中

店舗集客に関するお役立ち情報を随時配信中!!