Webサイトは、ショップや企業を運営する人にとって、非常に重要な役割を果たしています。

Webサイトに来てくれた利用者の満足度を測る指標として直帰率がありますが、ページの直帰がなかなか改善されない、直帰しないページに改善するにはどうしたら良いかなど、いろいろと悩みを抱え試行錯誤されている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、なぜ直帰率が高くなるのかその原因を分析し、解決する方法を具体的にご紹介します。

そもそも直帰率とは?


Webサイトを運営している人は、直帰率についてご存知の方も多いと思います。

直帰率とは、利用者が訪問した時に、最初に入ったページから次のページに移らずにサイトを離れてしまう割合のことを言います。つまり、1ページだけ見てサイトを離れる数を表します。

サイトを直帰した人の数を訪問した人の数で割るので、1ページだけ閲覧して離れた人が増えるほど割合は高くなります。例えば、直帰率が80%なら、訪問した4/5がそのページだけを見て離れてしまったことになります。

【参考・参照】

【Udemyメディア】あなたのサイトは大丈夫?直帰率の基礎知識&3つの改善策とは?

直帰率が高くなる主な3つの原因と改善のポイントとは?


直帰率
が高い主な原因の1つに、コンテンツの内容が利用者のニーズとマッチしていないことが挙げられます。

例えば、無理をしないダイエット方法を検索した場合、開いたページが厳しいダイエットのページだったら、すぐにページを離れるでしょう。このように、コンテンツ見出し内容が訪問者の期待していた内容とミスマッチだと、短い滞在時間で離れてしてしまう可能性は高くなります。

解決するポイントとして、訪問者が求めている内容を閲覧したページの中に増やしていったり、詳しい内容はリンクしている他のページへ飛んでもらう方法などがあります。また、見出しと内容にズレがないかを確認することも大切です。

2つ目に多いのが、進みたいコンテンツはあるけれどページへの行き方が表示されていないなど、次に取るべき行動が分からずにページを離れてしまうケースです。

せっかく訪問者が最後まで読んでもコンテンツが整理されていなければ、利用者はあきらめてページを離れてしまう可能性が高くなります。内部リンクへの移動手段は、はっきりと目立つようにして分かりやすくすることが改善策として挙げられます。また、広告バナーの貼り過ぎなども見づらい原因になるので、見やすいようにすっきりと整理することが大切です。

3つ目に、訪問者がそのページの情報だけで満足してしまったというケースがあります。ページ内の情報量が豊富で、充分に訪問者が求める内容が得られるのであれば、読み終えた時点でユーザーは満足してページを離れてしてしまう結果になります。

このケースに当てはまる可能性が高いのは、平均滞在時間が長くてそのページだけで離れてしまう場合で、利用者にとっては満足できる良いコンテンツでも、最終的な顧客の獲得という目的が達成できなければ意味がありません。解決策は訪問者に必要な情報を分散することで、魅力ある見出しを付けて別のページに誘導するなどの方法が考えられます。

【参考・参照】

【Gyro-n】直帰率とは?! サイトのボトルネックを見つけ出し改善する方法

【関連記事】

コンテンツマーケティングの課題と解決法

グーグルアナリティクスで直帰率を確認する方法


Webサイトを運営する上で、直帰率を改善することは顧客の獲得にとって重要です。分析する方法として、グーグルアナリティクスを利用する方法があります。

まず初めに、自分のコンテンツの直帰率は高いか低いか分からない人も多いと思いますが、そもそも基準となる数値はあるのでしょうか。はっきりとした基準は明確に出せないというのが答えです。なぜなら、訪問者のサイトを訪れた目的やページの種類によってばらつきがかなり大きいからです。

例えば、値段が知りたい利用者が価格表があるページを訪問した場合、そのページだけで満足して離脱する可能性は非常に高くなります。

一方で、訪問者がトップページを開いた場合、商品や企業情報などトップページ以外に興味を持っているので、他のページを閲覧するユーザーは少なくありません。

最初のページで離れる割合が高いケースでは90%を超えたり、低いケースでは10%を切るなど大きく差が開いています。

<<グーグルアナリティクスでコンテンツ全体を確認する方法>>

  1. グーグルアナリティクスを開き、メニューから行動をクリック
  2. 次にサイトコンテンツを選択し、すべてのページへ進みます。
  3. データ一覧の右の方にページごとの割合が表示されます。

自然検索ディスプレイ広告・SNSなど、どうやってコンテンツにやってきたか流入経路を分析することが可能で、さらにどのページにやってきたかも掛け合わせで考えることができます。

ウェブページを本格的に改善するには、どのような原因がそのページにあるのかを掴む必要があります。

直帰の理由が分かれば、改善することは難しい作業ではありません。方法の一つとして、グーグルアナリティクスのランディングページを開き、訪問数・離れる割合がともに高く、滞在時間が短いページを選択します。考えられるユーザータイプを抽出し、その中でネックとなっているものがないかを探し出します。

グーグルアナリティクスで改善策を検討する


グーグルアナリティクス
を基に、1ページ目でコンテンツを離脱してしまう原因を考えてみましょう。

自分が訪問者の立場なら、前にも述べたように、前置きが長過ぎたり中がごちゃごちゃしている場合、別のコンテンツに情報を求めて移動する可能性は高くなります。また、読み込みの速度が遅いなど、システム上の問題で訪問者が離れてしまうケースもあるでしょう。

ページを離れる具体例を見ながら、改善策を考えていきましょう。アクセス数は多いけれど離脱する割合も高く、最終的な顧客の獲得に繋がらない場合です。

グーグルアナリティクスの数値から、「ページが読みにくく、コンテンツ内のリンクに移動する前に離れているのでは?」「導線が分かりにくいために目的のページに辿り着けないのでは?」などの仮説を立てます。

次に、コンテンツのページの構成を見直したり、バナーを目立つようにデザインするなど具体的な改善策を考えましょう。このように、ページを離れる割合をグーグルアナリティクスで数値として確認することで、仮説を立てて原因を想像し、改善策をそれに基づいて考えるというアプローチをとることが可能になります。これをコツコツと積み上げていくことで、魅力あるコンテンツを育てていくことができるのです。

グーグルアナリティクスでコンテンツを離れる割合を確認し、さらに問題のあるページを見つけて改善していくことで、コンテンツ内の回遊率アップを意図的に図ることができるようになります。また、訪問者にとって魅力あるページに成長させることで、最終的には顧客の獲得と売り上げの増加へ繋げていくことが可能になってきます。

本来ならWebコンテンツパフォーマンス向上のために最初にやっておかなければいけないことなのですが、数値として実際に見なければ見逃してしまいがちです。離脱する割合が低いコンテンツは、訪問者にとってもすぐに欲しい情報が得やすく分かりやすい利便性が高いものです。

離れやすい理由を知るためには、上述のように原因を突き止め、改善策を出すことがとても重要な作業になってきます。それを改善するだけで、ユーザーが他のページに移動せずにホームページから離れてしまうことを防ぐことに繋がります。

まとめ

SEOWeb広告でホームページへの流入を増やしながら、上記の改善していくだけで、ホームページの回遊率や滞在時間を長くすることができ、結果としてホームページの評判を高めることができます。

ページの直帰率がなかなか改善されない、直帰しないページに改善するにはどうしたら良いか、とお悩みの方はぜひ一度お試しください。

【参考・参照】

【定期購入カート比較ガイド】Googleアナリティクス講座:直帰率や離脱率の見方。「すべてのページ」はとても便利

おみせアプリ資料請求