世間に広く浸透し、利用者が増加傾向にあるインスタグラム

インスタグラムは機能をうまく活用することで、集客率の向上を効果的に狙うことができます。

ここでは集客を狙ううえで知っておくべき、インスタグラムの活用法のひとつである「ビジネスプロフィール」について、初心者向きにわかりやすく、ご紹介します。

まずはビジネスプロフィールとは一体どのような役割を持つのか、基本的な情報を確認していきましょう。

ビジネスプロフィールとは?

ビジネスプロフィールとは、インスタグラムが導入しているビジネス向けのツールです。

通常のアカウントのプロフィールから、ビジネスプロフィールに変更を行うことで「インスタグラムインサイト」や「Instagram広告」といった、ビジネスシーンで役立つ機能が使用できます。

ビジネスプロフィールの特徴

ビジネスプロフィールを設定するとページ上に企業に直接連絡ができるボタンや、お店の位置情報の設置が可能です。電話やメール、店舗へのアクセス情報を記載しておくことにより、ユーザーの「知りたい」や「行ってみたい」という気持ちを後押しする役割を果たしてくれます。

通常のアカウントではユーザーが企業に連絡を取ろうとしたときに、コメントを投稿するという手段のみでした。

そのため、企業が1人1人に対してコメントを返していると時間がかかるという点がウィークポイントだったのです。

しかし、このツールを導入することで連絡手段が増えたり、ユーザーが直接お店の情報を得やすくなったりというメリットを得られます。

インスタグラムインサイトの特徴

インスタグラムインサイトは、アカウントのフォロワーの性別や年齢、オンラインの時間帯などを分析できる機能が備わっています。

外部の分析ツールを使用しなくても手軽にユーザーの動向を把握でき、ビジネスの成長に役立つでしょう。

Instagram広告の特徴

Instagram広告はターゲット層を絞り込み、フィード上に画像や動画といった広告を掲載できる機能です。既存のユーザーデータを基に自動で広告を表示させられることはもちろん、自分でターゲット層を設定する場合は地域や年齢、性別などの詳細な絞り込みが行えます。

それに加えて、言語や趣味といった絞り込みも可能です。ポイントを絞って広告を宣伝することで、効率的にユーザーの獲得を目指せます。

【参照・参考】

【ソーシャルメディアラボ】事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて

美容室・飲食店必見!Instagramビジネスツール公開!

ビジネスプロフィールの設定手順

ビジネスプロフィールの設定手順まとめ

①フェイスブックページの解説
②インスタグラムのアカウントを作成
③ビジネスプロフィールに切り替え
④ビジネスプロフィールの設定画面で、メールアドレス・電話番号・住所のいずれかの登録

ビジネスプロフィールを作る際に、すでにインスタグラムのアカウントを所持している場合は、新規にインスタグラムのアカウントを作成する必要はありません。

現在使用しているアカウントにビジネスプロフィールを設定することで、継続してアカウントを使用できます。

インスタグラムのアカウントがないという場合は、まず通常のアカウントを作成した後にビジネスプロフィールに切り替えるという手順で問題ないでしょう。

それから、作成時のポイントになるのが「フェイスブックページを開設」しておくということです。

ビジネスプロフィールの設定を行うには、フェイスブックとの紐付けが必要です。

フェイスブックページを開設していない場合は、まずページの開設を済ませておきましょう。

ビジネスプロフィールの作り方の手順は、まず、アカウントフィードのページを開き「詳細設定」をクリックし、次に「ビジネスプロフィールに切り替える」をクリックします。

非公開アカウントに設定している場合は解除をしたうえで、作業を続行し「次へ」をクリックしてください。

すると、アカウントのアイコンが表示され、間違いがなければ「フェイスブックでログイン」をクリックし、続けて「OK」をクリックします。

フェイスブックのページが表示されるので、リンクするページを選択しましょう。

ビジネスプロフィールの設定画面が表示されたら、メールアドレス・電話番号・住所のいずれかの設定を行うと登録が完了します。

ビジネスプロフィールの設定がきちんとできているかの確認は、プロフィールの上部を見ると分かります。電話やメールといった連絡先が表示されていれば、無事に設定完了です。

 

ビジネスプロフィールを利用する際の注意点とは?

便利な機能が魅力のビジネスプロフィールにも、使用する際にはいくつかの注意点があります。

非公開アカウントでの利用ができなくなる

まず、ビジネスプロフィールを設定した場合、非公開アカウントでの利用ができなくなります。

設定を行う際には非公開アカウントの設定を必ず解除する必要があるので、念頭に入れておきましょう。それから、インスタグラムの投稿は設定で紐付けしたフェイスブックのページでしか、シェアができないということも覚えておきましょう。

もしも設定をしていない別のフェイスブックアカウントに投稿をシェアしたい場合は、インスタグラムのアカウントを1度ビジネスプロフィールから通常のアカウントに切り替える必要があります。

そして、シェアをした後はインスタグラムで再び通常のアカウントからビジネスプロフィールに再設定をして、シェアをしたいフェイスブックページと紐付けをするというのが一連の流れです。

インスタグラム初心者の人や操作に不慣れな人の場合、アカウントの切り替えや設定には手間がかかるため面倒だと感じてしまう場合があります。

紐付けするフェイスブックのページは安易に決めずに、熟考したうえで決定することがおすすめです。

Instagram広告は有料

さらに、Instagram広告は利用が無料ではなく費用がかかるという点にも注意してください。

広告を出稿する際には日数の指定が可能で、その日数により費用も異なります。広告にかける予算をきちんと計算してから、Instagram広告を利用することが肝心です。

ビジネスプロフィールを活用してユーザーの興味を引こう!

設定が難しそうだと考えられがちなビジネスプロフィールも、作り方の手順さえきちんと踏めばインスタグラム初心者でも簡単にアカウントの設定を行えます。

ビジネスプロフィールの機能を活用すれば、ターゲット層に適した広告をアピールできて、ユーザーの興味を引きやすくなるでしょう。

また、連絡先や所在地を記載しておくことで、ユーザーとの距離がぐんと縮まりやすくなります。

そうすることでユーザーの獲得にもつながるでしょう。

インスタグラムのビジネスプロフィールを効果的な販促ツールとして活用することで、同業者から1歩リードした集客を目指してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

【インスタグラム集客】インスタ活用のメリットや集客ツール

【必見】SNSを活用した集客方法(上手な使い分け方編)

おみせアプリ資料請求