集客は店舗や企業の経営において最も大切な要素の一つと考えられていますが、実際はどのように取り組んだらいいのかわからず、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そもそも集客とはなんなのか、集客に対する考え方を整理しながら、すぐに役立つ魅力ある方法のアイデアや便利なツールを多数ご紹介しています。

≪この記事はこんな方にオススメです≫

  • 効果のある集客方法を探している方。
  • さまざまな集客方法があり、どれを選んだらいいかわからない方。

おみせアプリ資料請求

集客とは?

集客とは、単にお客様を集めることだけを表すのではありません。

お客様を集め、リピーターになってもらい、自社のブランド価値を上げるという3つのステップの全てが必要です。だからこそ短期的な集客ではなく、長いスパンで考えていく必要があります。

すぐに購入してくれるお客様だけではなく、口コミや評判を聞いてから購入に至る見込み客をどれだけ大事にできるかにかかっていると言っても過言ではありません。

集客=お客様を集めることだけではない

集客というと、読んで字のごとく「お客様を集めること」だけだと考えてしまいがちですが、本来の意味は、お客様を集めることだけにとどまりません。

企業にとって最も大切なことは、お客様を惹きつけるということなのです。

本質的な意味においての集客とは、顧客を集め、リピーターを増やし、自社のブランディングを行うという3つの要素が揃って初めて成功といえます。

闇雲に顧客を集めるだけではなく、その先にリピーターになってもらい、自社の魅力が伝わって自然とブランドが確立されるという状態に持っていくためには、何をすべきかを考えていく必要があるでしょう。

集客方法は長いスパンで考えよう

集客を考えるとき、つい短期的な結果を求めてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、すぐに商品を購入してくれる、すぐにお店に来てくれるという人は実はそれほど多くありません。

多くの人は興味があってもすぐに購入したりお店に行ったりするのではなく、様子を見て口コミや評判を確認したりして、時間をかけて購入まで至ることがほとんどです。

現代の顧客は情報をたくさん入手できるため、用心深く、多くの情報を吟味して信用してからでないと購入に至らない傾向があります。そのため、短期的に集客するだけではなく、良い口コミや評判が広がることが顧客を増やすきっかけになる重要なポイントだと言えます。

すぐに見える成果だけを追いかけるのではなく、長いスパンで考えていく必要があります。

【関連記事】

【初心者向け】ネイルサロンのインターネット集客3つのポイント

Webで集客する方法とは?有効な施策や実際の手法を紹介

集客できれば売上げアップにつながる

当たり前のことですが、どんなジャンルの商売でも、お金を払ってくれるのがお客様ですよね。経営はお客様が鍵を握っているといっても過言ではありません。

売り上げを増やすためにはお客様を増やすことが不可欠になってきます。現在売り上げが伸びずに苦労している方や、もう一段階経営規模を拡大させたいという場合にも、集客は避けて通ることができません。

逆に言えば、本来の意味の集客がきちんとできていれば、今後安定的に売り上げの基盤ができるということにもなります。

【関連記事】

店舗集客力を高めるコツとは?客寄せの法則

売上アップには戦略が重要!売上向上の方法と施策とは?

口コミ集客の成功に欠かせない4つのポイント ~口コミで新規顧客を獲得しよう~

集客方法のアイデアが浮かばない方へ

集客の意味は理解できても、実際にどのような方法があるか、思い浮かばない方もいるのでないでしょうか。

ここでは、お客を惹きつけるためにはどのような集客方法があるのかについて考えてみましょう。

まずは、集客のターゲットは誰なのか、客層を明確にすることが必要です。そして、ターゲットに合わせたアイデアを出していきます。集客アイデアといっても特別なものではなく、今流行している事や、季節ごとの行事などをヒントに様々な方法が考えられます。

集客ターゲットの惹きつけ方を考える

ターゲットとは、自社の商品に興味を持ってくれそうな年代や性別、属性などを絞り込んでいくことです。

若者層に向けた商品なのか、年配の方向けなのかによって、ターゲットの惹きつけ方は変わってきますよね。

さらに女性向け、働く人向けなどの細かな要素を加味していくと、どのようにターゲットにアプローチしていけばいいかが見えてきます。

例えば年配の女性向けであれば、SNSを利用するよりはお得なクーポンのついたチラシの方が効果があるかもしれませんが、若者が対象であれば、おしゃれなインスタグラムで拡散される方が惹きつけられる可能性が高いでしょう。

SNSでシェアしてくれた人向けのポイントやプレゼントがあったら、クーポンのチラシより効果があるかもしれませんね。そういった形で、ターゲットに合わせた惹きつけ方を考えてみてはいかがでしょうか。

集客イベントの例

ここではターゲットを惹きつける手法の一つとして、集客イベントの例を紹介します。

イベントを実施する際には、その実施目的を明確に決めておくことが重要です。

例えば、商品の魅力を紹介するのが目的のイベントを行うことが決まったら、まずはその告知がとても重要になります。タイトルやビジュアル要素も目を引くように工夫をしましょう。

わかりやすく端的に内容を伝え、思わず行ってみたくなるような魅せ方がポイントです。

告知方法は、ターゲットとなる客層がよく使っているSNSでの拡散を行う、当日まで計画的に広告を打つ、など事前にプランを立てておきます。

またその施策の反響がどうだったかの検証も随時行っていきます。申し込みが必要なものはわかりやすく申し込み先に誘導しましょう。

イベント当日も、スムーズにお客様が気持ちよく参加してもらえるように丁寧な準備をする必要があります。

集客イベントは準備が大変ですが、成功することによって参加者が拡散してくれることでより大きな広告効果が得られると期待できます。

アイデアの参考に!オススメ集客方法18選

集客方法1 折り込みチラシ

新聞に折り込まれるチラシは、古典的な方法ですが家電量販店や衣類など、地域の家庭が日常的に使うものなどが向いています。

制作する際はデザインやキャッチフレーズなど目に留まるための工夫が必要です。

細かい点に気を配ったりすることで、より問い合わせの確立がアップするでしょう。

参考:反響が出やすいチラシを見やすく作成するための基本とコツ

集客方法2 ポスティング

お店の宣伝やリフォーム・ハウスクリーニングなど狭いエリアを対象に集客するにはチラシのポスティングが効果的です。

家族層などを狙うなら集合住宅を攻めるなど、ターゲット層に合わせたエリア選択もコツです。

参考:効果的なポスティングとは?「効果ない」原因を考えてみる

集客方法3 ダイレクトメール

郵送で配布するため、対象者に確実に届く方法です。

しかしながらダイレクトメールだとわかると開封してくれない人もいるため、期間限定のオファーなど開けてもらうための工夫は必要です。

とくに手書きのダイレクトメールなどは心に響きやすいといわれています。

集客方法4 無料セミナー

セミナーを無料で開催し、終了後に商品を紹介します。

また、セミナー終了後に名刺交換をして、後日フォローする事も可能です。

時流に乗ったセミナーなどは人気を集めやすいので、開催内容を工夫しましょう。

セミナーなんてできないよ!という方もいると思いますが、回数を重ねることで自信も出てきますし精度は上がってくるはずです。

集客方法5 展示会

展示会にブースを出して、自社の商品を見てもらい、来た人の名刺をいただき、商談成立の可能性に合わせてランク分けをして後日フォローをします。

出店するのに費用は掛かってしまいますが、直接話せるので見込み顧客の獲得確率は高いです。

集客方法6 テレアポ

対象のリストに電話をして商品の宣伝をしますが、未経験者には難しく対面ではないので、その分トークスキルなどが必要になります。

スキルを持つスタッフがいるなら自社で行うことも視野に入れるべきですが、そうでないなら外注先を探すことも検討しましょう。

集客方法7 紹介

すでに顧客になってくれている方からの紹介は、相手からの信用度が高く効果の出やすい方法です。

まずは既存顧客の知り合いで紹介していただける方がいないか聞いてみましょう。

もしいるとなればそれはビジネスチャンスです。

信頼している方からの紹介であれば、受注率はグンとアップします。

集客方法8 新聞雑誌広告

広告費用は高額になる傾向がありますが、年配の方などには効果の高い方法です。

信用度も上がります。

特に高齢の方などは購読数も多いので、そういったターゲットであれば検討すべき広集客手段です。

参考:どの広告が効果的?世の中の各広告の特徴6選

集客方法9 看板

お店などの場合には街中で目につきやすい看板はとても重要です。

パッとみてわかりやすいものにする必要があります。

手書きのウェルカムボード、電光看板、デジタルサイネージなどの種類があるので自社に適した看板を選択しましょう。

集客方法10 街頭配布

ティッシュ配布、チラシ配布、サンプル配布などがあります。

サンプル配布は受け取る人の確率が格段に上がるので、コストはかかりますが効果はあります。

コンタクトレンズの販売や、居酒屋などの飲食店でよく用いられる手段です。

集客方法11 プレスリリース

新聞社などに自社の商品発売の情報などを送り、取材してもらう方法です。

取材してもらえるかどうかは確実ではなく、記者の目に留まるプレスリリースを打つ工夫が必要ですが、実際に取材してもらえると格段に信用度と宣伝効果が上がります。

その代わりサービスや商品も取材する価値のあるものにしなくては意味がありません。

それなりに自信のあるサービスのみに用いるべきでしょう。

集客方法12 地域イベント

地域を巻き込んだイベントで自社を宣伝する方法です。

複数のお店を回るなど、相互送客を意識したイベントにすると、参加者も楽しめ、地域全体の活気にもつながります。

スタンプラリーやはしご酒などが例にあげられます。イベント当日の売り上げアップはもちろんですが、認知度を高めてリピートに繋げる取り組みが重要です。

集客方法13 ホームページ

ホームぺージを持っていることが当たり前の時代になっているので、競合に打ち勝つホームぺージにしていくことが重要です。競合との差別化ポイントわかりやすくホームページ上で紹介しましょう。

また、ホームページを作っただけでは、アクセス数も増えないため、SEOを意識し、検索エンジンで上位表示されるような工夫やSNSを利用したクロスメディア戦略などが重要になってきます。

参考:集客効果のあるホームページとは?集客を上げるための5つのポイント

集客方法14 動画

近年、スマートフォンでYouTubeやSNSの動画を手軽に閲覧できる環境が整ってきたこともあり、動画は有効なマーケティング手法になります。

人間は静止画よりも動くものに目がいきやすい習性があります。また、文字よりも伝えられる情報量が多く、記憶に残りやすい点もメリットになります。

参考:動画マーケティングは企業にどんなメリットがある?動画広告で成功するコツ

集客方法15 SNS

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターといったSNSはうまく使うと情報を広く拡散することができます。

宣伝文句だけではなく、お客様を楽しませるために内容を充実させることも重要になってきます。

SNSの活用は集客への近道なので、自分のお店や会社にあったものを選んでスタートするとよいでしょう。

参考:店舗・企業のSNS集客担当者必見!SNS活用上手な使い分け方

集客方法16 メルマガ

登録者に定期的に送るメルマガは、読んでもらうために読者に役立つ内容が毎回盛り込まれていることも重要なポイントです。

開封率を意識したタイトル付けをするなどの工夫も合わせて必要になります。

参考:メルマガとアプリのプッシュ通知 開封率アップに効果的な方法とは?

集客方法17 リスティング広告

GoogleやYahooなどに広告を掲載し、そのクリック数に応じて費用が発生します。

審査が通った後は、すぐに検索結果に表示されるため、比較的早く効果検証が行えます。

キーワードによっては高額になるので注意が必要です。

参考:【リスティング広告のコツ】クリック率を上げるタイトルとは?

集客方法18 オウンドメディア

SEO対策を駆使した自社のブログなどで継続的に高いアクセスを集められる方法です。

効果が出るまでには長期的な視点が必要です。

参考:2017年BtoBとBtoCのオウンドメディア成功事例ランキング!

本当に便利な集客ツール13選

集客ツール1 Facebookページ

お店や会社のFacebookページを作成できます。

Facebookは実名制なので炎上リスクも少ない特徴もあります。

定期的な投稿でフォロワーのタイムラインに情報を流すことができます。

参考:企業・店舗で活用できるFacebookページの作り方【2019年】

集客ツール2 Twitter

リアルタイムでのお知らせに有効で、利用者数が多いので、拡散力が高いです。

Twitterもそうですが、SNSは広告による拡散も可能なので活用の幅は非常に広いといえるでしょう。

参考:ツイッター(Twitter)集客・活用とツール・キャンペーン・成功事例[中小企業・店舗向け]

集客ツール3 Instagram

Instagramは女性や若い方に中心のSNSです。

インスタ映えという言葉も大きなブームになりました。

綺麗な写真やタグ付けで、見知らぬ人にも見てもらえる可能性が高いです。

参考:インスタグラム集客・マーケティング!美容室・飲食店・エステのツール・事例・コツ

集客ツール4 LINE@

利用率が一番高いSNSは、実は日本では圧倒的にLINEです。

企業用のLINEアカウントを作るLINE@など集客サービスは充実しています。

メルマガ代わりに使え、利用者が多いためお客様にも気軽に使ってもらえます。

参考:LINE@と店舗アプリを比較!二つのツールのメリットとデメリット

集客ツール5 フリーペーパー

地域に特化したお店や会社には効果的で、クーポンなどをつけることもできます。

無料でもらえるので利用者からするとお手軽感があるため、多くの方にリーチしやすいでしょう。

集客ツール6 LinkedIn

ビジネス特化型のSNSです。

海外ではかなり広まっているため、海外がターゲットになる場合は自社ブランディングの一環として「会社ページ」を充実させましょう。

集客ツール7 YouTube

動画サイトとしては最大規模になります。動画をアップするならまずはYouTubeチャンネルを作成するのがおすすめです。

集客ツール8 Tumblr

海外で人気のSNSで写真や音声などをアップできるため、ビジュアル面を重視する商品に向いています。

各種SNSはターゲット層に合わせて使い分けることも重要です。

集客ツール9 アメーバブログ

ブログサービスの中でもアメーバブログの影響力は大きく、数々の有名人が公式ブログを開いています。

ブログで紹介したら拡散して広がりを見せることも多々ありますし、まだまだ使えるツールといえるでしょう。

参考:アメブロで集客できない?集客効果をアップする3つの方法

集客ツール10 エキテン

インターネットの口コミ、ランキングサイトで、整体や美容室、ネイルサロンから飲食店など幅広く紹介しています。

エリアにもよりますが、無料会員でもある程度効果が出るケースが多く、地域密着のお店であれば活用をおすすめします。

集客ツール11 ランディングページ

ランディングページは、入口となったページ(一番最初にアクセスしたページ)という意味があります。

顧客が商品の購入やサービスの問い合わせをしやすいように個別でページを制作すると良いでしょう。

リスティング広告やSNS広告などと組み合わせて利用すると効果的です。

集客ツール12 Web解析ツール

Web集客の膨大なデータを分析し、次の広告戦略に生かすためのツールです。

Googleアナリティクスなどが有名なツールです。

まずは無料版からでいいので、ホームぺージ導入をしているならすぐにはじめるべきでしょう。

 

集客ツール13 紹介カード

既存のお客様に新規顧客を紹介してもらうために紹介カードを作るのも有効です。

オンラインの集客にばかり目が行きがちですが、ちょっとしたひと手間でできるオフラインの集客ツールの利用も検討しましょう。

新規集客とリピーター集客

集客とは何かという解説とともに、集客のためのアイデアや方法、便利な集客ツールを多数紹介してきましたが、参考になるものはありましたか?

新規の集客はもちろん大切ですが、せっかく来てくれたお客様を、一度限りのお客様にしてはもったいないですね。

集客ツールの中にも新規集客に適しているものと、リピーター集客に適しているものがあります。

新規のお客様を集客し、リピーター化してのお店や会社のファンになってもらい、長く付き合ってもらえることが、集客のゴールともいえるのではないでしょうか。

本記事はどちらかというと新規集客について多く紹介してきましたが、リピーター集客について興味がある場合は、「リピーター集客【完全ガイド】 5分で分かるリピーターの獲得方法」記事もあわせてご確認下さい。

まとめ

集客手法種類

顧客獲得のためには集客手法を1つに限定することなく、いくつかの手法を組み合わせて仕掛けることが重要です。まずはしっかりとした顧客のイメージを明確にしましょう。男女どちらであるか、年齢層、家族構成や職業、趣味など具体的にイメージを持つことで、顧客像に適した手法の選択と工夫ができ、集客率アップに繋がります。

集客方法としては、主に以下のものがあります。

  • ・折り込みチラシ→ファミリー層は新聞を取っている率が高く、効果的。
  • ・チラシのポスティング→新聞を取らない方の目にも触れ、新聞に紛れない。
  • ・ダイレクトメール→個人顧客に有効ですが、頻度が多すぎると受信拒否やイメージ低下に繋がる可能性があるため注意。
  • ・フェイスブックやインスタグラム→手軽に情報を投稿でき、一度の投稿で多くの人に発信可能。投稿を継続することで閲覧者が増える可能性もありますが、更新日時が古いと周りの情報に埋もれてしまうことも。

それぞれのメリットとデメリットを把握し、組み合わせて使うことで集客率を高めましょう。

集客のポイント

集客を成功させるにはまずお客様の性別や年齢などの属性、さらに何を求めているのか、あるいはどんな悩みがあるのかを知る必要があります。

集客したいターゲットを絞り込み、お客様がどのような場所にいるのかを考えます。その場所へ行きチラシを配ったり、似通った属性の方との付き合いがあれば紹介してもらうのも一つの手段です。

紹介者と紹介された人、チラシを置いてもらった場合などに何らかのメリットがあるようにすればより効果があるでしょう。

紹介以外の集客法として代表的なのは折込チラシです。新聞を購読していれば必ず配布されるものですので、目にすることはあっても対象者を絞り込んでいないため、無駄になる可能性が高くなります。

どの程度の枚数を配布したら何件反応があるのかを把握できなければ、無駄なコストだけがかかってしまいます。一方展示会では、見込み客であっても効率よく集客が可能です。ブース運営はレンタルのことが多く、手間もそれほどかかりません。

しかし案内状の送付や魅力的なブーステーマづくり、来場者へのテレアポや訪問営業は欠かせないでしょう。

【関連記事】

2019年 集客力を飛躍的にアップする5つの方法

 

おみせアプリ資料請求
おみせアプリ資料請求