「プライバシーポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)改定のお知らせ」

アプリ集客・販促のおすすめ記事

アプリを活用した店舗や企業の集客・販促に関わる情報が盛りだくさん!成功事例や最新のニュースを交えてデジラボ編集部が配信しています。

集客資料ダウンロード

アプリ集客・販促新着記事

アプリが会員証なら紛失なしでお財布スリム化!スマホアプリ活用で販売促進!

今やスマホの所有率は全体で約8割に達しています。若者に限らず多くの人が常にネットを利用できる環境がある現代では、店舗の販売促進において、SNSやホームページのみならず、アプリを利用する顧客の存在は無視できません。 例えば、スマホアプリで会員証を作れると、お財布がかさばらず、来店時に忘れて使えなかったり、失くすこともない…(続きを読む

【紙のポイントカードの電子化とタイムリーな情報配信】株式会社テイクアップさま

株式会社テイクアップさまは、「TAKE-UP」のブランドでMade in Japanにこだわったジュエリーの企画・デザイン・販売を全国34店舗で展開しています(2022年6月現在)。40年以上続くブランドで、ピアッシングした方が初めてつける「セカンドピアス」を創り出し、現在ではカラーストーンジュエリーを中心に、ネックレ…(続きを読む

プレミアム付商品券を電子化するメリット!地域経済を盛り上げ、更なる活性化を目指そ…

経済の落ち込みによる消費減少の対策として作られたプレミアム付商品券。 より多くの人に使ってもらい、さらなる地域活性化につなげるには、電子化の導入を検討する必要があります。 プレミアム付商品券の電子化は使い勝手のみならず、コロナ禍における有用性の高さや、管理業務の効率化でも注目されています。 盛り上がりを一時的なもので終…(続きを読む

OMOとは?O2O、オムニチャネルとの違いや導入のポイント・事例を解説

近年、スマートフォンやECサイトの普及に伴い、オンラインを活用したマーケティングが取り入れられるようになりました。 そのような中、オンラインとオフラインを統合してマーケティング戦略を考えるOMOが注目されています。 本記事では、OMOとは何か、またO2O・オムニチャネルとの違い、OMO導入のポイント、企業の導入事例など…(続きを読む

プッシュ通知の効果を最大化する例文・事例を紹介

プッシュ通知は、アプリの利用率を向上するために非常に有効な機能です。しかし、活用方法を誤ると、ユーザー離れを起こしてしまうリスクもあります。 本記事では、プッシュ通知の効果を最大限に引き出す方法を例文・事例つきで紹介します。 プッシュ通知の概要 プッシュ通知とは、アプリが自動でメッセージやお知らせを送信できる機能のこと…(続きを読む

店舗アプリ制作・作成サービス24選!各サービスの機能・価格・評価・口コミを徹底比…

を24社分徹底比較しました。 集客や販促に使われる店舗アプリですが、各社の店舗向けアプリには機能や価格面で違いがあります。 「見積もりを取ったら思いのほか高いので、他にいい会社ないの!?」 「一番いい店舗アプリを導入したいけど、自分で全部比較して調べるのは手間だな…」 店舗アプリの導入を比較検討でお悩みの方のために、ま…(続きを読む

ウェブビュー(Webview)とネイティブアプリの違いをジャンル別で比較!

スマートフォンアプリの主な形式であるウェブビュー(以下、Webviewと表記)とネイティブアプリ2つのアプリ形式について分かりやすく解説します。   結論として、Webviewアプリは低予算で作成可能ですが、利用できる機能に制限があります。 ネイティブアプリはさまざまな機能を利用できますが、一定の開発予算が必…(続きを読む

アパレル業界の販売促進とは?アプリ等集客施策の事例もご紹介

顧客への対面販売がメインの販売チャネルだったアパレル業界は、コロナ禍において大きな打撃を受けています。流行の移り変わりだけでなく、時代の変化に応じたビジネス転換が求められるアパレル業界の販促活動を、具体的な事例とともにご紹介します。 アパレル業界の現状 コロナ禍に関係なく、アパレル業界の全盛期といわれるバブル期から現在…(続きを読む

【美容業向け】アプリでどんなことができる?できることや利用シーンを解説

コロナ禍での外出機会の減少により、美容業態でも来店機会の減少や来店周期の長期化など影響が見られます。 そんな中、顧客接点の強化や来店周期の改善を目的として自社のアプリを活用導入、運用している企業が増えています。  興味はあるけどどういったことができるのかわからない という方向けにアプリでできることや利用シーンなどを解説…(続きを読む

複数業態をまとめたアプリと個別制作アプリの違いとは?メリットやデメリットを解説

ブランド統合アプリを利用している企業が多くなっています。 現在運用中の店舗でもこれから検討される店舗でも、事業展開によっては複数ブランド、または複数業態を運営されている企業はまとめるべきか、それぞれの業態ごとに運用するかの疑問も出てくるかと思います。 この記事では、複数業態を運用している場合、まとめる場合とそうでない場…(続きを読む