エンジニアと話をしたり、プログラム開発をしているとよく出てくるのが「API連携」という用語です。

API連携という用語自体はよく飛び交っていますが、APIのメリットや方法が実はあまりわかっていないというケースも往々にしてよくあります。

そこで今回は、API連携を考えている方向けに、API連携の定義やメリット・デメリット、実際に連携した事例をお伝えしていきます。

読み終わったときには、あまり知識がなく意味がわからないという方もAPI連携について詳しくなっていると思います!

こんな方は参考にどうぞ
  • API連携について知りたい
  • API連携のメリット・デメリットが知りたい
  • API連携の事例がみたい
  • これからAPI連携を考えている

アプリで集客・販促テクニック大全! 売上200%を達成した最強のノウハウを一挙に公開中!


APIとは

APIとは「Application Programming Interface」という言葉を省略したIT用語で、ソフトウェアがお互いに利用するインタフェースの仕様を指します。wikipediaにも以下のように記載がありました。

アプリケーションプログラミングインタフェースAPI、英: Application Programming Interface)とは、広義ではソフトウェアコンポーネント同士が互いに情報をやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。

出典:https://ja.wikipedia.org/

ただこれを見ても大体の方は何がなんだかわからないですよね。

もしこれで意味を理解できるなら、もうこの記事を読んでいただかなくてもいいぐらいのレベルです(笑)

もう少しわかりやすく解説しましょう。

APIはソフトウェアのプログラム共有を助けるもの

APIを初心者の方のもわかりやすくいうなら、ソフトウェア同士がプログラムを共有するための接点です。

さきほどの正式名称の最後にインタフェースという言葉がありますが、これは接点という意味の言葉になります。

たとえばAのプログラムを搭載したソフトウェアがあり、そこにBというソフトウェアに搭載したプログラムも一緒に使用したいという状況とします。

以前は直接共有ができないため、また1からBのプログラムの開発をしなくてはなりませんでしたが、それはAPIの登場により不要になりました。

APIの登場で、プラグラムを1から構築しなくてもデータベースを同じ状態で利用することが可能になったのです。

Web APIとは

Web APIとは、WEBの中で既に公開されていて、使いたい方が呼びだして使用することができるAPIの種類です。

APIの種類は一つだけではありませんが、その中もWeb APIが最もよくつかわれるAPIです。基本的に費用などが掛からず、かつフリーなことが多いのでよく使われるAPIです。

使用されることが多いのは、たとえばInstagramやTwitterのAPIや、Google、YahooのAPIなどがあります。

APIキーについて

APIを利用する上で大事なのがAPIキーです。

APIキーについては以下の図で説明しますが、例えばAのプログラムがBのプログラムを使いたい!というとき、それを許可するために必要となるAがB側に渡す情報のことです。

 

B側のプログラムをそのまま渡すとセキュリティ上に問題がありますし、その使用条件や使い方を説明する必要があります。

特定のAPIを利用するのに必要な情報がAPIキーです。もう少しAPIやAPIキーをわかりやすくお伝えしたいので、今回は料理に例えます。

たとえばレストランで美味しい料理を食べて、「美味しいから自分の家でも作りたい」と思ったとしましょう。

レシピがなく1からその料理を作るとしたら、すごく時間のかかる作業になるのは想像できますよね。材料や作り方を調べたりしないといけないですし、また仮にレシピがあってもまったく同じ味にはならないかもしれません。

ただデリバリーして同じお店で同じ方が作っている料理を取り寄せれば、家でもほぼ同じ味を楽しめますよね。

この話でいえば、デリバリーという共有できる仕組みがAPIで、それに必要な住所の情報やお金がAPIキーにあたります。

API連携とは

API連携とはAPIを活用したアプリケーション同士の連携のことです。

API連携を利用することで、システムやサービスのアプリケーション0から開発する必要がなく、簡単に他のサービスと連携し、サービスを拡張することができます。

APIを活用することで、アプリケーションの垣根がなくなりAPI連携を行うことが可能です。

API連携をするメリット

API連携には以下のようなメリットがあります。

システム・サービスの質の向上が可能

API連携をすることで、簡単にシステム・サービスの質が向上可能です。

1から機能の構築をする必要がなく、既存のAPIを利用することで色々なサービスの共用利用ができ、システム・サービスの質も向上することができるのがメリットといえます。

開発の効率化

システムやサービスを一から開発する必要がないため、リソースを大きく削減することが可能です。

そのため、開発に関してもよりスピードを早めることが可能です。開発に使っていたリソースをたとえばもっと必要なリソースに回したりすることができます。

それはひいてはサービスの質の向上や、より売り上げに貢献できるシステムの開発をすることができるので、API連携には大きなメリットがございます。

セキュリティ面

セキュリティ面の向上というのもAPI連携の大きなメリットです。

たとえばアプリ内、もしくはECサイトなどで購入をする際に、会員登録の機能を構築するより、多くの場合はFacebook,Twitter,Googleなどのセキュリティの方が強固です。

ユーザー目線でみても、大きな会社のセキュリティの方が信頼でき、利用率の向上につながります。

API連携のデメリット

このようなメリットのあるAPI連携ですが、デメリットはあるのかなと気になる方もいますよね。

大きなデメリットに関してはあまり言われてないですが、強いていえばAPIを提供する企業への依存があります。

たとえばなんらかの利用で企業が停止してしまった場合には、ソフトウェア開発が止まるというデメリットがあります。

API連携の事例

では、ここから具体的にAPI連携の事例をいくつかご紹介させていただきます。

SNSのAPI連携事例

SNSはAPI連携の代表格というくらい多く利用されるツールです。

LINE,Twitter,Instagram,またFacebookなどがAPIを発行しています。先ほども解説したAPI連携を活用したログイン認証、連動した商品紹介、集客など多くの目的で活用できるのです。

この中でよく利用されている事例をあげるならばInstagramのAPI連携です。

InstagramのAPIを利用することで、たとえば特定のハッシュタグを使った投稿だけをWEBに表示したり、イベント時に半径100m以内での投稿のみに絞りWEBなどに表示することでき、集客に活用した事例があります。

POSレジのAPI連携事例

POSレジもAPI連携が利用されるシステムです。

既存のPOSレジだけでは対応できない機能をAPI連携で広げることができるようになりました。外部データと連携する際にはPOSレジ側でも自動的に更新され、興味のある商品なども把握することができます。

ある顧客の事例ですが、販売・商品管理やCSR(顧客管理機能)・アプリとの連携をしている事例があります。

API活用でPOSレジ上でどの商品がどれくらい売れているのか把握ができるので商品の在庫管理を簡単にしています。

また、複数店舗での売り上げデータ管理も一元化することができるため、戦略的にデータマーケティングを行える点もメリットの一つです。

たとえばPOSとアプリをAPIで連携させることで、POSレジのより細分化された情報を活かした販促も可能になります。

ECサイトのAPI連携事例

最後にECサイトのAPI連携事例を紹介しますが、ECサイトはAPI連携の事例としてよく扱われています。

楽天やAmazon,Yahooショッピングなどの大手モールのアカウントと連携することが多いです。

単純に自社ECだと露出が少ない場合もありますが、大手モールとの連携でその弱点をカバーすることができ、売り上げアップを目指すことができます。

さらに発展した事例ですが、大手モールのAPだけではなく、基幹システムやWEB・アプリとのAPI連携を活用し、WEB・実店舗・大手モールの商品在庫・顧客の購入情報を一元管理している事例があります。

API連携により手間を極力減らしているだけではなく、たとえばWEBやアプリなどの販促ツールを使い、ECから実店舗・大手モールへの送客を行するという使い方も実践しています。

API連携のまとめ

API連携に関してここまで解説させていただきました。

API連携のことが、記事を読む前よりも少しでもご理解頂けたなら幸いです!

ちなみにもしこれからAPI連携を検討していたり、集客・販促分野でAPI連携を運用するなら弊社のGMOおみせアプリがオススメです。

ご紹介させていただいたPOSレジ・データ・SNS・ECとの連携はもちろん、ポイントシステムや会員証機能など、幅広い機能のAPI連携に対応しているツールです。

\GMOおみせアプリのAPI連携/

公式サイトでAPI連携機能を詳しくみる