集客力をアップさせたい!
安定した売上げを確保できる集客力がほしい!
「でもどうしたら・・・」とお悩みのみなさん。

店舗の経営者さまや企業さまにとって、『集客力』は最も欲しい力のひとつではないでしょうか。

けれども、『集客力』の底上げには、「企画力」「接客力」「技術力」「PR力」・・・と様々なノウハウが必要なため、膨大な労力と時間がかかります

…とはいえ、「すぐに集客アップさせる方法はないか?」と思っている方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、『集客力』の中で最短かつ飛躍的な効果を期待できる『PR力』に注目しました。

これから、最新の集客力をアップさせるPR手段を5つお伝えしたいと思います。

≪この記事は下記のような方にオススメです≫

  • 集客力に課題を感じている方。
  • お客様の数を増やしたいと思っている方。
  • 最新の広告に興味のある方。

【集客力アップの関連記事はこちらから】

店舗集客力を高めるコツとは?客寄せの法則

インスタグラムを活用した店舗再来率を上げる4つの方法

まだまだ使えるFacebook!集客効果と運用方法

Twitter集客・活用方法と集客ツール・キャンペーン成功事例紹介【中小企業・店舗向け】

 

集客力とは

集客力とは、より多くの顧客を引き寄せる力のことをいいます。

どんなに優れたサービス・商品であっても、それを求める顧客が存在しなければ、ビジネスとしては成り立ちません。集客力アップを目指すには、自社のサービス・商品の魅力をわかりやすく発信し、より多くの消費者に認識してもらう必要があります。

そこで重要となるのが、マーケティングリサーチです。ビジネスを展開するエリアの地域性や、同業他社の特徴などをしっかりリサーチしましょう。他社との違いが明確になり、地域に即した方法で効果的にアプローチすることができます。

また、新規顧客を集めることだけが、集客力アップに繋がるわけではありません。

固定客からの口コミも、新たな顧客を呼び込みます。より多くの固定客を獲得し、彼らが自然と口コミしてくれるような環境をつくることが理想です。

そのためには、こまめにフォローアップを行って、顧客と良好な関係を築くことが重要なポイントになります。

顧客にとって有益な情報を定期的に発信したり、顧客の要望をより反映させたサービス・商品へ改良したりなど、自社のファンを増やすことにも注力しましょう。

2019年最新!集客力をアップさせる方法5選

では、集客力をアップさせる具体的な方法(PR手段)についてお伝えしていきたいと思います。

集客力をアップさせる方法①
Instagramビジネスツール

2016年8月に実装された『Instagramビジネスツール機能』
ビジネスツール機能の実装によって、Instagramで簡単に以下のことができるようになりました。

  • ビジネスプロフィールにより1クリックで「電話」「メール」「地図」を立ち上げ。
  • インサイト機能により閲覧者を分析。
  • 投稿の宣伝機能で投稿の広告を簡単に配信。

中でも、『ビジネスプロフィール』による「電話」「メール」「地図」ボタンの追加は、実店舗の集客力をアップさせる方法として非常に有益です。

また、Facebookページさえ持っていれば≪無料≫でビジネスプロフィールに変更できるので、お得です。

【関連記事】

初心者向け!インスタグラムビジネスプロフィールの作り方を徹底解説

集客力をアップさせる方法②
Facebookリード獲得広告

2015年からテスト運用が開始されていた『Facebookリード獲得広告』
こちらは、Facebook内に申し込みフォームを作成できるサービスです。

お申し込みフォームまで来たけど、入力するのが面倒で申し込むのをやめた経験ってありませんか?

Facebookリード獲得広告を使えば、ユーザーが広告をクリックした際に、Facebookに登録済みの情報(名前・メールアドレスなど)が既に記載されたフォームが表示されるので、ユーザーの離脱を防止でき、より多くの申し込みを得ることが可能です

こちらは、セミナー申し込みや資料請求を獲りたい場合に効果的な集客アップ方法です。

Facebookリード獲得広告公式ページ

集客力をアップさせる方法③
スマートフォンアプリ

メルマガよりも高い開封率が人気のPUSH通知機能。
そのPUSH通知機能を搭載した『スマートフォンアプリ』も進化している集客ツールのひとつです。

現在、スマートフォンの1日の平均利用時間は2時間半と言われています。
そして、スマートフォン利用時間の86%(2時間9分)がアプリ利用時間です。(参考:アプリマーケティング研究所

このような背景から、スマートフォン利用者の割合が増えている現代において、専用のアプリを持つ企業・店舗が増えているのです。

なお、アプリには、「ダウンロードしてもらわなくてはいけない」というハードルがあります

しかし、一度ダウンロードしてもらうと、その後は「PUSH通知によるニュース配信」「スタンプ・ポイント機能」「クーポン機能」などで、顧客を育成
お店の利益をもたらす『リピーター』を増やすための集客アップツールとして活躍します。

実店舗とEC(オンラインショップ)双方での集客力アップやリピーター獲得を強化したいという方にオススメです。

【関連記事】

活用事例から学ぼう!O2Oアプリ集客方法とその効果を徹底分析!

今はもう当たり前!?店舗アプリで顧客の囲い込み

集客力をアップさせる方法④
Twitter広告

2015年11月、『Twitter広告』に「Twitterアカウント」さえあれば誰でも簡単に出稿できる、セルフサービス式の提供が開始されました

何と言っても、魅力的なのは「フォロワーターゲティング」

競合のTwitterのフォロワーに似た傾向のあるユーザーに向けて広告を出稿できるため、「こちらが想定していた顧客層に該当しないものの顧客になる可能性があるユーザー」を獲得することができます

コスト面でも、クリック単価制(クリックされた際にのみ費用が発生)等も選択できるので、自分の思う予算内で広告出稿が可能です。

Twitterは10代~20代のユーザーが多いので、若い世代への集客力アップを狙っている方にオススメの方法です

Twitter広告セルフサービス公式ページ

集客力をアップさせる方法⑤
パーソナライズ機能付きメルマガ

既にお馴染みのメルマガですが、その機能も進化を遂げています。

特にEC系のショップを運用している企業がよく利用している、『パーソナライズ機能付きのメルマガ』従来のメルマガ像とは大きく異なります

例えば、アパレル系通販サイトを閲覧した後、買わなかった商品の在庫が少なくなると、「閲覧した商品の在庫が残り1点になりました」というメールが届くという具合です。

また、今までのメルマガは一斉配信が基本でしたが、人それぞれに開封しやすい時間も異なるので、人工知能が個別に最適な時間を判断してくれるサービスなどを利用することで、開封率が上がったというケースもあるそうです。

【関連記事】

メルマガの開封率を上げる2つの方法と新手法!?

メールやプッシュ通知、SNSは配信タイミングが重要!最大の効果を得る方法は?

集客がうまくいかない理由

様々なマーケティング術を駆使しているのに、不思議と安定した成果が得られないとお困りの方々がいますが、その要因として指摘されるのが、長期的な経営戦略が練られていない点です。

短期的に見て効果的なマーケティング術を、単発で行うだけでは安定した客足の増加には結びつきません。場合によっては投資した宣伝費に比べて、効果が充分に上がらずコストパフォーマンスが悪い結果に終わります。

対策としては次回からは全体的なマーケティングの構図を先に描いてから、個別の宣伝手法を講じる事です。どのような顧客に対して、どういった目的でどのようなアプローチで宣伝を進めるか、こういったポイントを経営者は自問自答しなければいけません。

また新規顧客開拓を狙いたいのか、既存のコアの購買層に対して、更に購買力を高める仕掛けを行いたいのか、この点も企画段階でどちらにすべきか検討をしなければいけません。

複雑化した現代社会では、自社の購買層が以前と変わっている可能性もあり、大規模なマーケティング術を打つ前に改めてリサーチを行い、今現在の顧客の具体的な購買行動や属性などを再確認した方が得策です。

集客力を強化する基本的プロセス

集客力が低下している要因として考えられるのが、顧客のニーズに合わせられていないことです。この問題を解消するためには、顧客が何を求めているのかを把握することが重要になります。

顧客の求めているものに合った商品サービスを提供することで、集客力のアップが見込めます。

しかし、これだけでは集客力のアップに限界があります。そこでおすすめなのが、マーケテイングを行うことです。丁寧なマーケテイングによって、自社のアピールポイントが明確になります。

このマーケテイングで得たアピールポイントを使って、自社の広告を作り、宣伝による集客アップを狙います。宣伝が上手くいけば、大幅な集客力のアップが期待できるでしょう。

価格設定の見直しも集客力強化の基本プロセスの1つです。適正な価格設定を行うことで、今までは自社の商品に興味を示してくれなかった客層が興味を示してくれる可能性があります。

この価格設定の見直しを行った際には、すぐに情報を発信するのが重要です。素早い情報の提供を行うことで、顧客を逃がさずに済むでしょう。

【関連記事】

マーケティングとは?簡単にまとめて解説

まとめ

本記事では、できるだけ最短で集客力をアップさせる方法として、下記5件を紹介してきました。

  1. Instagramビジネスツール
  2. スマートフォンアプリ
  3. Facebookリード獲得広告
  4. Twitter広告
  5. パーソナライズ機能付きメルマガ

すべて、集客力アップという点で、魅力的なツールではありますが、大事なのは『使い方』です。

今自分が欲している集客力は、「新規顧客獲得」のことなのか、「リピート率を上げる」ことなのか、「来店周期を短くする」ことなのか、それとも他のことなのか・・・

その点をもう一度考えた上で、どのような施策が適切かを考えていきましょう。

きっと良い案が生まれてくるはずです。

【関連記事】

Webで集客する方法とは?有効な施策や実際の手法を紹介

SNSを活用した集客方法!企業・店舗の担当者必見のSNS使い分け方法